前へ 1 2 3
22件中 1 - 10件表示
  • 音無秀孝

    音無秀孝から見たオレハマッテルゼオレハマッテルゼ

    リンカーン、カンパニー、オレハマッテルゼ、サンアディユ、サンライズバッカス、オウケンブルースリなどの活躍馬を世に送り出し、騎手時代以上の活躍が目立つ。音無秀孝 フレッシュアイペディアより)

  • エガオヲミセテ

    エガオヲミセテから見たオレハマッテルゼオレハマッテルゼ

    エガオヲミセテは、日本の競走馬である。中央競馬でマイラーズカップ、阪神牝馬特別などを制した。命名は「オレハマッテルゼ」「モチ」などの珍名馬を所有している小田切有一で、日本中央競馬会 (JRA) 所属の競走馬として初めて、名前に「ヲ」の文字を使った馬である(1997年より競走馬名登録の際には条件付きで「ヲ」の使用を認めるようになった)。エガオヲミセテ フレッシュアイペディアより)

  • ダイナカール

    ダイナカールから見たオレハマッテルゼオレハマッテルゼ

    9頭の産駒のうち牝馬7頭は全て繁殖入りしている。その娘たちが産んだ孫世代からは、祖母・母共に勝てなかったエリザベス女王杯を連覇したアドマイヤグルーヴや、高松宮記念を制したオレハマッテルゼ、香港のクイーンエリザベス2世カップに優勝したルーラーシップなどの活躍馬が次々と現れている。さらに曾孫世代からも重賞競走優勝馬が輩出されている。ダイナカール フレッシュアイペディアより)

  • 競走馬

    競走馬から見たオレハマッテルゼオレハマッテルゼ

    「ハ」については「は」と「わ」、「ヘ」については「え」と「へ」、各カナ共に両方の読みが可能である(「オレハマッテルゼ」、「ミライヘノツバサ」、など)。競走馬 フレッシュアイペディアより)

  • サンデーサイレンス

    サンデーサイレンスから見たオレハマッテルゼオレハマッテルゼ

    オレハマッテルゼ(高松宮記念)サンデーサイレンス フレッシュアイペディアより)

  • アイムユアーズ

    アイムユアーズから見たオレハマッテルゼオレハマッテルゼ

    曾祖母のダイナカールはオークス馬。祖母の半妹に当たるエアグルーヴもオークス馬で天皇賞(秋)も制しており、エアグルーヴの仔のアドマイヤグルーヴもエリザベス女王杯を2連覇しており、ルーラーシップも香港のGIクイーンエリザベス2世C を勝利している。このほかフォゲッタブル、グルヴェイグも重賞馬である。祖母の半姉カーリーエンジェルの仔からは高松宮記念勝ちのオレハマッテルゼや重賞勝ちがあるエガオヲミセテを輩出している。アイムユアーズ フレッシュアイペディアより)

  • 小田切有一

    小田切有一から見たオレハマッテルゼオレハマッテルゼ

    競馬ファンには馬主として、とりわけ所有馬に「ワスレナイデ」「オレハマッテルゼ」「オドロキノサイフ」「モチ」といった個性的な馬名を与えることで、「マチカネ」シリーズの細川益男(ホソカワミクロン元社長)や「シゲル」シリーズの森中蕃らとともに「珍馬名」の名付け親として知られる。小田切有一 フレッシュアイペディアより)

  • ウォータクティクス

    ウォータクティクスから見たオレハマッテルゼオレハマッテルゼ

    母の兄姉に高松宮記念勝ちのオレハマッテルゼやJRA重賞2勝のエガオヲミセテがいる。ウォータクティクス フレッシュアイペディアより)

  • チーフベアハート

    チーフベアハートから見たオレハマッテルゼオレハマッテルゼ

    基本的に中距離を得意とする馬が中心ながら,ダートや短距離さらには障害で活躍する馬も輩出するなど、産駒は幅広く活躍している。2009年はマイネルキッツが天皇賞(春)を制覇、ビービーガルダンがスプリンターズステークスで2着、同一年に産駒が3200mと1200mのGIで連対したのは2006年のサンデーサイレンス(ディープインパクト(天皇賞(春)1着)、オレハマッテルゼ(高松宮記念1着))以来で、史上2頭目となった。チーフベアハート フレッシュアイペディアより)

  • コスモサンビーム

    コスモサンビームから見たオレハマッテルゼオレハマッテルゼ

    その後は休養を挟み、明け5歳で迎えた阪急杯。オレハマッテルゼに次ぐ2番人気におされたが、4コーナー付近で競走中止となった後、転倒しそのまま死亡した。死因は急性心不全であった。コスモサンビーム フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
22件中 1 - 10件表示

「オレハマッテルゼ」のニューストピックワード