288件中 81 - 90件表示
  • ビセンテ・デル・ボスケ

    ビセンテ・デル・ボスケから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    これ以降、ロス・ガラクティコスと称えられたレアル・マドリードはまたたく間にチームとしての機能性を失い、急速に弱体化した。デル・ボスケを解任して以来、クラブは4年間で実に7人の監督を迎えたが、2007年にファビオ・カペッロのチームが優勝するまでリーグ優勝から遠ざかった。更に、1998年から2003年までの6年間で5回のベスト4以上(うち3回は優勝)という圧倒的な成績を残していたチャンピオンズリーグでも、デル・ボスケらが去って以降、2010-11シーズンにジョゼ・モウリーニョのチームがオリンピック・リヨンを破るまで、実に7年間にわたってベスト16での敗退を続けることになる。ビセンテ・デル・ボスケ フレッシュアイペディアより)

  • ビクトル・モンターニョ

    ビクトル・モンターニョから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    昇格1シーズン目ながらも、チームはUEFAチャンピオンズリーグ圏内まで勝ち点差2の勝ち点69で5位でシーズンを終えた。個人としては共に昇格したランス、USブローニュとのアウェーで得点、2009年11月22日のLOSCリール・メトロポール戦 (2-0) で2得点、さらに、12月23日には強豪オリンピック・リヨン戦 (2-1) で長距離から先制点を挙げるなど、84本のシュートを放ち11得点3アシストを記録した。ビクトル・モンターニョ フレッシュアイペディアより)

  • ジミー・ブリアン

    ジミー・ブリアンから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    2002年には17歳にしてプロとしてピッチに立ち、パリ・サンジェルマンFC戦で25分間プレーした。デビューの年にはカリム・ベンゼマ、ディミトリ・ペイェらと共に新人賞候補に名を連ねた(当時オリンピック・マルセイユに所属していたサミル・ナスリが受賞)。飛躍のきっかけとなったのは2005-2006シーズンで、29試合に出場して3ゴールを挙げた。翌シーズンにはチームをUEFAカップ出場権を獲得できるリーグ4位にまで導いた。その後もコンスタントにゴールを決め続け、レンヌの主力として活躍した。2010-2011シーズンからオリンピック・リヨンへと移籍をしている。ジミー・ブリアン フレッシュアイペディアより)

  • フレデリック・ピキオンヌ

    フレデリック・ピキオンヌから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    2007年、オリンピック・リヨン入りが濃厚であったが、クラブ同士の対立から契約はまとまることなくASモナコにレンタル移籍した。2007-08シーズンはやや不調に終わったものの、シーズン終了後改めてリヨンからオファーを受け、移籍金450万ユーロで完全移籍となった。2009-10シーズンはポーツマスFCへレンタル移籍。2010年にウェストハム・ユナイテッドFCへと完全移籍した。2012年3月よりドンカスター・ローヴァーズFCに1ヶ月の短期ローン移籍をした。フレデリック・ピキオンヌ フレッシュアイペディアより)

  • ロナルド・ズバル

    ロナルド・ズバルから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    2002年に2部のSMカーンでプロデビューした。昇格を決め、2004-05シーズンはリーグ・アンで戦うも、1年で降格した。その後1年間は2部でプレーした。オリンピック・リヨンやアーセナルFC等から関心を持たれる中、オリンピック・マルセイユに4年契約で移籍した。ロナルド・ズバル フレッシュアイペディアより)

  • ムニル・エル・ハムダウィ

    ムニル・エル・ハムダウィから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    オランダ・エールステ・ディヴィジ(2部)のSBVエクセルシオールで74試合32得点と得点を量産したため、2005年1月にイングランドのトッテナム・ホットスパーFCに3年半の契約期間で移籍した。入団してすぐに行われたピースカップではオリンピック・リヨンを破って優勝した。ノーサンプトン・タウンFC、オールダーショット・タウンFCとの親善試合では得点したが、プレミアリーグの出場は1試合もなかった。ムニル・エル・ハムダウィ フレッシュアイペディアより)

  • ハムダーン・アル=カマーリー

    ハムダーン・アル=カマーリーから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    2012年にはフランス・リヨンに半年間レンタル移籍した。ハムダーン・アル=カマーリー フレッシュアイペディアより)

  • ミハイ・ネシュ

    ミハイ・ネシュから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    一方の欧州カップ戦には、初出場となったUEFAカップ2003-04から30試合以上に出場しており、特に2005-06シーズンは、まず、UEFAチャンピオンズリーグ 2005-06予選全4試合に出場すると、UEFAカップ2005-06で12試合に出場し、RCランス、SCヘーレンフェーン、レアル・ベティス、そしてFCラピド・ブカレストなどを次々破り躍進するチームを支え、ミドルズブラFCとの準決勝進出に貢献した。UEFAチャンピオンズリーグ 2006-07では、スタンダール・リエージュを下して10年ぶりとなる予選突破に貢献し、レアル・マドリード、オリンピック・リヨン、FCディナモ・キエフと同組となった。ミハイ・ネシュ フレッシュアイペディアより)

  • ジェレミー・ピエ

    ジェレミー・ピエから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    オリンピック・リヨンの下部組織出身。ジェレミー・ピエ フレッシュアイペディアより)

  • ルシアーノ・モンソン

    ルシアーノ・モンソンから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    2012年8月26日、バレンシアCFに放出したアリ・シソコの後釜としてオリンピック・リヨンへ移籍。レミ・ガルド監督の下、シーズン開幕当初はレギュラーとしてプレーしたが次第に出場機会を失い、2013年1月10日、チアゴ・カルレットのサンパウロFC復帰で左サイドバックのポジションが手薄になっていたブラジルのフルミネンセFCに半年間のレンタルで加入した。ルシアーノ・モンソン フレッシュアイペディアより)

288件中 81 - 90件表示

「オリンピック・リヨン」のニューストピックワード