288件中 41 - 50件表示
  • スティーヴ・サヴィダン

    スティーヴ・サヴィダンから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    ユーロ後の2008-09シーズン、サヴィダンはオリンピック・リヨンのオラス会長が獲得を熱望していたのにもかかわらずSMカーンに移籍。これについてはインタビューで「チームが自分を戦力とみなさず話し合いをしなかった」と述べている。サヴィダンにはFCジロンダン・ボルドーやオリンピック・マルセイユも興味を示していたが監督のフランク・デュマスと気が合ったためカーンを選んだらしい。新天地でもゴールラッシュを挙げている一方、サヴィダンを放出したヴァランシエンヌFCは残留争いをしており、彼の能力の高さが伺える。スティーヴ・サヴィダン フレッシュアイペディアより)

  • エリック・アサドゥリアン

    エリック・アサドゥリアンから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    1990年7月、かつて師事したサンティニ監督率いるLOSCリール・メトロポールと契約する。リールに在籍した5シーズンにおいて、6人の監督の指導、また、攻撃陣を様々な選手が入れ替わり立ち代りで起用されていたが、自身は一貫してレギュラーでプレーし、178試合27得点を記録する等、全盛期を迎えており、その活躍がオリンピック・リヨンのジャン=ミシェル・オラス会長の目に留まり、1995年6月に3年契約で引きぬかれた。しかし、UEFAカップ1995-96のSSラツィオ戦で1得点1アシスト、クープ・ドゥ・ラ・リーグで決勝進出に貢献したものの、全体的なパフォーマンスを理由に僅か1シーズンで退団することになる。1996-97シーズンは、過去に在籍したギャンガンでのスタートとなり、UEFAインタートトカップ 1996を制しているが、負傷の影響もあってリーグ戦では9試合と振るわず、しばしばリザーブチームで起用されており、クープ・ドゥ・フランス決勝は未出場に終わった。エリック・アサドゥリアン フレッシュアイペディアより)

  • アラン・ハットン

    アラン・ハットンから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    大怪我から復帰した2005-06シーズンは、右サイドバックの定位置をフェルナンド・リックセンと競合しながらも公式戦23試合に出場。リックセン退団後は右サイドバックの1番手としての地位を確立しており、そのプレーが評価され、2007年夏には新たに契約を5年締結。UEFAチャンピオンズリーグ 2007-08のVfBシュトゥットガルト戦やオリンピック・リヨン戦での勝利に貢献するパフォーマンスは、強豪マンチェスター・ユナイテッドFCを率いるアレックス・ファーガソン監督から称賛された。アラン・ハットン フレッシュアイペディアより)

  • ママドゥ・サマサ

    ママドゥ・サマサから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    2006-07シーズン開幕戦のOGCニース戦 (1-0) でデビューを果たし、第3節のヴァランシエンヌFC戦で初得点となる同点弾を決めた。この試合は、最終的に若手のイスマエル・バングラが決勝点を挙げ3-2で勝利した。その後、FCソショー戦, CSスダン・アルデンヌ戦でそれぞれ1得点を挙げ、合計3得点を記録。また、得点した試合では全試合勝利した。弱冠20歳ながら28試合(スタメン20試合)と主力の1人としてプレーしたことから、シーズン終了後にリーグ・アンを6連覇している王者オリンピック・リヨンから関心を寄せられた。ママドゥ・サマサ フレッシュアイペディアより)

  • UEFAインタートトカップ 1997

    UEFAインタートトカップ 1997から見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    UEFAインタートトカップ 1997は、リヨン、バスティア、オセールが優勝し、UEFAカップ1997-98に進んだ。UEFAインタートトカップ 1997 フレッシュアイペディアより)

  • シディ・ケイタ

    シディ・ケイタから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    ケイタは18歳でフランスへ移住し、RCストラスブールと契約。ストラスブールでの1年目はリザーブチームで過ごしていたが、次のシーズンはリーグ・アンを戦うトップチームでプレーし、2004年10月16日のアウェー・ACアジャクシオ戦(2-2)でデビューながら90分フル出場した。それから2週間後の第3節・自身2試合目となるオリンピック・リヨン戦で相手主将のクラウディオ・カサッパに対し危険なタックルを仕掛けたことで36分に退場処分となった。カサッパは十字靭帯断裂と診断され、ケイタは2ヶ月の出場停止を言い渡された。その後、同シーズンのリーグカップ決勝・SMカーン戦に先発フル出場し、タイトル獲得に貢献した。シディ・ケイタ フレッシュアイペディアより)

  • リーグ・アン2006-2007

    リーグ・アン2006-2007から見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    オリンピック・リヨン」が6連覇を果たし、ビッグファイブと呼ばれる欧州サッカーリーグの中で初めて6連覇を達成した。リーグ・アン2006-2007 フレッシュアイペディアより)

  • リーグ・アン2007-2008

    リーグ・アン2007-2008から見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    リヨン」が、リーグ・アン7連覇という偉大な新記録を打ち立てて、7度目の優勝を果たした。リーグ・アン2007-2008 フレッシュアイペディアより)

  • リーグ・アン2005-2006

    リーグ・アン2005-2006から見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    リヨン」が、リーグ・アン5連覇を達成して5度目の優勝を果たした。リーグ・アンで5連覇したのは、八百長事件で1992-93シーズンの優勝を取り消されたマルセイユを除けば初となる。リーグ・アン2005-2006 フレッシュアイペディアより)

  • リーグ・アン2004-2005

    リーグ・アン2004-2005から見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    リヨン」が、リーグ・アン4連覇を達成して4度目の優勝を果たした。リーグ・アン4連覇の記録は、ほかに 「サンテティエンヌ(1966-67?1969-70シーズン)」 と 「マルセイユ(1988-89?1991-92シーズン)」 の例があるのみである。リーグ・アン2004-2005 フレッシュアイペディアより)

288件中 41 - 50件表示

「オリンピック・リヨン」のニューストピックワード