前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
89件中 1 - 10件表示
  • 政務活動費

    政務活動費から見たオンブズマンオンブズマン

    政務活動費の詳細は、各自治体の条例により定められている。議会の会派又は議員に対して支給される。交付額や交付方法については、自治体により異なるが、共通している正当な支出は議員活動の範囲に関係する書籍等の購入費用(例:公害問題)、民間主催の議員研修会に参加するための費用、先進地視察の諸費用(例:ゴミ処理問題)、事務所経費などで、議員活動とは関係ない支出(私的な行為など)は法令違反となるが、見過ごされている例もあり、オンブズマンなどが度々告発している。政務活動費 フレッシュアイペディアより)

  • ビジャ・クレスポ

    ビジャ・クレスポから見たオンブズマンオンブズマン

    ブエノスアイレスでもっとも華やかなパレルモ地区のすぐ南西にあり、ビジャ・クレスポ地区は「パレルモ・クイーンズ」と呼ばれることがあるが、この正式な地区名称とは異なる屋号が、地区協会とブエノスアイレスのオンブズマンの歴史研究所の反発を引き起こした。紛らわしい広告の発行を認可されていた14の不動産業者に対して、消費者競争法と公正取引法違反、さらに地区境界法や観光者保護法違反だとして決議2549/07が発せられた。パレルモ地区はより高価な地区とされているため、パレルモ地区の一部であるかのような名称を用いることで、例えば、より高額の賃料を請求することが許されると考えられていた。ビジャ・クレスポ フレッシュアイペディアより)

  • 納税者権利憲章

    納税者権利憲章から見たオンブズマンオンブズマン

    不服の場合「連邦オンブズマンに不服を申し立てる権利がある」。納税者権利憲章 フレッシュアイペディアより)

  • 伊丹市男女共同参画施策市民オンブード

    伊丹市男女共同参画施策市民オンブードから見たオンブズマンオンブズマン

    「オンブード」という言葉は「監視役」の意味で、スウェーデン語では「オンブズマン」だが、男性名詞のため、ノルウェー語(中性名詞)を用いている。伊丹市男女共同参画施策市民オンブード フレッシュアイペディアより)

  • 欧州オンブズマン

    欧州オンブズマンから見たオンブズマンオンブズマン

    欧州オンブズマンは欧州連合条約によって設置された役職であり、1995年には欧州議会がフィンランド出身のヤコブ・ソーデルマンを初代オンブズマンに選出した。2003年4月1日からはギリシャのニキフォロス・ディアマンドゥロスが務めている。欧州オンブズマン フレッシュアイペディアより)

  • 岐阜県庁裏金問題

    岐阜県庁裏金問題から見たオンブズマンオンブズマン

    日本において裏金を作ることは以前は珍しいことではなかった。中央官庁・警察・地方自治体・教育委員会等において、情報公開条例の制定をきっかけとして、各地で裏金の存在が明らかとなった。特に1995年に官官接待やカラ出張が各地で問題となり、全国的にこの問題が明るみに出た。1998年8月に全国市民オンブズマン連絡会議が実施した調査では、自主調査を行った28都道府県のうち25都道府県で計436億6308万円の不正支出があったと報告した。なお、岐阜県は「裏金問題は調査せず」と回答していた。岐阜県庁裏金問題 フレッシュアイペディアより)

  • 多田羅譲治

    多田羅譲治から見た市民オンブズマンオンブズマン

    1983年 坂出市で、市民オンブズマン参加型市政を目指す「横丁通信」活動を開始。多田羅譲治 フレッシュアイペディアより)

  • 目黒ショック

    目黒ショックから見たオンブズマンオンブズマン

    2006年12月頃、大多数の区議が政務調査費を不正に使用もしくは私的流用をしているとオンブズマンが主張したことにはじまった政治混乱。目黒ショック フレッシュアイペディアより)

  • 子どもの権利運動

    子どもの権利運動から見たオンブズマンオンブズマン

    いくつかの国では、子どもの権利について、行政監察官(オンブズマン)の組織を作っている。有名であるのはスウェーデン、フィンランド、ウクライナであり、子どもたちをその地位につけた最初の国である。ウクライナでは2005年末に、Ivan Cherevko とJulia Kruk が、子どもの権利の最初の行政監察官(オンブズマン)になった。子どもの権利運動 フレッシュアイペディアより)

  • レイノ・クースコスキ

    レイノ・クースコスキから見たオンブズマンオンブズマン

    ロイマー生まれ。1953年11月17日から翌年5月5日にかけ、同国第37政権で法務大臣を、さらに1958年4月26日から8月29日まで第43政権の首相を務めた。この閣僚経験はいずれも暫定政府時代のことであった。また、最高行政裁判所長官や第7代議会オンブズマンも務め、フィンランドの都市法制において中心的役割を果たした。レイノ・クースコスキ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
89件中 1 - 10件表示

「オンブズマン」のニューストピックワード