207件中 71 - 80件表示
  • フローラン・バルモン

    フローラン・バルモンから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    オリンピック・リヨンの下部組織時代には元U-21フランス代表のスティード・マルブランク等とクープ・ドゥ・ガンバルデッラを獲得。トップチームデビューを果たすもレギュラーを獲得できずトゥールーズFCにレンタル移籍した。OGCニースに移籍してレギュラーとしてプレー。2008年にはLOSCリール・メトロポールに移籍した。フローラン・バルモン フレッシュアイペディアより)

  • ベノワ・ペドレッティ

    ベノワ・ペドレッティから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    レイモン・ドメネク前フランスA代表監督が当時率いていたU-21フランス代表として2002年UEFA U-21欧州選手権準優勝を経てジャック・サンティニの指揮するフル代表へ初招集。2003年のFIFAコンフェデレーションズカップ、UEFA欧州選手権2004のメンバーに名を連ねた後、憧れのクラブであったオリンピック・マルセイユに移籍するも、下部組織から上がって来たばかりのサミル・ナスリを重用したフィリップ・トルシエに干され1年でオリンピック・リヨンに移籍。そのリヨンでもジュニーニョ・ペルナンブカーノを筆頭に中盤の選手層が厚かった為に控えに甘んじることが多く、従って代表からも遠ざかることとなった。2006-2007シーズンに出場機会を求めてソショー在籍時の監督であったジャン・フェルナンデスが指揮を執るブルゴーニュの小クラブAJオセールへ移籍。輝きを取り戻したプレイと、ディフェンスにも汗しキャプテンとしてチームを鼓舞する姿が心を捉え、2010ワールドカップ予選時には崩壊状態にあったフランス代表を立て直せる選手として、元レキップ紙の名物記者であり現在カナルプリュスで解説者を務めるピエール・メネスを筆頭に代表復帰を望む声は多かった。ベノワ・ペドレッティ フレッシュアイペディアより)

  • ルシアーノ・モンソン

    ルシアーノ・モンソンから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    ルシアーノ・ファビアン・モンソン(Luciano Fabián Monzón, 1987年4月13日 - )は、アルゼンチン・ロサリオ出身のサッカー選手。リーグ・アン・オリンピック・リヨン所属。アルゼンチン代表である。ポジションはディフェンダー(左サイドバック)。ルシアーノ・モンソン フレッシュアイペディアより)

  • アントニー・ムニエ

    アントニー・ムニエから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    オリンピック・リヨンの下部組織出身で同期のカリム・ベンゼマ、ハテム・ベン・アルファ、ロイク・レミー等と共にクープ・ガンバルデッラでは準優勝した。アントニー・ムニエ フレッシュアイペディアより)

  • ジェレミー・クレマン

    ジェレミー・クレマンから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    オリンピック・リヨンでプロキャリアをスタートさせると、グラスゴー・レンジャーズFCでの指揮を執る事になったポール・ル・グエンに引き抜かれ移籍。冬には再びル・グエンの元でプレーするためにパリ・サンジェルマンFCに移籍した。2011年より、ASサンテティエンヌでプレーする。ジェレミー・クレマン フレッシュアイペディアより)

  • UEFAチャンピオンズリーグ 2009-10 決勝

    UEFAチャンピオンズリーグ 2009-10 決勝から見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    ルイ・ファン・ハール監督に率いられたバイエルン・ミュンヘンの前評判は決して高くは無く、一時はグループリーグ敗退の危機に追い込まれる窮地にまで立たされたが、最終節でユヴェントスを下してなんとか決勝トーナメントに進出。決勝トーナメントではACFフィオレンティーナとマンチェスター・ユナイテッドFCをアリエン・ロッベンの決勝ゴールで倒し、準決勝ではフランスのオリンピック・リヨンをトータルスコア4-0で撃破。優勝した2001年以来の9年ぶりの決勝となった。しかしロッベンと共にチームを決勝まで導いてきたエースのフランク・リベリーが、準決勝の第2戦で警告(イエローカード)を1度受け累積警告となり、決勝戦は出場停止となった。UEFAチャンピオンズリーグ 2009-10 決勝 フレッシュアイペディアより)

  • アリ・シッソコ

    アリ・シッソコから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    その後、7月18日に移籍金1500万ユーロ(約20億円)でオリンピック・リヨンへ移籍しフランスに復帰した。シッソコがリヨンから移籍する場合、リヨンが獲得した移籍金の20%がポルトに支払われる。8月8日のル・マンUC戦でデビューしてフル出場したが、この試合は2-2で引き分けた。同年12月9日のUEFAチャンピオンズリーグ・デブレツェニVSC戦で移籍後初ゴールを記録。このゴールについて「(攻撃的な姿勢を)ダニエウ・アウヴェスにインスパイアされた」と話した。2009-10シーズンは不動のレギュラーとして31試合に出場して2アシストを決めた。UEFAチャンピオンズリーグではグループリーグから準決勝までの全12試合に先発出場した。アリ・シッソコ フレッシュアイペディアより)

  • ビセンテ・デル・ボスケ

    ビセンテ・デル・ボスケから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    これ以降、ロス・ガラクティコスと称えられたレアル・マドリーはまたたく間にチームとしての機能性を失い、急速に弱体化した。デル・ボスケを解任して以来、クラブは4年間で実に7人の監督を迎えたが、2007年にファビオ・カペッロのチームが優勝するまでリーグ優勝から遠ざかった。更に、1998年から2003年までの6年間で5回のベスト4以上(うち3回は優勝)という圧倒的な成績を残していたチャピオンズリーグでも、デル・ボスケらが去って以降、2010-11シーズンにジョゼ・モウリーニョのチームがオリンピック・リヨンを破るまで、実に7年間にわたってベスト16での敗退を続けることになる。ビセンテ・デル・ボスケ フレッシュアイペディアより)

  • クロード・ピュエル

    クロード・ピュエルから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    2008年からはオリンピック・リヨンの監督に就任している。しかし、チームを掌握できずにリーグ戦8連覇を逃し、ピュエル自身の評価も大暴落してしまった。2009-10シーズンは真価が問われる1年となったが、カリム・ベンゼマやジュニーニョ・ペルナンブカーノといったチームを支え続けた主力選手の抜けた穴は大きく、序盤からチームは低迷したままリーグ戦の前半を終えた。しかし、後半戦になると徐々に持ち直し、UEFAチャンピオンズリーグ 2009-10でもレアル・マドリード、FCジロンダン・ボルドーといった強豪を倒し、初のベスト4進出を果たした。最終的にリーグ戦2位でシーズンを終えたため、なんとか首の皮が繋がり2010-11シーズンも引き続き指揮を執ることになった。ジミー・ブリアン、ヨアン・グルキュフといった攻撃的な選手を加えたことで攻撃力はアップされたが、守備陣に関してはほとんど補強されなかったことで戦力的なバランスの悪さは最後まで解消せず、リーグ戦は3位にとどまった。在任3年間で7連覇がストップしたばかりか結局一つもタイトルは獲れず、2011年6月20日に解任された。クロード・ピュエル フレッシュアイペディアより)

  • ジョルジェ・ジェズス

    ジョルジェ・ジェズスから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    2010-11シーズンのリーグ戦では開幕から4戦して1勝3分と、開幕6連勝を記録したFCポルトに対して序盤で大きく差を付けられた。UEFAチャンピオンズリーグではオリンピック・リヨン(フランス)、シャルケ04(ドイツ)、ハポエル・テルアビブFC(イスラエル)と同組となったが、2勝4敗の勝ち点6でグループ3位に終わり、グループリーグ敗退となった。その結果出場したUEFAヨーロッパリーグの決勝トーナメント1回戦では、VfBシュトゥットガルトに2試合合計4-1で勝利した。クラブ史上初めてドイツのクラブにアウェーで勝利をおさめるとともに、1972-73シーズンにジミー・ヘイガン監督に導かれた際のクラブの連勝記録を更新した。リーグ戦と合わせて公式戦18連勝を達成したが、2011年3月のSCブラガ戦(1-2)に敗れて連勝が止まった。決勝トーナメント2回戦ではパリ・サンジェルマンFC(フランス)、準々決勝ではPSVアイントホーフェン(オランダ)を下したが、同国対決となった準決勝でSCブラガに2試合合計2-2(アウェーゴール差)で敗れた。ジョルジェ・ジェズス フレッシュアイペディアより)

207件中 71 - 80件表示

「オリンピック・リヨン」のニューストピックワード