237件中 91 - 100件表示
  • フルムーン夫婦グリーンパス

    フルムーン夫婦グリーンパスから見たアンケートアンケート

    有効期間により、5日間用(80,500円)・7日間用(99,900円)・12日間用(124,400円)の3種類がある。夫婦のどちらかが70歳以上の場合は「フルムーンシルバー」となり、5,000円割引となる。また、購入時に付属するアンケートに回答すると、同じシーズンでもその次のシーズンでも使える5,000円安く購入できる割引証が交付されていたが、平成24年9月発行分から割引証の交付は廃止された。フルムーン夫婦グリーンパス フレッシュアイペディアより)

  • 東葉高速鉄道2000系電車

    東葉高速鉄道2000系電車から見たアンケートアンケート

    また、新車導入にあたっては、2003年(平成15年)3月に当時乗り入れ車両では最新車両の営団地下鉄05系12次車を対象としたアンケート調査を東葉高速鉄道の乗務員や検修員に実施した。東葉高速鉄道2000系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 日高常博

    日高常博から見たアンケートアンケート

    慶應義塾大学在籍中から、お笑い芸人の道を志すがTBSの居作昌果と出会い、テレビ番組の企画や制作を学ぶ一方で、業界初のテレビ番組初のホームページを立ち上げアンケート回収等も行い、またゲーム会社やレコード会社からWEB広告をとり、番組内で紹介して購入に結びつけるクロスメディアの先駆けを構築する。『ランク王国』時代には、進藤晶子、小倉弘子、広重玲子と3代にわたり担当。街頭インタビューでの独特の声が話題にあがる。日高常博 フレッシュアイペディアより)

  • 田中麗奈のSUNTORY MUSIC ARENA

    田中麗奈のSUNTORY MUSIC ARENAから見たアンケートアンケート

    2002年4月?2003年9月まで、週末の5分番組として放送された。恋愛に関するアンケートを募集し、その結果についてトークしていた。アンケートに回答した人の中から抽選でサントリー製品(スーパーチューハイ又はモルツ)がプレゼントされていた。田中麗奈のSUNTORY MUSIC ARENA フレッシュアイペディアより)

  • ボートマッチ

    ボートマッチから見たアンケートアンケート

    選挙に関するインターネット・サービス。立候補者や政党に対し、選挙で争点となりそうな政策や問題に関するアンケートを送付。提出された回答を基にデータベースを作成し、有権者が同じアンケートに回答する事で、有権者と立候補者、または有権者と政党との考え方の一致度を測定することができる(政党に関しては、ボートマッチを主催している団体が各党のマニフェストなどを分析し、それをデータベース化している場合もある。)。ボートマッチ フレッシュアイペディアより)

  • 横浜市交通局10000形電車

    横浜市交通局10000形電車から見たアンケートアンケート

    外観および内装デザインは「近未来都市横浜にふさわしいデザイン」をコンセプトに、車両メーカーの提案デザインから交通局内でアンケート調査により、投票多数のものに決定した。前面デザインは横浜市営地下鉄の車両とは一線を画すもので、全体的に黒を基調としたものとなっているが、ブルーラインの1000系より受け継がれている全面の「く」の字型は維持している。グリーンラインの各駅は基本的に島式ホーム構造のために乗務員室は右側配置とし、非常扉は左側配置とされた。前照灯はホームドアのある各駅でも列車の接近が分かりやすいよう、上部配置のHID式のものを採用した。横浜市交通局10000形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 社会調査

    社会調査から見たアンケートアンケート

    統計的社会調査を量的調査、事例的社会調査を質的調査と呼ぶことがある。ただし、質的調査とは、面談/面接調査(インタビュー)、内容分析 (content analysis, textual analysis)、会話分析、観察など多様な手法を指す概念であり、観察など調査と異なるものも含むため、社会調査の専門家の間では、調査という言葉で表すのは不適切とされている。また、調査票(または質問紙)を用いた社会調査をアンケートと呼ぶこともあるが、フランス語でenqueteは英語のinvestigationの意味、つまり、研究、探求、取り調べという意味である。以下の木村や佐藤郁哉の文献によれば、調査用語でアンケートとは、少数の専門家に意見をきくことであり、調査票を用いた調査のことではない。社会調査の結果は、世論や政策の形成に影響を与えることがあり、調査の妥当性確保のニーズは強い。2004年には日本社会学会などにより社会調査士資格制度が作られ、社会調査教育の改善が試みられている。社会調査 フレッシュアイペディアより)

  • ディスカバリー・ベイ

    ディスカバリー・ベイから見たアンケートアンケート

    2008年10月8日、ディスカバリー・ベイと香港島の中環(セントラル)を結ぶ唯一のフェリー会社であるHKRインターナショナル (SEHK: 0480)傘下のDBTPLは、最大64%もの値上げを発議した。そして住民から様々なケースを想定した16 - 64%の値上げの方式を提示して、アンケート形式で意見を募った。それは現状(当時)の本数を維持するなら64%の値上げ、本数を減らすのならば最大16%の値上げにとどめる、という内容だった。ただし住人は1週間で返答しなくてはならず、高い料金を受け入れるか、サービスの低下を受け入れるかを迫られた。当時片道はHK$27、50回の回数券だと1回につきHK$23.20であった。ディスカバリー・ベイ フレッシュアイペディアより)

  • 魔弾戦記リュウケンドー

    魔弾戦記リュウケンドーから見たアンケートアンケート

    本作品の企画がスタートしたのは2002年初頭頃。当時のタカラ(現タカラトミー)は、『トランスフォーマー』などのアニメと並ぶ男児玩具の柱となる企画を模索しており、アニメとの住み分けのため実写作品に参入したいという考えを持っていた。しかしタカラが最後に特撮キャラクター玩具に参入した『電光超人グリッドマン』の放映終了から10年以上も経っており、社内には既に特撮キャラクターをまとめ上げるノウハウが残っていなかった。そこで外部スタッフの力を借りようということになり、かつて同社がスポンサードしていた『魔神英雄伝ワタル』で映像と玩具の連動に成功例のあった広井王子に原作を依頼。タカラトミー、松竹、広井側三者による、キャラクター玩具への具体的落とし込みが終了してから番組制作が開始され、デザイン作業は2003年春頃から開始された。メインモチーフの「龍」や「鍵」、主人公ヒーローの色が青であることなどは、全て子供へのアンケートの結果から採用された。魔弾戦記リュウケンドー フレッシュアイペディアより)

  • 四国三大祭り

    四国三大祭りから見たアンケートアンケート

    マスメディアへの露出度から、阿波踊りとよさこい祭りは全国的な知名度が上がったが、新居浜太鼓祭りは「日本の祭り」や銀座への出張派遣をきっかけに徐々に全国に知られるようになっていった。また青年会議所が行った祭りの知名度に関するアンケートで、圧倒的な知名度の阿波踊り・よさこい祭りに次いで、大きくかけ離れるものの、三位に新居浜太鼓祭りが入ったことで、この三つを四国三大祭と呼ぶようになった。四国三大祭り フレッシュアイペディアより)

237件中 91 - 100件表示