前へ 1 2 3 4 5
47件中 1 - 10件表示
  • オンブズマン

    オンブズマンから見た宅八郎

    1人で「市民オンブズマン」を名乗って活動する「自称オンブズマン」が増えているという現状もある。宅八郎は2007年4月22日投票の渋谷区長選挙に『オンブズマン渋谷行革110番』公認で立候補し、落選したが、各種オンブズマン団体とは無縁である。オンブズマン フレッシュアイペディアより)

  • オンブズマン

    オンブズマンから見た内閣

    議会オンブズマンの制度は1809年に成立したが、現在は1975年制定の統治法典に基づき設置されている。議会により任命され、任期は4年間で再任できる。正オンブズマン4人と副オンブズマン2人、他に事務局のスタッフがいる。オンブズマンの監視対象は裁判所及び行政機関と公務員であるが、内閣と大臣は対象となっていない。オンブズマンは勧告に従わなかった行政機関または公務員を起訴する権限を有している。オンブズマン フレッシュアイペディアより)

  • オンブズマン

    オンブズマンから見た川崎市

    一部の地方自治体では、条例等を定め『オンブズマン制度』を設けている事例もある。公的オンブズマンが日本で初めてできたのは1990年7月11日に川崎市市民オンブズマン条例を制定した川崎市である。オンブズマン フレッシュアイペディアより)

  • オンブズマン

    オンブズマンから見たクーデター

    オンブズマン制度の起源については、スウェーデン王国で1809年に制定された統治法典(en)によるとするのが一般的。当時の国王グスタフ4世アドルフをクーデターによって追放した後、議会制度と共に発足した。これは行政府が強い独立性をもっていたため、議会が行政府を監視する手段として設けたとされる。このため、議会が設置するオンブズマンを古典的オンブズマンと呼ぶことがある。オンブズマン フレッシュアイペディアより)

  • オンブズマン

    オンブズマンから見た過激派

    更に、実際に過激派や左翼系団体関係者が隠れ蓑に使用しているケースや連携しているケース、暴力団や右翼団体が企業・団体への恐喝を行う際に「市民オンブズマン」を利用するケース、あるいは自ら「オンブズマン」を名乗って恐喝を行ったケースもある。オンブズマン フレッシュアイペディアより)

  • オンブズマン

    オンブズマンから見た総務省

    総務省行政評価局が国際オンブズマン協会 (I.O.I) の正会員となっており、行政相談委員、行政苦情救済推進会議と総務省が日本におけるオンブズマンの役割を担っているとされる。オンブズマン フレッシュアイペディアより)

  • オンブズマン

    オンブズマンから見た慶應義塾

    日本では学校法人慶應義塾に導入した例があるが、日本における「オンブズマン」の名称に対する印象が組織内オンブズマンの中立性の概念と反するとして、「慶應義塾ハラスメント防止委員会」の名称を採用した。オンブズマン フレッシュアイペディアより)

  • オンブズマン

    オンブズマンから見たセクシュアル・ハラスメント

    1970年代の北米地域で生まれた概念で、職場でのいじめ、セクシュアル・ハラスメント、不当行為などの相談を受け付ける窓口。経営者に雇用されるが、守秘義務を持ち、独立性、中立性をもって職務を遂行する。また、非公式性を持ち一方に有利な結論を目指すのではなく、経営者と従業員双方の利益を調整して問題解決を図る。しかし、正式な苦情処理機能を持たないため、必要に応じて正式な調査、裁判などの手段を提示する義務がある。IOA (international ombudsman association) では組織内オンブズマンについて、紛争処理戦略や個人間交渉などの研修を受けることを要求している。オンブズマン フレッシュアイペディアより)

  • オンブズマン

    オンブズマンから見た雇用

    1970年代の北米地域で生まれた概念で、職場でのいじめ、セクシュアル・ハラスメント、不当行為などの相談を受け付ける窓口。経営者に雇用されるが、守秘義務を持ち、独立性、中立性をもって職務を遂行する。また、非公式性を持ち一方に有利な結論を目指すのではなく、経営者と従業員双方の利益を調整して問題解決を図る。しかし、正式な苦情処理機能を持たないため、必要に応じて正式な調査、裁判などの手段を提示する義務がある。IOA (international ombudsman association) では組織内オンブズマンについて、紛争処理戦略や個人間交渉などの研修を受けることを要求している。オンブズマン フレッシュアイペディアより)

  • オンブズマン

    オンブズマンから見た全国市民オンブズマン連絡会議

    2008年6月現在、全国市民オンブズマン連絡会議に加盟している市民オンブズマン団体は85団体である。主に情報公開制度と住民監査請求・住民訴訟を用いて自治体等を追及している。1995-1996年に全国市民オンブズマン連絡会議が行った「官官接待・カラ出張」追及では、25都道府県で303億8722万円を返還させた(1998年7月調査)。また、2004年以降に全国市民オンブズマン連絡会議が行った「警察裏金追及」キャンペーンでは、7道県警で1,222,234,259円を返還させた(2007/12/21現在)。2007年以降、地方議会の政務調査費追及キャンペーンでは延べ34議会で7億9057万1423円の返還勧告を出させている(2008年7月3日現在)。このほか、左派系の影響が強い全国市民オンブズマン連絡会議とは一線を画すオンブズマン団体もある。オンブズマン フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
47件中 1 - 10件表示

「オンブズマン」のニューストピックワード