46件中 31 - 40件表示
  • オレハマッテルゼ

    オレハマッテルゼから見た日本

    オレハマッテルゼは日本の元競走馬。2006年に高松宮記念で優勝した。馬名は石原裕次郎主演の映画『俺は待ってるぜ』が由来だが、「俺、はまってるぜ(嵌まってるぜ)」とも読め、命名者であり馬主の小田切有一も二通りの読みの可能性を認めている。英語表記は「OREWA MATTERUZE」である。JRAの実況(ラジオNIKKEI)では「OREWAMATTERUZE」と呼ばれた。オレハマッテルゼ フレッシュアイペディアより)

  • オレハマッテルゼ

    オレハマッテルゼから見たエガオヲミセテ

    山元トレセンの火災事故で亡くなったエガオヲミセテは全姉、祖母に優駿牝馬優勝馬ダイナカール、叔母に天皇賞(秋)、優駿牝馬優勝馬の名牝エアグルーヴ、いとこにエリザベス女王杯2勝のアドマイヤグルーヴがいるなど社台グループゆかりの血統を持つ。オレハマッテルゼ フレッシュアイペディアより)

  • オレハマッテルゼ

    オレハマッテルゼから見たメバル

    主戦騎手の柴田善臣は、同馬にかなりの思い入れを持っているようである。2006年7月、柴田は日刊スポーツの企画でメバル釣りに挑戦した際、その最後を「こんな楽しい乗船依頼なら、いつでも俺は待ってるぜ」という言葉で締め括っている。オレハマッテルゼ フレッシュアイペディアより)

  • オレハマッテルゼ

    オレハマッテルゼから見たキャピタルステークス

    2005年の5月にオープンへ昇級すると、中一週で京王杯スプリングカップに挑む。これが重賞初出走であったが2着と健闘した。続いて安田記念でGI初出走を果たしたが、このレースは11着に敗れた。それから休養を経て、11月にキャピタルステークスへ出走、これに勝利してオープン初勝利を飾った。オレハマッテルゼ フレッシュアイペディアより)

  • オレハマッテルゼ

    オレハマッテルゼから見たハナズゴール

    2008年からは北海道浦河町のイーストスタッドにて種牡馬となる。初年度産駒のハナズゴールが2012年のチューリップ賞を制し、産駒重賞初勝利を挙げた。オレハマッテルゼ フレッシュアイペディアより)

  • オレハマッテルゼ

    オレハマッテルゼから見た嵐を呼ぶ男

    馬主の小田切はやはり石原裕次郎主演映画から「アラシヲヨブオトコ(嵐を呼ぶ男)」という馬名を同期の別の馬に命名しようとしたが、去勢されて「男」ではなくなったため、急遽「オカシナヤツ」に変更した。その後小田切は、マンハッタンカフェ産駒(2006年生まれ)の別の馬に「アラシヲヨブオトコ」と命名した。オレハマッテルゼ フレッシュアイペディアより)

  • オレハマッテルゼ

    オレハマッテルゼから見たエアグルーヴ

    山元トレセンの火災事故で亡くなったエガオヲミセテは全姉、祖母に優駿牝馬優勝馬ダイナカール、叔母に天皇賞(秋)、優駿牝馬優勝馬の名牝エアグルーヴ、いとこにエリザベス女王杯2勝のアドマイヤグルーヴがいるなど社台グループゆかりの血統を持つ。オレハマッテルゼ フレッシュアイペディアより)

  • オレハマッテルゼ

    オレハマッテルゼから見た第41回スプリンターズステークス

    夏の間は休養し、セントウルステークスから始動。鞍上に武豊を迎えてのレースだったが11着に敗れる。続いて第41回スプリンターズステークスに出走。鞍上は2度目の騎乗となる蛯名正義騎手に乗り替わってのレースとなったが14着に大敗した。次走は富士ステークスに出走。スタートから逃げる形で直線を迎えるものの、粘りきれず9着に敗れた。結局このレースが最後となり、11月12日に引退が発表され、11月14日付でJRA競走馬登録を抹消されることになった。オレハマッテルゼ フレッシュアイペディアより)

  • オレハマッテルゼ

    オレハマッテルゼから見た中京競馬場

    2003年5月25日の3歳未勝利戦(中京芝2000m)でデビュー。岩田康誠を背に2番人気に推されたものの、13頭中11着に敗れる。4戦目となる7月19日の未勝利戦(小倉芝2000m)で、武豊を背に初白星を挙げた。オレハマッテルゼ フレッシュアイペディアより)

  • オレハマッテルゼ

    オレハマッテルゼから見た阪急杯

    2006年の東京新聞杯で、京王杯スプリングカップなどで騎乗した柴田善臣とのコンビが復活する。しかし東京新聞杯は2着、次の阪急杯は3着と勝ち切れない結果が続いた。そこで「距離が短い方がいい」と考えた柴田は、1200mの高松宮記念への出走を進言、これが馬主の意図とも一致したため出走が決定し、そして見事に勝利を収めた。同馬のGI勝ちは、調教師の音無秀孝にとって初、馬主の小田切有一にとっては21年ぶり、騎手の柴田にとっては6年ぶりのGI勝ちであり、陣営にとっては格別の勝利となった。オレハマッテルゼ フレッシュアイペディアより)

46件中 31 - 40件表示

「オレハマッテルゼ」のニューストピックワード