207件中 11 - 20件表示
  • ジミー・ブリアン

    ジミー・ブリアンから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    ジミー・ブリアン(Jimmy Briand, 1985年8月2日 - )は、フランス・ヴァル=ド=マルヌ県ヴィトリー・シュル・セーヌ出身のサッカー選手。リーグ・アン・オリンピック・リヨン所属。ポジションはフォワード。ジミー・ブリアン フレッシュアイペディアより)

  • レミ・ガルデ

    レミ・ガルデから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    1992年にオリンピック・リヨンの下部組織に入団。1989年に、レギュラーを掴むとリーグ・アン昇格に貢献。リーグ・アンの舞台でも順調にプレーし続け、その活躍が認められてフランス代表デビューを果たす。1992年にはUEFA欧州選手権1992のメンバーにも選ばれた。レミ・ガルデ フレッシュアイペディアより)

  • ムアマドゥ・ダボ

    ムアマドゥ・ダボから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    2009年、バイエルン・ミュンヘン・アーセナルFC・オリンピック・リヨン、またバレンシアCFを含む複数のクラブが獲得に乗り出していると報道された。2010年5月23日、契約満了を受けてスペイン・セビージャFCへの移籍が決定した。2011年8月30日、移籍金100万ユーロでオリンピック・リヨンに移籍した。ムアマドゥ・ダボ フレッシュアイペディアより)

  • ジュニーニョ・ペルナンブカーノ

    ジュニーニョ・ペルナンブカーノから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    1993年、18歳でトップチームにデビュー。1995年に強豪CRヴァスコ・ダ・ガマに引き抜かれた。ちなみに、両親からは勉強を最優先するように教育されていたため、ヴァスコ・ダ・ガマからオファーが届くまで、昼間はサッカーの練習、夜間は高校に通うという生活だった。ここでは1998年のコパ・リベルタドーレス優勝に貢献。トヨタカップでも来日した。1999年3月28日に、対韓国戦で満を持して代表デビュー。これを機に欧州クラブでの知名度も上がり、ついに2001年にリヨンが獲得にこぎつける。ジュニーニョ・ペルナンブカーノ フレッシュアイペディアより)

  • マキシム・ゴナロン

    マキシム・ゴナロンから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    マキシム・ゴナロン(Maxime Gonalons, 1989年3月10日 - )は、フランス・リヨン郊外のヴェニシュー出身のサッカー選手。オリンピック・リヨン所属。ポジションはミッドフィールダー(センターハーフ)、DF(センターバック)。マキシム・ゴナロン フレッシュアイペディアより)

  • ミラン・ビシェヴァツ

    ミラン・ビシェヴァツから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    ミラン・ビシェヴァツ(, , 1983年8月31日 - )は、ユーゴスラビア(現・セルビア)出身のフランス、リーグ・アン、オリンピック・リヨンに所属するサッカー選手。ポジションはDF。ミラン・ビシェヴァツ フレッシュアイペディアより)

  • レイモン・ドメネク

    レイモン・ドメネクから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    選手としてリヨンなどでプレー、FCミュルーズで選手兼監督として指導者としての道を歩み始めた。かつてプレーしていたリヨンで監督を務めた後、1993年にフランス代表ユースチームの監督に就任。以降10年以上にわたって同職を務め、多くの選手を育成、指導した。この時期の若手指導の手腕については、現在でも一定の評価を受けている。アトランタオリンピックのフランス代表監督も務めた。レイモン・ドメネク フレッシュアイペディアより)

  • アントニー・レヴェイエール

    アントニー・レヴェイエールから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    アントニー・レヴェイエール(Anthony Reveillere, 1979年11月10日 - )は、フランス・ペイ・ド・ラ・ロワール地域圏メーヌ=エ=ロワール県ドゥエ=ラ=フォンテーヌ出身の同国代表でリーグ・アン、オリンピック・リヨン所属のサッカー選手。ポジションはディフェンダー。アントニー・レヴェイエール フレッシュアイペディアより)

  • エジミウソン・ジョゼ・ゴメス・ジ・モラエス

    エジミウソン・ジョゼ・ゴメス・ジ・モラエスから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    守備の要としてリヨンのリーグ・アン3連覇の原動力となった。2001年のコンフェデ杯では代表キャプテンも務め、2002年の日韓W杯では3バックの中央を務め優勝に貢献した。コスタリカ戦では、見事なオーバーヘッドシュートを決めている。その後リーガ・エスパニョーラのFCバルセロナに移籍金1000万ユーロ(約13億1000万円)で移籍し、ケガに苦しみながらもボランチもしくはセンターバックのポジションをラファエル・マルケス、オレゲール・プレサスらと争った。2005-06シーズンはボランチのレギュラーに定着し、クラブの2冠へ大きく貢献した。2006年のドイツW杯のブラジル代表メンバーにも選出されたが、大会直前の怪我のために出場を断念した。2008年5月、ビジャレアルCFに移籍金なしで移籍した。2009年1月、ブラジルのパルメイラスへの移籍が発表された。2010年1月31日、レアル・サラゴサとシーズン終了後までの契約を結んだ。2010-11シーズンもサラゴサでプレーし、2011年夏に母国のセアラーSCに移籍した。エジミウソン・ジョゼ・ゴメス・ジ・モラエス フレッシュアイペディアより)

  • パプ・マリック・ディアカテ

    パプ・マリック・ディアカテから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    2007年7月18日、ウクライナ・プレミアリーグのFCディナモ・キエフと契約したことが発表された。8月1日のFCチョルノモレツ・オデッサ戦でデビューした。トップチームでの地位をすぐに確立し、9月1日のFCハルキウ戦で頚骨を骨折したが、復帰後にはしばしばキャプテンも務めた。2009年12月16日にはFCディナモ・キエフを離れ、ASサンテティエンヌに半年間の契約でレンタル移籍した。2010年夏にはオリンピック・リヨンに1年間の契約でレンタル移籍し、比較的多くの試合に出場した。パプ・マリック・ディアカテ フレッシュアイペディアより)

207件中 11 - 20件表示

「オリンピック・リヨン」のニューストピックワード