207件中 21 - 30件表示
  • デヤン・ロヴレン

    デヤン・ロヴレンから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    デヤン・ロヴレン(Dejan Lovren, 1989年7月5日 - )は、クロアチア出身のサッカー選手。リーグ・アン・オリンピック・リヨン所属。クロアチア代表である。ポジションはDF。デヤン・ロヴレン フレッシュアイペディアより)

  • バカリ・コネ (ブルキナファソ出身の選手)

    バカリ・コネ (ブルキナファソ出身の選手)から見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    バカリ・コネ(Bakary Koné, 1988年4月27日 - )は、ブルキナファソ・ワガドゥグー出身のサッカー選手。ポジションはDF。オリンピック・リヨン所属。バカリ・コネ (ブルキナファソ出身の選手) フレッシュアイペディアより)

  • パリ・サンジェルマンFC

    パリ・サンジェルマンFCから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    2000年代前半に獲得したタイトルはわずかひとつ(2003-04シーズンのクープ・ドゥ・フランス)。2004-05シーズンと2005-06シーズンはリーグ戦で9位に転落し、2006年、Canal+は2600万ユーロ(約27億3000万円)の安価でコロニー・キャピタル(不動産投資会社)、バトラー・キャピタル・パートナーズ(個人投資会社)、モルガン・スタンレー(投資銀行)に株式を売却したが、Canal+撤退後には深刻な財政難に陥った。なお、同年にはエミレーツ航空がメインスポンサーとなり、2008年にはスポンサー契約を2014年まで更新している。2006-07シーズンは残留争いに加わって15位に終わり、いずれのカップ戦でも決勝に進めなかった。2007-08シーズンも16位に終わったが、カップ戦では健闘した。クープ・ドゥ・ラ・リーグを制し、クープ・ドゥ・フランスでは決勝に進出したが、リーグ王者のオリンピック・リヨンに敗れて準優勝に終わった。2008-09シーズンは優勝争いに絡んだが、欧州カップ戦出場権を逃す6位に終わった。コロニー・キャピタルがモルガン・スタンレーから95%の株式を購入して筆頭株主となった。2009-10シーズンにはクープ・ドゥ・フランスで8回目の優勝を飾ったが、このシーズンには女子チームも同大会で優勝した。同一クラブの男女チームがクープ・ドゥ・フランスを独占するのはフランス史上初だった。パリ・サンジェルマンFC フレッシュアイペディアより)

  • マルク=ヴィヴィアン・フォエ

    マルク=ヴィヴィアン・フォエから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    2000年、フォエはオリンピック・リヨンに移籍し、フランスへ復帰。この年マラリアに感染するも回復し、フランスリーグカップを制した。翌シーズンには再びリーグ優勝を果たしている。その後マンチェスター・シティにレンタル移籍し、再びイングランドでプレー。2003年に移転する前のホームスタジアムであったメイン・ロード・スタジアムでの最後のゴールを決めるなど活躍した。マルク=ヴィヴィアン・フォエ フレッシュアイペディアより)

  • ソニー・アンデルソン

    ソニー・アンデルソンから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    1999年夏、フランスで急成長を遂げていたオリンピック・リヨンに移籍した。移籍金は1800万ユーロ。1999-2000シーズンには23得点を挙げていきなり得点王のタイトルを獲得し、2001-02シーズンにも22得点で2シーズン連続の得点王に輝いた。同シーズンにはクラブ初のリーグ優勝を果たし、2002-03シーズンには2連覇を達成した。2003年夏にクラブを離れたが、オリンピック・リヨンはその後も優勝を重ね、2007-08シーズンまで7連覇を成し遂げている。33歳だった2003年、スペインのビジャレアルCFに移籍した。途中出場してわずか2分後に決勝点を決めたレアル・マドリード戦(1-0) 、89分に決勝点を決めたFCバルセロナ戦(2-1)、バレンシアCF戦(1-0)など、強豪相手に重要な得点をいくつも決め、UEFAカップではチームを準決勝に導いた。2004年8月にはビジャレアルCFのUEFAインタートトカップ優勝に貢献し、その後カタールのアル・ラーヤンSCに移籍した。2004-05シーズンにはカタール・スターズリーグの得点王となり、3ヶ国で得点王のタイトルを獲得した。アル・ガラファに在籍した後、2006年に現役引退した。ソニー・アンデルソン フレッシュアイペディアより)

  • ミシェル・プラティニ

    ミシェル・プラティニから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    1973年5月3日の1972-73シーズンのディヴィジョン・アン、ニーム・オリンピック戦でトップチームデビューを果たし(試合は3-1でナンシーの勝利)、5月12日のオリンピック・リヨン戦で初得点を記録した。同シーズンには6位という成績を残したASナンシーだが、クラブは1部と2部の間を行き来する弱小チームであり、翌1973-74シーズンにはリーグ戦17位となり2部へ降格した。この時期にプラティニは代名詞となるFKを極め、1974-75シーズンに自身17得点をあげる活躍をみせ、1部昇格に貢献。1年で2部から昇格して迎えた1975-76シーズンには、20得点を挙げてクラブを7位にまで押し上げた。1977-78シーズンにはクープ・ドゥ・フランスで決勝に進出。OGCニースとの決勝戦では唯一となる得点を決め優勝に導き、ヴァレリー・ジスカール・デスタン大統領(当時)から優勝カップを受領した。ミシェル・プラティニ フレッシュアイペディアより)

  • LOSCリール・メトロポール

    LOSCリール・メトロポールから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    (ミシェル・)セイドゥ会長にはジェローム(・セイドゥ)という兄弟がおり、ジェロームはオリンピック・リヨンの株主である。リールからリヨンに移籍する選手は数多く、2000年代後半だけでもエリック・アビダル(2004年)、マチュー・ボドメ(2007年)、カデル・ケイタ(2007年)、ジャン・マクーン(2008年)、ミチェル・バストス(2009年)などがいる。2007年から2009年にかけては、バストス、マクーン、ケヴィン・ミララスなど、何人かの中心選手を他クラブに売却した。2008年6月にはピュエル監督が退任してリヨン指揮官に転任し、リュディ・ガルシア監督が就任。ミシェル・セイドゥ会長はジェルヴィーニョ、フローラン・バルモン、リオ・アントニオ・マヴュバ、ピエール=アラン・フローなどの名選手を獲得し、「リールは売り手クラブである」という認識の払拭に努めた。ガルシア監督は若手のアディル・ラミをレギュラーに抜擢し、ベルギー人のエデン・アザールを下部組織からトップチームに昇格させた。移籍市場での動きやクラブ方針の転換は直ちに実を結び、2008-09シーズンは5位でUEFAヨーロッパリーグ出場権を獲得。ガルシア監督のリールは攻撃的なスタイルで強い印象を与え、2009-10シーズンはリーグ最多の72得点を挙げて4位に躍進した。2010-11シーズンには、1954年以来57年ぶり3度目のリーグ制覇を果たした。ストライカーのムサ・ソウが25得点を挙げてリーグ得点王に輝き、17得点15アシストのアザールがリーグ最優秀選手に選出された。チームは2シーズン連続でリーグ最多の68得点を挙げると、クープ・ドゥ・フランスでも優勝し、リーグとカップの2冠を達成した。LOSCリール・メトロポール フレッシュアイペディアより)

  • リサンドロ・ロペス

    リサンドロ・ロペスから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    リサンドロ・ロペス(Lisandro López, 1983年3月2日 - )は、アルゼンチン・ブエノスアイレス出身のサッカー選手。リーグ・アンのオリンピック・リヨン所属。ポジションはフォワード。リサンドロ・ロペス フレッシュアイペディアより)

  • ACFフィオレンティーナ

    ACFフィオレンティーナから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    2008-09シーズンはUEFAチャンピオンズリーグに出場するにあたり、大型補強を敢行する。アルベルト・ジラルディーノ、ステヴァン・ヨヴェティッチ、フアン・マヌエル・バルガス、フェリペ・メロなどの高額移籍金選手に投資した。かつての恩師の下で復活を果たしたジラルディーノや、ブラジル代表に初選出される程の存在感を示したフェリペ・メロら新戦力の活躍もあり、チャンピオンズリーグとの二足の草鞋にも耐え2年連続でリーグ戦を4位で終える。一方で大型補強の煽りを受け出場機会を減らした若手選手が不満を訴え、クラブはパッツィーニやパブロ・ダニエル・オスヴァルドらの有望若手選手数人を手放すことになる。9シーズンぶりに参加したチャンピオンズリーグでは予備予選を勝ち抜き本大会に出場するが、バイエルン・ミュンヘン、オリンピック・リヨンらに退けられ、グループリーグで敗退した。ACFフィオレンティーナ フレッシュアイペディアより)

  • オリンピック・マルセイユ

    オリンピック・マルセイユから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    1899年に設立。リーグ・アンにおいてサンテティエンヌの10回に次ぐ優勝9回を誇る名門。ル・クラスィク(またはフランスダービー)と呼ばれるパリ・サンジェルマンとの一戦は大変な盛り上がりをみせ、フランス中の注目を集める。オリンピック・リヨンとの対戦はショック・ドゥ・オランピック(オリンピック・ダービー)と呼ばれる。オリンピック・マルセイユ フレッシュアイペディアより)

207件中 21 - 30件表示

「オリンピック・リヨン」のニューストピックワード