288件中 71 - 80件表示
  • アラン・ペラン

    アラン・ペランから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    のちオリンピック・リヨンの監督になるが、フローラン・マルダ、エリック・アビダルが移籍しジュニーニョ・ペルナンブカーノとシドニー・ゴブの論争が表沙汰になるなど過渡期のクラブにおいてリーグ・アン7連覇を達成するも、UEFAチャンピオンズリーグでの成績と指導方法を理由にシーズン終了をもって解任された。アラン・ペラン フレッシュアイペディアより)

  • パトリス・ロコ

    パトリス・ロコから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    1998年にパリ・サンジェルマン退団後は、FCロリアンを経てモンペリエHSCへ移籍。モンペリエHSCでは、再びウエデク、ペドロスとチームメートとなり、ナントでのコンビの再現が期待された。しかし、いずれの選手もピークを過ぎており、大きな活躍は披露できなかった。その後オリンピック・リヨン、トロワACなどでプレーし、2004年にACアジャクシオで引退した。パトリス・ロコ フレッシュアイペディアより)

  • ジェレミ・ベルト

    ジェレミ・ベルトから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    12歳でオリンピック・リヨンの下部組織に入団し、2001年トリニダード・トバゴで開催されたFIFA U-17世界選手権で優勝する。2003年9月13日のAJオセール戦でリーグ・アンデビューを果たすもエリック・アビダルがおり出場の機会は限られていた。ジェレミ・ベルト フレッシュアイペディアより)

  • マルク・クロサス

    マルク・クロサスから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    2001年に13歳でFCバルセロナのカンテラであるインファンティルAに入団した。入団後は順調にステップアップし、2006-2007シーズンよりFCバルセロナBに名を連ねた。また、このシーズン途中にはバルセロナのトップチームに負傷者が続出したことからトップチームにも出場している。しかし、世界有数のチームであるFCバルセロナにおいてトップチーム定着はならず、負傷者の復帰に伴い再びFCバルセロナBに戻っており、翌2008年1月にフランスのオリンピック・リヨンに出場機会を求め期限付き移籍をした。マルク・クロサス フレッシュアイペディアより)

  • レミ・ガルド

    レミ・ガルドから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    1992年にオリンピック・リヨンの下部組織に入団。守備的ミッドフィルダーやスイーパーとしてプレーするガルドは、1989年に中心選手としてリーグ・アン昇格に貢献し、昇格後も順調に、また、主将としてパフォーマンスを示し続けたことが、1990年1月のクウェート戦でフランス代表初出場へと繋がっており、全6試合に出場。UEFA EURO '92のメンバーにも選ばれた。1993年から3季は、RCストラスブールで過ごし、1995年にはクープ・ドゥ・フランスの決勝戦まで進出した。レミ・ガルド フレッシュアイペディアより)

  • デブレツェニVSC

    デブレツェニVSCから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    2009-10シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ予選プレーオフでレフスキ・ソフィアを2試合合計4-1で下し、本戦初出場を決めた。本戦グループリーグではリヴァプール、オリンピック・リヨン、フィオレンティーナと同組になり、ホームでの第2節はオリンピック・リヨンに0-4で大敗した。第3節のホームでのフィオレンティーナ戦では3-4と敗れ、またもやゴールラッシュとなったフィオレンティーナとの第4節は一度は追いついたものの5-2で敗れた。リヴァプールと対戦した第5節は4分に先制されたが、その後は追加点を与えなかった。デブレツェニVSC フレッシュアイペディアより)

  • ランドリー・エングエモ

    ランドリー・エングエモから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    ヤウンデでASナンシーのスカウトの目に留まると、すぐさまフランスに渡りトライアルを経て15歳の時に契約。2005年8月14日、19歳の時にオリンピック・リヨン戦で途中出場の形でリーグ・アンデビューを果たし、それから1ヶ月後のトロワAC戦で初めて先発出場をした。ランドリー・エングエモ フレッシュアイペディアより)

  • ガブリエル・アグボンラホール

    ガブリエル・アグボンラホールから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    2006-07シーズン、新たに就任した監督マーティン・オニールによって本来のセンターフォワードではなく、右ウイングで起用される。不慣れなポジションながら着実に得点を重ね、プレミアリーグ上位4チームから得点を奪う活躍を見せた。オニール曰く「ウイングでの経験を重ねることで、センターフォワードの理解が深まった」とのこと。2007年1月、冬のマーケットでオリンピック・リヨンからヨン・カリュー、ワトフォードFCからアシュリー・ヤングが入団し3トップを形成。カリューが欠場の際はセンターフォワードとして出場し、シーズン通算10ゴールを記録した。ガブリエル・アグボンラホール フレッシュアイペディアより)

  • ブリュノ・ヌゴッティ

    ブリュノ・ヌゴッティから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    カメルーン系フランス人のヌゴッティは、1988年に地元のオリンピック・リヨンでプロとしてのキャリアをスタートさせた。1994年にフランス代表に初選出され、1995年からはパリ・サンジェルマンFCでプレイ。有名なオランダ人DFにたとえられ、クーマン・ノワール(Koeman Noir=黒いクーマン)と呼ばれた。ブリュノ・ヌゴッティ フレッシュアイペディアより)

  • エメ・ジャケ

    エメ・ジャケから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    選手時代はサンテティエンヌに12年間在籍。リヨンで監督を4年務めた後、ボルドーではリーグアン制覇などクラブに黄金期をもたらした。1993年、ジェラール・ウリエの下でフランス代表のアシスタントコーチを務めていたがアメリカW杯欧州予選で敗退し、本大会出場を逃したのを受けてフランス代表監督に就任。エリック・カントナ、ダヴィド・ジノラやジャン=ピエール・パパンら当時のスター選手を外すなど、当初はメディアの批判にさらされていた。又彼らに代わって、ジネディーヌ・ジダン、ティエリ・アンリ、リリアン・テュラムなど移民、移民の子、移民の子孫を主力として据えた事から、国粋主義者に脅迫される事になった。フランスの極右政党である国民戦線などは「ラ・マルセイエーズも歌えない連中をフランス代表とは認められない」と罵ったものである。エメ・ジャケ フレッシュアイペディアより)

288件中 71 - 80件表示

「オリンピック・リヨン」のニューストピックワード