207件中 41 - 50件表示
  • アルベルト・サパテル

    アルベルト・サパテルから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    2004年のスーペル・コパでデビューすると、瞬く間にレギュラーの座を勝ち取り、20代前半にしてレアル・サラゴサの中盤に欠かせない選手になった。2006年5月にはフランスのオリンピック・リヨンから具体的なオファーが届いたものの、サラゴサとの契約を延長した。2007-08シーズンは自己最多タイの36試合に出場し、後半戦にはキャプテンを務めたが、監督がめまぐるしく代わったチームは18位でセグンダ・ディビシオン(2部)に降格した。2008-09シーズンは開幕時からキャプテンとしてチーム最多の39試合に出場し、2位でのプリメーラ・ディビシオン(1部)復帰に大きく貢献した。後半戦のレアル・ムルシア戦とエルクレスCF戦では2試合連続ゴールを決めた。アルベルト・サパテル フレッシュアイペディアより)

  • ダミアン・プレッシ

    ダミアン・プレッシから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    オリンピック・リヨンの下部組織でカリム・ベンゼマやハテム・ベン・アルファと共に育った。2007年、イングランドのリヴァプールFCに移籍した。ダミアン・プレッシ フレッシュアイペディアより)

  • アンチフットボール

    アンチフットボールから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    2007年、イギリスのデイリー・テレグラフは、かつてジョゼ・モウリーニョ監督に率いられたチェルシーFCのプレースタイルを表現する際にこのフレーズを使った。ガーディアン・アンリミテッドのスポーツブログでもファビオ・カペッロ監督の下でのレアル・マドリードのプレースタイルをこう呼んだ。2007年10月23日、FCバルセロナのリオネル・メッシはUEFAチャンピオンズリーグで対戦した(アイブロックス・スタジアムでの試合は0-0の引き分けに終わった)レンジャーズFCのプレースタイルをアンチフットボールであると言及した。レンジャーズFCはFCバルセロナ戦の数週間前に行われたオリンピック・リヨン戦で3-0の勝利を収めていたが、この際のアラン・ペラン監督のチームもアンチフットボールであると非難されていた。アンチフットボール フレッシュアイペディアより)

  • UEFAインタートトカップ 1997

    UEFAインタートトカップ 1997から見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    UEFAインタートトカップ 1997は、リヨン、バスティア、オセールが優勝し、UEFAカップ1997-98に進んだ。UEFAインタートトカップ 1997 フレッシュアイペディアより)

  • USクヴィイー

    USクヴィイーから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    そして2012年にもベスト32でアンジェ、準々決勝でマルセイユ、準決勝でレンヌなどの上位クラブを次々と打ち破る快進撃を見せ、85年ぶりにファイナリストとしてサン=ドニの舞台に立ったものの、1968年の準々決勝対戦時には1-0で破った因縁の相手であるリヨンの前に今度は逆に0-1で敗れ悲願のフランスカップ制覇はまたもならなかった。USクヴィイー フレッシュアイペディアより)

  • ジュニーニョ

    ジュニーニョから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    ジュニーニョ・ペルナンブカーノ-CRヴァスコ・ダ・ガマ、オリンピック・リヨンに所属したサッカー選手。ジュニーニョ フレッシュアイペディアより)

  • POPULOUS (設計事務所)

    POPULOUS (設計事務所)から見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    スタッド・リュミエール(OLランド), リヨン, フランス - オリンピック・リヨンPOPULOUS (設計事務所) フレッシュアイペディアより)

  • ジャン・ジョルカエフ

    ジャン・ジョルカエフから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    ジョルカエフはフランス南東部のイゼール県シャルヴュー=シャヴァニューで生まれたが、民族的にはカルムイク系の出身である。1958年にオリンピック・リヨンで選手経歴を開始し、同年12月28日のリモージュFC戦でリーグデビューを飾った。当初はFWとしてプレーをしていたが、後にDFへコンバートされ、センターバックとして顕著な活躍をみせた。リヨンでは16シーズンを過ごし、1964年のクープ・ドゥ・フランス優勝に貢献するなど500試合以上に出場した。ジャン・ジョルカエフ フレッシュアイペディアより)

  • パトリス・ロコ

    パトリス・ロコから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    1998年にパリ・サンジェルマン退団後は、FCロリアンを経てモンペリエHSCへ移籍。モンペリエHSCでは、再びウエデク、ペドロスとチームメートとなり、ナントでのコンビの再現が期待された。しかし、いずれの選手もピークを過ぎており、大きな活躍は披露できなかった。その後オリンピック・リヨン、トロワACなどでプレーし、2004年にACアジャクシオで引退した。パトリス・ロコ フレッシュアイペディアより)

  • フレデリック・ビュロ

    フレデリック・ビュロから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    フランス人の父とガボンの母の両親を持つ。1996年からトゥールFCのユースチームでキャリアをスタートさせ、2005年からASモナコのユースチームに所属した。2010年にトップチームに昇格し、2010年8月7日、オリンピック・リヨン戦でデビューを果たした。2011年7月、SMカーンに3年契約で移籍した。フレデリック・ビュロ フレッシュアイペディアより)

207件中 41 - 50件表示

「オリンピック・リヨン」のニューストピックワード