59件中 41 - 50件表示
  • 高橋清 (川崎市長)

    高橋清 (川崎市長)から見たオンブズマンオンブズマン

    1989年10月、伊藤市長が任期途中で病気辞任したため、社会党、共産党、社民連の推薦を受けて11月19日に実施された川崎市長選挙に出馬。民社党・進歩党の推薦、自民党の支持を受けた永井英慈を破り初当選を果たした。1990年には全国初の市民オンブズマン条例を制定、1996年5月公務員採用の国籍条項を撤廃。また川崎市には戦前から、臨海部の工業地域を中心に在日韓国・朝鮮人が多く、市政への参政権を有さない永住者の意見を市政に反映させる方策が検討され、高橋は外国人市民代表者会議を設置した。また増加するゴミ問題に対応するため、1995年からJR貨物の協力を得て市内でのゴミ輸送列車の運行を開始。1997年には「資源物回収の日」を週1日設定して1969年以来の「日曜・祝日以外の毎日収集」を事実上撤回した。高橋清 (川崎市長) フレッシュアイペディアより)

  • マーストリヒト条約

    マーストリヒト条約から見たオンブズマンオンブズマン

    またマーストリヒト条約ではオンブズマン制度を新設した。マーストリヒト条約 フレッシュアイペディアより)

  • 公安調査庁

    公安調査庁から見たオンブズマンオンブズマン

    一部の労働組合や労働争議支援団体、反戦運動・反基地運動、反核運動、原発反対運動、市民オンブズマンなど行政監視グループ、部落解放・女性解放など人権擁護運動(アムネスティ・インターナショナル、自由法曹団、日本国民救援会、青年法律家協会等)、消費者団体(生活協同組合や産地直送運動・環境保護団体)、言論団体(日本ペンクラブ、日本ジャーナリスト会議等)などについても情報収集を行っているとされ、これらの団体から「調査・監視対象化は不当」と非難されている。公安調査庁 フレッシュアイペディアより)

  • バレンシア州

    バレンシア州から見たオンブズマンオンブズマン

    ジェネラリタは、バレンシア議会が創設した機関を統合することもできる。議会は、オンブズマン、公会計検査事務局、バレンシア文化会議、バレンシア言語アカデミー、司法顧問会議及び社会経済委員会の創設を承認した。バレンシア州 フレッシュアイペディアより)

  • ニューヨーク・タイムズ

    ニューヨーク・タイムズから見たオンブズマンオンブズマン

    5月30日には社外審査役(オンブズマン)による、過去の記事の検証と誤りを指摘する記事を掲載した。 同年10月3日には、イラクの核疑惑に関する特集記事を掲載し、その中で米政府の組織的な情報操作があったことを指摘し、ブッシュ政権の責任を厳しく追及した。ニューヨーク・タイムズ フレッシュアイペディアより)

  • ジャーナリスト

    ジャーナリストから見たオンブズマンオンブズマン

    欧米諸国では大学ないし大学院におけるジャーナリズム教育も盛んに行われており、オンブズマン制度が浸透しており、政府機関が記者会見に参加するための記者証を発行の基準が存在している。フリーのジャーナリストは新聞社、テレビ局、(まれに専門出版社)でジャーナリズムの実務経験を積んだ後で転身するケースがほとんどである。ジャーナリスト フレッシュアイペディアより)

  • 川崎市

    川崎市から見たオンブズマンオンブズマン

    1990年(平成2年) - 市民オンブズマン制度が発足。川崎市 フレッシュアイペディアより)

  • 神田真秋

    神田真秋から見たオンブズマンオンブズマン

    愛知県知事選では初当選時より与野党相乗り候補であった。1999年2月初当選。以後2011年2月まで3期務める。1期目には、公文書公開条例の改正などの改革を手がけ、それまでオンブズマンによる都道府県情報公開ランキング最下位であったものをランキング5位にまで押し上げた。神田真秋 フレッシュアイペディアより)

  • ウラジーミル・ルキン

    ウラジーミル・ルキンから見たオンブズマンオンブズマン

    ロシア連邦議会下院国家会議副議長、下院国際問題委員会議長などを歴任。現在はロシア連邦人権委員会代表としてオンブズマン活動の傍ら、国家安全保障問題に関する独立系組織であるロシア外交国防政策評議会の会員を務めている。ウラジーミル・ルキン フレッシュアイペディアより)

  • 北海道警裏金事件

    北海道警裏金事件から見た市民オンブズマンオンブズマン

    主に裏金作りをしていたのは本部の次席や管理官、署では次長又は副署長が担当していたが、自らも裏金を受け取っていた。2003年11月28日には、時の警察本部長・芦刈勝治警視監(07年2月警察庁辞職)が定例会見で「不正経理の事実はない」と否定した。高橋はるみ道知事はこれを受けて「疑惑を否定した道警本部長の発言は重い」と疑惑を否定する道警を支持するコメントを発表し、道としてこれ以上の真実追及は行わずに幕引きを計ろうとした。この高橋知事の方針は各種メディアや道民から強い批判を受け、後に市民オンブズマンが中心となり追求が行われ、道議会でもこの件が取り上げられるようになり、年が明けた2004年にようやく高橋知事や道警本部長が重い腰をあげ、内部調査に着手した。また北海道新聞が2003年から特集を組んで追及を開始している。北海道警裏金事件 フレッシュアイペディアより)

59件中 41 - 50件表示

「オンブズマン」のニューストピックワード