288件中 21 - 30件表示
  • ジュニーニョ・ペルナンブカーノ

    ジュニーニョ・ペルナンブカーノから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    2001年、リヨンへ移籍。迎えた2001-02シーズン、クラブ史上初のリーグ優勝を達成すると、その後も国内最強チームの座を守り続け、リーグ・アン7連覇の偉業を成し遂げた。UEFAチャンピオンズリーグにおいても、2003-04シーズンから6年連続で決勝トーナメントに進出。リヨン在籍時は得意のフリーキックだけで40得点以上を記録し、2006年リーグ・アン年間最優秀選手賞をはじめとする多数の個人タイトルを獲得するなど、クラブの黄金期を中盤の要として支えた。クラウディオ・カサッパの移籍後は主将を務め、チームの精神的支柱の役割も果たした。ジュニーニョ・ペルナンブカーノ フレッシュアイペディアより)

  • ラファエル・ペレイラ・ダ・シウバ

    ラファエル・ペレイラ・ダ・シウバから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    ラファエウ・ペレイラ・ダ・シウヴァ(Rafael Pereira da Silva、1990年7月9日 - )は、ブラジル・リオデジャネイロ州出身のサッカー選手。リーグ・アン・オリンピック・リヨン所属。ポジションはディフェンダー。ラファエル・ペレイラ・ダ・シウバ フレッシュアイペディアより)

  • マプ・ヤンガ=ムビワ

    マプ・ヤンガ=ムビワから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    マプ・ヤンガ=ムビワ(Mapou Yanga-Mbiwa, 1989年5月15日 - )は、中央アフリカ共和国・バンギ出身のサッカー選手。オリンピック・リヨン所属。ポジションはDF。元フランス代表。マプ・ヤンガ=ムビワ フレッシュアイペディアより)

  • クレールフォンテーヌ国立研究所

    クレールフォンテーヌ国立研究所から見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    2018年3月26日時点のフランスの育成区分は、13歳までを「サッカースクール」、13歳から15歳までの前育成年代を「プレフォルマシオン」、16歳以上の育成年代を「フォルマシオン」とカテゴリー分けしている。また、毎年、フランスサッカー連盟(以下仏連盟)は、プロ入りや年代別代表入りした人数、予算、指導者ライセンス、施設のレベルなどを点数で評価し、各サッカー選手の育成所ランキングを発表している。2016年時点では、4年連続で1位リヨン、2位PSG、3位トゥールーズ、4位ボルドー、5位モナコとなっている。クレールフォンテーヌ国立研究所 フレッシュアイペディアより)

  • リュカ・トゥサール

    リュカ・トゥサールから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    リュカ・トゥサール(Lucas Tousart、1997年4月29日 - )は、フランス・アラス出身のサッカー選手。オリンピック・リヨン所属。ポジションはミッドフィールダー。リュカ・トゥサール フレッシュアイペディアより)

  • エリック・アビダル

    エリック・アビダルから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    2010-11シーズン終了時点では、クラブでの得点はオリンピック・リヨン在籍時にクープ・ドゥ・フランスで記録した1点と、FCバルセロナ在籍時にコパ・デル・レイで記録した1点の2点のみだったが、2011-12シーズンのコパ・デル・レイ、レアル・マドリードとの準々決勝1stレグでバルセロナ在籍2点目(自身クラブ通算3得点目)を記録した。50試合以上出場しているフランス代表では無得点で、ブルガリア戦とイラン戦でPKを蹴る機会があったがいずれも外している。2006 FIFAワールドカップ・決勝のイタリア戦でPKを決めているが、これはPK戦中に記録したものであり、公式の得点とは認められていない。エリック・アビダル フレッシュアイペディアより)

  • アントニー・マルシャル

    アントニー・マルシャルから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    2013年にオリンピック・リヨンからASモナコに600万ユーロの移籍金で加入し、2015年に10代の選手としては史上最高額となる移籍金3,600万ポンドで移籍が決定した。U-16からU-21のユースレベルの代表を経験し、2015年にA代表に初めて招集された。アントニー・マルシャル フレッシュアイペディアより)

  • ミシェル・プラティニ

    ミシェル・プラティニから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    1973年5月3日の1972-73シーズンのディヴィジョン・アン、ニーム・オリンピック戦でトップチームデビューを果たし(試合は3-1でナンシーの勝利)、5月12日のオリンピック・リヨン戦で初得点を記録した。同シーズンには6位という成績を残したASナンシーだが、クラブは1部と2部の間を行き来する弱小チームであり、翌1973-74シーズンにはリーグ戦17位となり2部リーグへ降格した。この時期にプラティニは代名詞となるFKを極め、1974-75シーズンに自身17得点をあげる活躍をみせ、1部昇格に貢献。1年で2部から昇格して迎えた1975-76シーズンには、自身が20得点を挙げてクラブを7位にまで押し上げた。1977-78シーズンにはクープ・ドゥ・フランスで決勝に進出。OGCニースとの決勝戦では唯一となる得点を決め優勝に導き、ヴァレリー・ジスカール・デスタン大統領(当時)から優勝カップを受領した。ミシェル・プラティニ フレッシュアイペディアより)

  • ASローマ

    ASローマから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    2016-17シーズンはミラレム・ピャニッチがライバルであるユベントスに移籍し他にもアントニオ・サナブリアやリャイッチ、ファルケらも売却した。一方でエル・シャーラウィ、リュディガー、サラーを完全移籍で獲得し、トーマス・フェルマーレン、フアン、ブルーノ・ペレス、フェデリコ・ファシオらも獲得し、冬にもクレマン・グルニエを獲得。チャンピオンズリーグではプレーオフでFCポルトに敗れ、ヨーロッパリーグではオリンピック・リヨンに敗れた。ASローマ フレッシュアイペディアより)

  • メンフィス・デパイ

    メンフィス・デパイから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    メンフィス・デパイ(Memphis Depay, 1994年2月13日 - )は、オランダ出身のサッカー選手。ポジションはフォワード (ウイング) であり、オリンピック・リヨンに所属し、オランダ代表にも選出されている。シンプルにファーストネームのメンフィスと呼ばれることも多い。メンフィス・デパイ フレッシュアイペディアより)

288件中 21 - 30件表示

「オリンピック・リヨン」のニューストピックワード