207件中 81 - 90件表示
  • ガブリエル・アグボンラホール

    ガブリエル・アグボンラホールから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    2006-07シーズン、新たに就任した監督マーティン・オニールによって本来のセンターフォワードではなく、右ウイングで起用される。不慣れなポジションながら着実に得点を重ね、プレミアリーグ上位4チームから得点を奪う活躍を見せた。オニール曰く「ウイングでの経験を重ねることで、センターフォワードの理解が深まった」とのこと。2007年1月、冬のマーケットでオリンピック・リヨンからヨン・カリュー、ワトフォードFCからアシュリー・ヤングが入団し3トップを形成。カリューが欠場の際はセンターフォワードとして出場し、シーズン通算10ゴールを記録した。ガブリエル・アグボンラホール フレッシュアイペディアより)

  • クラウディオ・カサッパ

    クラウディオ・カサッパから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    180センチとセンターバックにしては、やや小柄なものの、身体能力の高さと安定感が持ち味の、リヨンに欠かせない選手として活躍した。また、統率力があり、リヨン時代にはキャプテンとしてチームを引っ張った。しかし、怪我の多さが難点でまた2006-2007シーズンにはセバスティアン・スキラシにポジションを奪われ、出場機会を求めシーズン終了後にニューカッスル・ユナイテッドFCに移籍。08-09シーズン終了後、契約満了に伴いニューカッスルを退団。2009年8月に、ブラジルのクルゼイロECと契約した。2011月1月25日、フランスのエヴィアン・トノン・ガイヤールFCに移籍し、半年後の7月25日にはアヴァイFCに移籍した。クラウディオ・カサッパ フレッシュアイペディアより)

  • ショック・ドゥ・オランピック

    ショック・ドゥ・オランピックから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    ショック・ドゥ・オランピック(仏 : Choc des Olympiques, 英 : Clash of the Olympics)は、クラブ名にオランピック(英 : オリンピック)を冠するフランスのふたつのサッカークラブ、オリンピック・マルセイユとオリンピック・リヨンの対戦のことである。フランスの有力なテレビ局であるCanal+はこの対戦をスペインのエル・クラシコ(レアル・マドリードとFCバルセロナの対戦)になぞらえてオランピコ(Olympico)と表現している。ショック・ドゥ・オランピック フレッシュアイペディアより)

  • ジャン・ティガナ

    ジャン・ティガナから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    マリで生まれ、地元のクラブチームであるレアル・バマコに入団。フィジカルの強さと卓越した戦術眼を発揮して攻守に貢献し、1975年に渡仏しスポルタン・トゥーロン・ヴァールに入団。1978年にはオリンピック・リヨンへ移籍し評価をさらに高めると、1980年5月23日のソ連戦でフランス代表デビューを飾り、翌年にはFCジロンダン・ボルドーへ移籍。ジャン・ティガナ フレッシュアイペディアより)

  • ダビド・プリエト

    ダビド・プリエトから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    セビージャFCの下部組織出身。2005年2月6日のレバンテUD戦でデビューした。2006-07シーズン、セビージャ・アトレティコが2部に昇格したため、同じくアンダルシア州のヘレスCDにレンタル移籍した。ハビ・ナバーロが膝の怪我、ジュリアン・エスキュデが恥骨の怪我により欠場が増えたため、2007-08シーズンは出場機会を増やした。2008-09シーズンはオリンピック・リヨンから移籍してきたセバスティアン・スキラシがレギュラーの座を確保したため、プリエトの出場機会は少なくなった。2009-10シーズンは再びシェレスCDへレンタル移籍。ダビド・プリエト フレッシュアイペディアより)

  • セバスティアン・ランベル

    セバスティアン・ランベルから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    フランス人移民の子孫。ランベルの父は、アルゼンチン出身のFWとしてCAラヌースでキャリアを開始し、その後オリンピック・リヨンへ移籍すると二重国籍を取得、最終的にフランス代表でプレーした。セバスティアン・ランベル フレッシュアイペディアより)

  • バフェティンビ・ゴミス

    バフェティンビ・ゴミスから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    2007-08シーズンのリーグ・アンで得点ランキング3位タイの16ゴールを挙げて注目され、その結果、代表未経験ながらEURO2008に向けた代表候補メンバー30人に選ばれた。2008年12月21日、バカンスに向かう途中のリヨン・サン=テグジュペリ国際空港で総額1万ユーロ(約126万円)相当の所持品とパスポートなどの置き引きの被害に遭った。2008-09シーズンは9得点したが、初得点が第8節と遅く、ウィンターブレークまでに4得点しか決められず期待を裏切った。最終節のヴァランシエンヌFC戦では2得点し、17位での残留に貢献した。2009年7月、移籍金1300万ユーロでオリンピック・リヨンに移籍した。バフェティンビ・ゴミス フレッシュアイペディアより)

  • スタッド・ジェルラン

    スタッド・ジェルランから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    スタッド・ドゥ・ジェルラン(Stade de Gerland)は、フランス, ローヌ=アルプ地域圏, ローヌ県のリヨンにあるスタジアム。収容人数は43,051人。リーグ・アン所属のオリンピック・リヨンのホームスタジアムとして使用されている。スタッド・ジェルラン フレッシュアイペディアより)

  • アプラ・エデル

    アプラ・エデルから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    2009年11月28日に、クーペが負傷したことにより正GKを務めた。クーペが復帰後は、再び第2GKに戻った。翌シーズン、クーペが不安定なことにより第5節から正GKを務めたが2011年4月17日のオリンピック・リヨン戦で大失策をしたため再びクーペに守護神の座を受け渡した。アプラ・エデル フレッシュアイペディアより)

  • クレマン・グラニエ

    クレマン・グラニエから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    2002年にオリンピック・リヨンの下部組織に入団する。2008年にトップチーム昇格し、2009年9月26日、トゥールーズFC戦でプロデビューを果たした。クレマン・グラニエ フレッシュアイペディアより)

207件中 81 - 90件表示

「オリンピック・リヨン」のニューストピックワード