1 2 次へ
20件中 11 - 20件表示
  • 第36回高松宮記念

    第36回高松宮記念から見たオレハマッテルゼオレハマッテルゼ

    単勝1番人気はシンボリグラン、2番人気はラインクラフト、3番人気はシーイズトウショウ、以下オレハマッテルゼ、リミットレスビッドと続いた。第36回高松宮記念 フレッシュアイペディアより)

  • チーフベアハート

    チーフベアハートから見たオレハマッテルゼオレハマッテルゼ

    基本的に中距離が守備範囲ながらダートや短距離で活躍する馬も輩出している。2009年はマイネルキッツが天皇賞(春)を制覇、ビービーガルダンがスプリンターズステークスで2着、同一年に産駒が3200mと1200mのGIで連対したのは2006年のサンデーサイレンス(ディープインパクト(天皇賞(春)1着)、オレハマッテルゼ(高松宮記念1着))以来で、史上2頭目となった。チーフベアハート フレッシュアイペディアより)

  • ハナズゴール

    ハナズゴールから見たオレハマッテルゼオレハマッテルゼ

    緒戦となった1月21日の中山の菜の花賞は馬場に苦しみ10着に敗れるも、2月11日の東京の500万下は直線で鮮やかに差し切り後続に2馬身1/2差をつけ2勝目を挙げた。続くチューリップ賞でも、断然人気のジョワドヴィーヴルや後の三冠牝馬ジェンティルドンナに競り勝ち、重賞初制覇を果たした。調教師の加藤和宏にとっても調教師になってから初重賞制覇、オレハマッテルゼ産駒にとってもJRA重賞初制覇となった。このあと4月8日の桜花賞に出走を予定していたが、調教後の洗い場で右トモをぶつけ、1日様子を見た結果、痛みが引かず回避することとなった。次走の5月6日のNHKマイルカップでは後方から脚を伸ばしたがカレンブラックヒルの7着に敗れた。5月20日のオークスでは後方から追い上げるもジェンティルドンナの7着に敗れた。8月19日の札幌記念で古馬との初対戦を果たす。レースは直線後方から脚を伸ばしたものの4着だった。札幌記念の後、9月16日の阪神競馬場での秋華賞トライアル:ローズステークスに出馬登録を行ったものの、レース前日になって感冒の症状が見られた為に出走を取り消した。ぶっつけ本番で挑んだ10月14日の秋華賞はいいところなく16着惨敗となった。その後11月24日の京阪杯でハクサンムーンの5着した後、12月15日のリゲルステークス(オープン)で1番人気のマウントシャスタを下して優勝し、この年を終えた。ハナズゴール フレッシュアイペディアより)

  • ウォータクティクス

    ウォータクティクスから見たオレハマッテルゼオレハマッテルゼ

    母の兄姉に高松宮記念勝ちのオレハマッテルゼやJRA重賞2勝のエガオヲミセテがいる。ウォータクティクス フレッシュアイペディアより)

  • 競馬予想TV!

    競馬予想TV!から見たオレハマッテルゼオレハマッテルゼ

    予想終了後に玉城ちはるが本命・対抗馬を発表する魔女のささやきというコーナーが存在した。これは彼女が推した本命馬が人気を背負いながら次々と敗れていくことから作られた。実例としてはヴィクトリアマイルのラインクラフト(1番人気で9着)、オークスのアドマイヤキッス(1番人気で4着)、安田記念のオレハマッテルゼ(1番人気で10着)など。本人からすれば不名誉なコーナーだが、指名された人気馬を消せるという理由から視聴者からは好評であった。また単勝オッズ10倍前後(または5番人気前後)の馬を馬券対象から外すと、その馬が馬券によく絡んだ。例としては桜花賞のキストゥヘヴン(6番人気で1着)、皐月賞のメイショウサムソン(6番人気で1着)などがある。2006年8月19日の放送で玉城が番組を降板したため、このコーナーも終了となった。競馬予想TV! フレッシュアイペディアより)

  • ジャッジアンジェルーチ

    ジャッジアンジェルーチから見たオレハマッテルゼオレハマッテルゼ

    種牡馬としては失敗に終わったものの、引退後にエガオヲミセテ、オレハマッテルゼ、アジュディミツオー、グレープブランデー、レオマイスターなどの同馬を母の父に持つ活躍馬が出ており、ブルードメアサイアーとしてはまずまずの成績を残している。ジャッジアンジェルーチ フレッシュアイペディアより)

  • ノーザンファーム

    ノーザンファームから見たオレハマッテルゼオレハマッテルゼ

    オレハマッテルゼ(2000年産:2006年高松宮記念)ノーザンファーム フレッシュアイペディアより)

  • ぎなた読み

    ぎなた読みから見たオレハマッテルゼオレハマッテルゼ

    オレハマッテルゼ(2005年の高松宮記念優勝馬)の活躍で有名になった例。ぎなた読み フレッシュアイペディアより)

  • 馬なり1ハロン劇場

    馬なり1ハロン劇場から見たオレハマッテルゼオレハマッテルゼ

    戦績にあわせて名前のインパクトがブロコレ新時代を背負う器に相応しいという理由でオレハマッテルゼを勧誘したこともあった。凱旋門賞3位入線ということでディープインパクトや、馬ではないが薔薇一族を含めGIで勝ちきれない馬を多数管理しているハシグチ調教師も狙われている。馬なり1ハロン劇場 フレッシュアイペディアより)

  • モチ (競走馬)

    モチ (競走馬)から見たオレハマッテルゼオレハマッテルゼ

    モチは日本の競走馬である。馬主は、所有馬にオレハマッテルゼやノアノハコブネなどの珍名を付ける小田切有一。当馬の名前は、餅が喜びを分かち合う縁起の良い物であることに由来する。モチ (競走馬) フレッシュアイペディアより)

1 2 次へ
20件中 11 - 20件表示

「オレハマッテルゼ」のニューストピックワード