288件中 61 - 70件表示
  • シルヴァン・モンソロー

    シルヴァン・モンソローから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    FCソショーでプロデビュー。2003-2004シーズンはUEFAカップで6試合に出場し1ゴールを挙げ、リーグカップのタイトルも手にするなど、飛躍の年となった。2005年にオリンピック・リヨンに移籍するも怪我などの影響もありレギュラー定着とはいかず、翌シーズンにASモナコに籍を移した。さらに2008年、ASサンテティエンヌに移籍している。シルヴァン・モンソロー フレッシュアイペディアより)

  • ミラン・ビシェヴァツ

    ミラン・ビシェヴァツから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    新シーズンになるとチアゴ・シウヴァが加入したため、2012年8月16日に220万ユーロの移籍金でオリンピック・リヨンに移籍した。ミラン・ビシェヴァツ フレッシュアイペディアより)

  • ステファン・セセニョン

    ステファン・セセニョンから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    2007-08シーズンは右サイドアタッカーとして起用された。新しい役割を任せられたことでクラブにとってより有益な存在になった。2007年9月1日のオリンピック・リヨン戦では2得点したが2-3と惜敗した。翌週のヴァランシエンヌFC戦でも得点し、1-0で勝利した。クープ・ドゥ・ラ・リーグのRCランス戦では彼の活躍で準決勝に進出したが、120分間すべて出場した延長戦の末に4-5で敗れた。ステファン・セセニョン フレッシュアイペディアより)

  • ジャック・サンティニ

    ジャック・サンティニから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    トゥールーズ、リール、サンテティエンヌ、ソショー、といったリーグ・アンの数々のクラブで指揮を執り、2002年にはリヨンをリーグ優勝に導き、その後リーグを代表するチームへと成長したチームの礎を築くと、同年ロジェ・ルメールの後を受けてフランス代表監督に就任。2004年のEURO2004まで指揮を執った。ジャック・サンティニ フレッシュアイペディアより)

  • ジェレミー・ブレシェ

    ジェレミー・ブレシェから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    オリンピック・リヨンでデビューを果たすと、2002、2003年とリーグ戦2連覇を経験した。その後移籍したインテルナツィオナーレ・ミラノではレギュラーを確保できず、スペインのレアル・ソシエダに移籍するも、満足する活躍はできなかった。2006年にFCソショーへの国内復帰を果たし、キャプテンとしてリーグ・カップで優勝した。2008年、オランダのPSVアイントホーフェンに移籍した。2009年6月、FCソショーに復帰した。2012年8月、トロワACと1年契約を結んだ。2013年6月26日、FCジロンダン・ボルドーと1年の契約で加入したが、出場機会は限られた。2014年9月3日、リーグ・ドゥに昇格したガゼレク・アジャクシオと1年間の契約を結んだ。2014-15シーズンを2位で終えたチームの主力としてプレーし、クラブ史上初のリーグ・アン昇格に貢献した。ジェレミー・ブレシェ フレッシュアイペディアより)

  • ピエール=アラン・フロー

    ピエール=アラン・フローから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    地元クラブのFCソショーの下部組織出身。2002年にはU-21フランス代表としてUEFA U-21欧州選手権に出場し準優勝した。契約切れでオリンピック・リヨンに移籍するもレギュラー獲得はできず、RCランスにレンタル移籍し、翌シーズンにはパリ・サンジェルマンFCに完全移籍した。2008年1月にLOSCリール・メトロポールにレンタル移籍し、シーズン終了後に完全移籍を果たした。ピエール=アラン・フロー フレッシュアイペディアより)

  • フローラン・バルモン

    フローラン・バルモンから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    オリンピック・リヨンの下部組織時代には元U-21フランス代表のスティード・マルブランク等とクープ・ドゥ・ガンバルデッラを獲得。トップチームデビューを果たすもレギュラーを獲得できずトゥールーズFCにレンタル移籍した。OGCニースに移籍してレギュラーとしてプレー。2008年にはLOSCリール・メトロポールに移籍した。フローラン・バルモン フレッシュアイペディアより)

  • 2008年のバロンドール

    2008年のバロンドールから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    カリム・ベンゼマ(オリンピック・リヨン)、ペペ(レアル・マドリード)、ルカ・トーニ(バイエルン・ミュンヘン)、ラファエル・ファン・デル・ファールト(レアル・マドリード)、ユーリ・ジルコフ(CSKAモスクワ)はポイントなしに終わった。2008年のバロンドール フレッシュアイペディアより)

  • 2009年のバロンドール

    2009年のバロンドールから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    カリム・ベンゼマ(オリンピック・リヨン, レアル・マドリード)はポイントなしに終わった。2009年のバロンドール フレッシュアイペディアより)

  • ニコラエ・ディカ

    ニコラエ・ディカから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    欧州カップ戦の方では、UEFAカップ2004-05において初出場を飾り、前回王者バレンシアCFを破りベスト16まで進出。翌2005-06シーズンは、UEFAチャンピオンズリーグ 2005-06においてローゼンボリBKに敗れてグループリーグ進出ならずも、UEFAカップ2005-06にてRCランス、SCヘーレンフェーン、レアル・ベティスと次々と破り、宿敵FCラピド・ブカレストを下して準決勝に進出しており、ミドルズブラFCとの第1戦 (1-0) で決勝点を挙げた。第2戦でも先制点を挙げ、ドリン・ゴヤンの追加点によって2-0としたが、最終的に2-4 (2試合合計3-4) で敗退した。UEFAチャンピオンズリーグ 2006-07は、FCディナモ・キエフ、レアル・マドリード、オリンピック・リヨンと同組になり厳しい戦いを強いられる中、6試合全てに出場したディカは、最初のFCディナモ・キエフ戦で2得点を含む4得点1アシストを記録した。これらの活躍にアドリアン・ムトゥとクリスティアン・キヴを抑えてを受賞し、また、ルーマニアサッカー連盟と国内のスポーツプレス協会が選定するリーガ1年間最優秀選手賞をディナモ・ブカレストのクラウディウ・ニクレスクと共に受賞した。しかし、この受賞から程なくして一変することになる。2007年1月23日にACシエナとの親善試合において、深刻な膝の負傷となったことでシーズン残りの大半を欠場し、自身の誕生日である5月9日のFCチェアラゥル・ピアトラ・ネアムツ戦まで離脱していた。ニコラエ・ディカ フレッシュアイペディアより)

288件中 61 - 70件表示

「オリンピック・リヨン」のニューストピックワード