207件中 61 - 70件表示
  • マリオ・コルナ

    マリオ・コルナから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    ポルトガル領東アフリカ(現モザンビーク)出身のコルナは、地元のデスポルティーヴォ・ロレンソ・マルケスでのプレーを認められ、1954-55シーズンにポルトガルのベンフィカに加入した。ベンフィカには1969-70シーズンまで在籍し、リーグ優勝10回、カップ優勝6回に貢献する。ヨーロピアンカップでは2度優勝(1960-1961、1961-1962)の後、さらに主将として3度準優勝(1962-1963、1964-1965、1967-1968)した。引退直前の1970-1971シーズンから1971-1972シーズンまではフランスのオリンピック・リヨンに在籍した。マリオ・コルナ フレッシュアイペディアより)

  • ブリュノ・ヌゴッティ

    ブリュノ・ヌゴッティから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    カメルーン系フランス人のヌゴッティは、1988年に地元のオリンピック・リヨンでプロとしてのキャリアをスタートさせた。1994年にフランス代表に初選出され、1995年からはパリ・サンジェルマンFCでプレイ。有名なオランダ人DFにたとえられ、クーマン・ノワール(Koeman Noir=黒いクーマン)と呼ばれた。ブリュノ・ヌゴッティ フレッシュアイペディアより)

  • エデルソン・オノラト・カンポス

    エデルソン・オノラト・カンポスから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    2004年からOGCニースに所属し、フレデリック・アントネッティ監督の下、センターハーフ等でプレーの幅を広げた。2008年1月1日、オリンピック・リヨンに移籍した。エデルソン・オノラト・カンポス フレッシュアイペディアより)

  • クープ・ドゥ・フランス

    クープ・ドゥ・フランスから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    リーグ・アンと本大会の2冠は、近年ではオリンピック・リヨン(2007-08シーズン)、LOSCリール・メトロポール(2010-11シーズン)が達成している。クープ・ドゥ・フランス フレッシュアイペディアより)

  • フランソワ・クレール

    フランソワ・クレールから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    オリンピック・リヨンの下部組織出身で、徐々に頭角を現してきている。レンタル先から戻った2005-2006シーズンにおいてアントニー・レヴェイエールの負傷の穴を埋めたことで重用されるようになった。この活躍により各国リーグからのオファーも舞い込むこととなり、代表ではUEFA欧州選手権2008のエントリーメンバーにも選出された。しかし2008年に右膝の十字靱帯断裂を負ってからは輝きを失い始め、再びレヴェイエールにポジションを奪われてしまい、代表からも疎遠となってしまった。さらにその後はラミーヌ・ガサマも台頭して完全に存在感を失ってしまった。フランソワ・クレール フレッシュアイペディアより)

  • ヤニス・タフェール

    ヤニス・タフェールから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    2006年にオリンピック・リヨンの下部組織に入団する。2008年、リヨンとプロ契約を結ぶ。2010/11シーズン買取オプション付きのローンでトゥールーズFCに移籍した。ヤニス・タフェール フレッシュアイペディアより)

  • セバスティアン・スキラシ

    セバスティアン・スキラシから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    2006年、オリンピック・リヨンに移籍。クラウディオ・カサッパの後継者として最終ラインをまとめた。所属した2シーズンでは2年連続でリーグ優勝を経験している。2008年にセビージャFCへ3年契約で移籍した。移籍1年目から33試合に出場し、同胞のジュリアン・エスキュデとともに最終ラインのリーダーとして活躍した。セバスティアン・スキラシ フレッシュアイペディアより)

  • ピエール=アラン・フロー

    ピエール=アラン・フローから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    地元クラブのFCソショーの下部組織出身。2002年にはU-21フランス代表としてUEFA U-21欧州選手権に出場し準優勝した。契約切れでオリンピック・リヨンに移籍するもレギュラー獲得はできず、RCランスにレンタル移籍し、翌シーズンにはパリ・サンジェルマンFCに完全移籍した。2008年1月にリールOSCにレンタル移籍し、シーズン終了後に完全移籍を果たした。ピエール=アラン・フロー フレッシュアイペディアより)

  • アラン・ペラン

    アラン・ペランから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    オリンピック・リヨンの監督になる。フローラン・マルダ、エリック・アビダルが移籍しジュニーニョ・ペルナンブカーノとシドニー・ゴブの論争が表沙汰になるなど過渡期のクラブにおいてリーグ・アン7連覇を達成するもUEFAチャンピオンズリーグでの成績と、指導方法を理由にシーズン終了をもって解任される。アラン・ペラン フレッシュアイペディアより)

  • レオ・フランコ

    レオ・フランコから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    2004年、ヘルマン・ブルゴスの後継者を探していたアトレティコ・マドリードと5年契約を交わし、すぐにレギュラーポジションを獲得した。アトレティコではPKストッパーとして名をはせ、2006年3月23日のセビージャFC戦での2度のPKストップや12月2日のレアル・ベティス戦の2度のPKストップなど、2006-07シーズン終了までに7度のPKストップを記録している。2007年夏にはACミランから元イタリア代表のクリスティアン・アッビアーティがレンタルで加入し、2008年夏にはオリンピック・リヨンから元フランス代表のベテランGKグレゴリー・クーペが加入したが、鋭い反応と豊富な経験でポジションを死守した。2007-08シーズンはリーグ戦で4位に躍進し、2008-09シーズンに出場したUEFAチャンピオンズリーグではベスト16入りに貢献した。レオ・フランコ フレッシュアイペディアより)

207件中 61 - 70件表示