89件中 11 - 20件表示
  • 枢密院 (タイ)

    枢密院 (タイ)から見たオンブズマンオンブズマン

    顧問官は党派に属してはならず、従って人民代表院、元老院、選挙管理委員会、オンブズマン、タイ国家人権委員会委員、憲法裁判所判事、行政裁判所判事、全国反汚職委員会委員、国家会計検査委員会委員、永続的な地位や永続的な俸給を得る公務員、国営企業の従業員、その他の国務に従事する者や政党の党員であってはならず、いかなる政党の利益も求めてはならない。枢密院 (タイ) フレッシュアイペディアより)

  • スタート!

    スタート!から見た市民オンブズマンオンブズマン

    「障碍者の将来を考える会」の弁護士。『災厄の季節』が精神障碍者を不当に扱っていると抗議、修正を求めて撮影現場に乗り込んでくる。40代前半で押し出しは強そうだが、強欲そうな目と厚い唇が下卑た印象を放っている。弁護士というより欲深な商売人といった風采。東京弁護士会会長候補、市民オンブズマン代表補佐、消費者問題研究会幹事、クレサラ問題対策委員などの肩書が9つほども並ぶ自己顕示欲の塊のような名刺を出してくる。昨今、法律の改正で借金整理だけでは食べられなくなったため、カネの臭いがするところならどこへでも鼻を突っ込んでくると専らの噂。スタート! フレッシュアイペディアより)

  • オンブズパーソン制度

    オンブズパーソン制度から見たオンブズマンオンブズマン

    オンブズパーソン制度 フレッシュアイペディアより)

  • ジークフリート・バルト

    ジークフリート・バルトから見たオンブズマンオンブズマン

    バルトは自身に対して申し立てられた訴因について無罪を立証するためにドイツ軍人にとり最高位の裁判所である(Wehrdienstsenat des Bundesdisziplinarhof)にこの案件を持ち込まなければならなかった。ミュンヘンの裁判所は12月20日にバルトの異議申し立てを審議し、ヨーゼフ・カムフーバー、マルティン・ハルリンクハウゼン、ヴェルナー・パニツキ、ヴェルナー・シュトライプの各将官とヴァルター・クルピンスキー、ヴァルター・グラーゼマン両中佐を参考人として召喚したが、裁判の前に連邦国防大臣は国務長官(Volkmar Hopf)を通じて参考人に証言する権利を与えることはできないと知らせた。バルト解任でのシュトラウスの処置は誤りであると判断され、バルトは元の地位に復帰した。しかし、ストラウスは軍事オンブズマンのヘルムート・ハイエから決定を受け入れるように強いられるまでこれを無視した。ジークフリート・バルト フレッシュアイペディアより)

  • 高橋清 (川崎市長)

    高橋清 (川崎市長)から見たオンブズマンオンブズマン

    1989年10月、伊藤市長が任期途中で病気辞任したため、社会党、共産党、社民連の推薦を受けて11月19日に実施された川崎市長選挙に出馬。民社党・進歩党の推薦、自民党の支持を受けた永井英慈を破り初当選を果たした。1990年には、1988年に発覚したリクルート事件の反省をもとに、全国初の市民オンブズマン条例を制定、1996年5月公務員採用の国籍条項を撤廃。また川崎市には戦前から、臨海部の工業地域を中心に在日韓国・朝鮮人が多く、市政への参政権を有さない永住者の意見を市政に反映させる方策が検討され、高橋は外国人市民代表者会議を設置した。また増加するゴミ問題に対応するため、1995年からJR貨物の協力を得て市内でのゴミ輸送列車の運行を開始。1997年には「資源物回収の日」を週1日設定して1969年以来の「日曜・祝日以外の毎日収集」を事実上撤回した。高橋清 (川崎市長) フレッシュアイペディアより)

  • 沢山保太郎

    沢山保太郎から見たオンブズマンオンブズマン

    町外メンバーで構成される「市民オンブズマン高知」と連携し、「東洋町サポーターズ・クラブ」組織立ち上げを行う。沢山保太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 仁比聡平

    仁比聡平から見たオンブズマンオンブズマン

    仁比 聡平(にひ そうへい、1963年10月16日 - )は、日本の政治家・弁護士。日本共産党所属の参議院議員(2期)。福岡県弁護士会所属、北九州第一法律事務所所属、自由法曹団員。「市民オンブズマン北九州」事務局長。仁比聡平 フレッシュアイペディアより)

  • つくば市役所

    つくば市役所から見たオンブズマンオンブズマン

    かつては、つくば市・旧茎崎町内の水道事業を担っていた筑南水道企業団の庁舎であった。同団が解散しつくば市水道部に業務が移管されるに伴い、庁舎も市役所の一部となった。上下水道部(業務課、水道工務課、水道総務課、下水道管理課、下水道整備課)、消防本部(地域消防課)、市長公室(オンブズマン室)つくば市役所 フレッシュアイペディアより)

  • インフラツーリズム

    インフラツーリズムから見たオンブズマンオンブズマン

    また派生として、予算の無駄遣いや欠陥工事あるいは環境破壊を伴ったものを「ダークインフラ」と呼ぶオンブズマンや環境保護団体が、自ら行う調査をダークツーリズムになぞらえ「ダークインフラツーリズム」と形容している。世界遺産に追加登録された熊野古道の二河峠付近での工事で、行政監督する那智勝浦町が文化財指定箇所を誤って伝えたため古道の一部を損壊し、応急処置として簡易階段を設置したが急勾配で滑りやすく改善が望まれた。この杜撰な破壊と対処を発見・告発したのはダークインフラツーリズムによるものとされる。インフラツーリズム フレッシュアイペディアより)

  • 清水勉

    清水勉から見たオンブズマンオンブズマン

    清水 勉(しみずつとむ、1953年10月6日 - )は、埼玉県生まれの日本の弁護士。東京弁護士会所属。東京市民オンブズマン、「明るい警察を実現する全国ネットワーク」代表。東北大学法学部卒業。清水勉 フレッシュアイペディアより)

89件中 11 - 20件表示

「オンブズマン」のニューストピックワード