22件中 11 - 20件表示
  • 2006年の日本競馬

    2006年の日本競馬から見たオレハマッテルゼオレハマッテルゼ

    高松宮記念(中京競馬場・3月26日)優勝 : オレハマッテルゼ(騎手 : 柴田善臣)2006年の日本競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 馬なり1ハロン劇場

    馬なり1ハロン劇場から見たオレハマッテルゼオレハマッテルゼ

    戦績にあわせて名前のインパクトがブロコレ新時代を背負う器に相応しいという理由でオレハマッテルゼを勧誘したこともあった。凱旋門賞3位入線ということでディープインパクトや、馬ではないが薔薇一族を含めGIで勝ちきれない馬を多数管理しているハシグチ調教師も狙われている。馬なり1ハロン劇場 フレッシュアイペディアより)

  • ハナズゴール

    ハナズゴールから見たオレハマッテルゼオレハマッテルゼ

    緒戦となった1月21日の中山の菜の花賞は馬場に苦しみ10着に敗れるも、2月11日の東京の500万下は直線で鮮やかに差し切り後続に2馬身1/2差をつけ2勝目を挙げた。続くチューリップ賞でも、断然人気のジョワドヴィーヴルや後の三冠牝馬ジェンティルドンナに競り勝ち、重賞初制覇を果たした。調教師の加藤和宏にとっても調教師になってから初重賞制覇、オレハマッテルゼ産駒にとってもJRA重賞初制覇となった。このあと4月8日の桜花賞に出走を予定していたが、調教後の洗い場で右トモをぶつけ、1日様子を見た結果、痛みが引かず回避することとなった。次走の5月6日のNHKマイルカップでは後方から脚を伸ばしたがカレンブラックヒルの7着に敗れた。5月20日のオークスでは後方から追い上げるもジェンティルドンナの7着に敗れた。8月19日の札幌記念で古馬との初対戦を果たす。レースは直線後方から脚を伸ばしたものの4着だった。札幌記念の後、9月16日の阪神競馬場での秋華賞トライアル:ローズステークスに出馬登録を行ったものの、レース前日になって感冒の症状が見られた為に出走を取り消した。ぶっつけ本番で挑んだ10月14日の秋華賞はいいところなく16着惨敗となった。その後11月24日の京阪杯でハクサンムーンの5着した後、12月15日のリゲルステークス(オープン)で1番人気のマウントシャスタを下して優勝し、この年を終えた。ハナズゴール フレッシュアイペディアより)

  • 清水英克

    清水英克から見たオレハマッテルゼオレハマッテルゼ

    2010年1月10日、ガルボがシンザン記念を制し、重賞初勝利。また、同レースを関東馬が制したのは史上初。翌11日にはコスモネモシンがフェアリーステークスに優勝し、2006年の音無秀孝調教師以来(日経賞をリンカーン、その翌日に高松宮記念をオレハマッテルゼで優勝)となる同一週2日連続で重賞を制覇した。清水英克 フレッシュアイペディアより)

  • 第36回高松宮記念

    第36回高松宮記念から見たオレハマッテルゼオレハマッテルゼ

    単勝1番人気はシンボリグラン、2番人気はラインクラフト、3番人気はシーイズトウショウ、以下オレハマッテルゼ、リミットレスビッドと続いた。第36回高松宮記念 フレッシュアイペディアより)

  • ジャッジアンジェルーチ

    ジャッジアンジェルーチから見たオレハマッテルゼオレハマッテルゼ

    種牡馬としては失敗に終わったものの、引退後にエガオヲミセテ、オレハマッテルゼ、アジュディミツオー、グレープブランデー、レオマイスターなどの同馬を母の父に持つ活躍馬が出ており、ブルードメアサイアーとしてはまずまずの成績を残している。またブルードメアサイアーではないが、G1五冠馬のキタサンブラックの母母父に当たり、女系の子孫からはスピード活かした重賞馬を複数輩出した結果となっている。ジャッジアンジェルーチ フレッシュアイペディアより)

  • イーストスタッド

    イーストスタッドから見たオレハマッテルゼオレハマッテルゼ

    オレハマッテルゼ(2008年 - 2013年)イーストスタッド フレッシュアイペディアより)

  • マイネルラヴ

    マイネルラヴから見たオレハマッテルゼオレハマッテルゼ

    キングハート(オーシャンステークス)- 父オレハマッテルゼマイネルラヴ フレッシュアイペディアより)

  • ノアノハコブネ

    ノアノハコブネから見たオレハマッテルゼオレハマッテルゼ

    ノアノハコブネがオークスを制した大舞台に馬主である小田切はおらず、監督を務めていた少年ソフトボールチームの試合に出かけていた。「GI制覇は馬主を続けていればまた見られるかもしれないが、子どもの日々は二度と帰ってこないから」とのことであるが、次のGI制覇はオレハマッテルゼが高松宮記念を制する2006年まで待たされる事となった。ノアノハコブネ フレッシュアイペディアより)

  • ノーザンファーム

    ノーザンファームから見たオレハマッテルゼオレハマッテルゼ

    オレハマッテルゼ(2000年産:2006年高松宮記念)ノーザンファーム フレッシュアイペディアより)

22件中 11 - 20件表示

「オレハマッテルゼ」のニューストピックワード