オンブズマン ニュース&Wiki etc.

オンブズマン( 原義は「代理人」、)とは、行政機関を外部から監視し、行政機関による国民の権利・利益の侵害に対する調査及び救済の勧告を図る公職。行政機関を監視する公的オンブズマンを指す。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「オンブズマン」のつながり調べ

  • スタート!

    スタート!から見た市民オンブズマン

    「障碍者の将来を考える会」の弁護士。『災厄の季節』が精神障碍者を不当に扱っていると抗議、修正を求めて撮影現場に乗り込んでくる。40代前半で押し出しは強そうだが、強欲そうな目と厚い唇が下卑た印象を放っている。弁護士というより欲深な商売人といった風采。東京弁護士会会長候補、市民オンブズマン代表補佐、消費者問題研究会幹事、クレサラ問題対策委員などの肩書が9つほども並ぶ自己顕示欲の塊のような名刺を出してくる。昨今、法律の改正で借金整理だけでは食べられなくなったため、カネの臭いがするところならどこへでも鼻を突っ込んでくると専らの噂。(スタート! フレッシュアイペディアより)

  • 仙台市地下鉄東西線

    仙台市地下鉄東西線から見たオンブズマン

    仙台市民オンブズマンは東西線建設の差し止めを求めて訴訟を起こした。裁判の中では、費用対効果や需要予測が争点となった。仙台市は事業計画当初、費用便益比(費用便益分析)を2.63としていたが、予測が過大であると国土交通省から指摘を受け、数値を1.62に修正して事業認可を受けた。しかしこの数値は国が鉄道を建設する際に比較検討するために用いるマニュアルを仙台市が改変して算出したもので、マニュアル通りだと算出される数値は1.09であった。一審の仙台地方裁判所は判決でオンブズマンの訴えを棄却したが、東西線事業の費用便益比は1.09だと認めた。オンブズマンは判決を不服として控訴した。(仙台市地下鉄東西線 フレッシュアイペディアより)

「オンブズマン」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「オンブズマン」のニューストピックワード