前へ 1 2 3 4 5 6
59件中 1 - 10件表示
  • 沢山保太郎

    沢山保太郎から見たオンブズマンオンブズマン

    オンブズマン町長」と自称しつつ、情報開示に応じない。沢山保太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 子どもの権利運動

    子どもの権利運動から見たオンブズマンオンブズマン

    いくつかの国では、子どもの権利について、行政監察官(オンブズマン)の組織を作っている。有名であるのはスウェーデン、フィンランド、ウクライナであり、子どもたちをその地位につけた最初の国である。ウクライナでは2005年末に、Ivan Cherevko とJulia Kruk が、子どもの権利の最初の行政監察官(オンブズマン)になった。子どもの権利運動 フレッシュアイペディアより)

  • 服部寛一郎

    服部寛一郎から見たオンブズマンオンブズマン

    服部は、全国市民オンブズマン連絡会議の静岡県内における中心人物として活動しているが、服部やその後継者の松谷清らによる、議員としての政治活動を行いながら市民オンブズマン活動を行うという静岡県の市民オンブズマンの活動手法は、行政と一線を画して活動する一般的な市民オンブズマンの活動とは異質である。服部寛一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 夙川公園

    夙川公園から見たオンブズマンオンブズマン

    市道拡張と立体交差化による県道の踏切渋滞解消を目的とした都市計画変更が立案されたが、このうち阪急甲陽線の苦楽園口駅から甲陽園駅にかけての区間を道路の地下へ移設するためトンネルを露天掘りするにあたって、当初計画では夙川公園の樹木を数百本(周辺を含め多ければ1,000本)近くの伐採をともなうものであった。この計画に対して地域住民からの反対意見が多くあったことから計画を変更したため、公園の樹木は守られることになったが、地域住民で組織するオンブズマンなどは、変更案についても引き続き別の観点から憂慮を表明している。夙川公園 フレッシュアイペディアより)

  • 全国市民オンブズマン連絡会議

    全国市民オンブズマン連絡会議から見たオンブズマンオンブズマン

    全国市民オンブズマン連絡会議(ぜんこくしみんオンブズマンれんらくかいぎ)は、日本全国に85あるオンブズマン会議から成り立っている組織。国・地方公共団体等にかかわる不正・不当な行為を監視・是正することを目的とする市民オンブズマンの情報交換・経験交流や共同研究等を行う。結成は1994年。全国市民オンブズマン連絡会議 フレッシュアイペディアより)

  • 坂本俊彦

    坂本俊彦から見たオンブズマンオンブズマン

    2006年2月に行われた行政視察の際、当時玉造町長だった坂本が、宴会に呼んだコンパニオンに抱きつくなどの行為をしていたことが、「市民オンブズマンいばらき」(石川克子事務局長)の調査で分かった。坂本はこれに対し「身に覚えがない」と否定した。坂本俊彦 フレッシュアイペディアより)

  • ヤン・ギィユー

    ヤン・ギィユーから見たオンブズマンオンブズマン

    スウェーデン・プレスの公的オンブズマンのイルサ・ステニウス(Yrsa Stenius)は後に『エクスプレッセン』紙が行った事実の表現手法は無責任ジャーナリズムの一例であると結論付けた。彼女によると『エクスプレッセン』紙は、これがギィユーの名声に「重大な」ダメージを与えるにも関わらず何の解説もなく一面に「ヤン・ギィユー。ソ連の秘密エージェント(だった)」と決めつけた1。ステニウスの出した結論は議論を呼び起こし、数多くの新聞の論説委員が彼女の辞職を求めた。ヤン・ギィユー フレッシュアイペディアより)

  • レイノ・クースコスキ

    レイノ・クースコスキから見たオンブズマンオンブズマン

    ロイマー生まれ。1953年11月17日から翌年5月5日にかけ、同国第37政権で法務大臣を、さらに1958年4月26日から8月29日まで第43政権の首相を務めた。この閣僚経験はいずれも暫定政府時代のことであった。また、最高行政裁判所長官や第7代議会オンブズマンも務め、フィンランドの都市法制において中心的役割を果たした。レイノ・クースコスキ フレッシュアイペディアより)

  • 枢密院 (タイ)

    枢密院 (タイ)から見たオンブズマンオンブズマン

    顧問官は党派に属してはならず、従って人民代表院、元老院、選挙管理委員会、オンブズマン、タイ国家人権委員会委員、憲法裁判所判事、行政裁判所判事、全国反汚職委員会委員、国家会計検査委員会委員、永続的な地位や永続的な俸給を得る公務員、国営企業の従業員、その他の国務に従事する者や政党の党員であってはならず、いかなる政党の利益も求めてはならない。枢密院 (タイ) フレッシュアイペディアより)

  • エンパワーメント

    エンパワーメントから見た市民オンブズマンオンブズマン

    市民参加のあり方が問われる地方自治などの分野において、市民の地域に対する関心や主体的な関わりを構築していく上で重要視されている概念のひとつともなっている。また、エンパワーメントの基盤となる公平な社会という理念は、市民オンブズマン制度や行政アセスメント制度などの確立する上で理論的支柱となった。エンパワーメント フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
59件中 1 - 10件表示

「オンブズマン」のニューストピックワード