56件中 31 - 40件表示
  • オーケストラ・アンサンブル金沢

    オーケストラ・アンサンブル金沢から見たピョートル・チャイコフスキー

    レパートリーはチャイコフスキーやシチェドリンなどのロシア物に始まり、ハイドンやモーツァルトの古典派音楽に軸足を置くが、ベートーヴェンやロマン派のブラームスもこの規模のオーケストラとは思えぬほど雄渾に演奏し、武満徹ら作曲家から毎年作品の提供を受けて現代の音楽にも挑戦し続けている。オーケストラ・アンサンブル金沢 フレッシュアイペディアより)

  • オーケストラ・アンサンブル金沢

    オーケストラ・アンサンブル金沢から見た望月京

    望月京(2011年 - 2012年)オーケストラ・アンサンブル金沢 フレッシュアイペディアより)

  • オーケストラ・アンサンブル金沢

    オーケストラ・アンサンブル金沢から見た金沢市

    オーケストラ・アンサンブル金沢(オーケストラアンサンブルかなざわ、Orchestra Ensemble Kanazawa)は、石川県金沢市に本拠を置く日本のオーケストラ。室内管弦楽団としては多目の団員三十数名を擁し、二管編成管弦楽曲を主なレパートリーとする。日本オーケストラ連盟正会員。オーケストラ・アンサンブル金沢 フレッシュアイペディアより)

  • オーケストラ・アンサンブル金沢

    オーケストラ・アンサンブル金沢から見た日本オーケストラ連盟

    オーケストラ・アンサンブル金沢(オーケストラアンサンブルかなざわ、Orchestra Ensemble Kanazawa)は、石川県金沢市に本拠を置く日本のオーケストラ。室内管弦楽団としては多目の団員三十数名を擁し、二管編成管弦楽曲を主なレパートリーとする。日本オーケストラ連盟正会員。オーケストラ・アンサンブル金沢 フレッシュアイペディアより)

  • オーケストラ・アンサンブル金沢

    オーケストラ・アンサンブル金沢から見たオーケストラ

    オーケストラ・アンサンブル金沢(オーケストラアンサンブルかなざわ、Orchestra Ensemble Kanazawa)は、石川県金沢市に本拠を置く日本のオーケストラ。室内管弦楽団としては多目の団員三十数名を擁し、二管編成管弦楽曲を主なレパートリーとする。日本オーケストラ連盟正会員。オーケストラ・アンサンブル金沢 フレッシュアイペディアより)

  • オーケストラ・アンサンブル金沢

    オーケストラ・アンサンブル金沢から見た石川県立音楽堂

    1988年石川県と金沢市が中心となり設立した財団法人石川県音楽文化振興事業団を運営母体とし、2001年からは石川県立音楽堂を本拠地とし、定期演奏会を行なっている。毎年作曲家に新曲を委嘱するコンポーザー・オブザイヤー制度を敷く。常設のプロフェッショナル室内管弦楽団としては日本で最初の存在。初代常任指揮者には音楽監督の岩城宏之の推挙により、天沼裕子が就任した。通称は「アンサンブル金沢」、略称は英語名"Orchestra Ensemble Kanazawa"の頭文字を取って「OEK」であるが、「アンカナ」と呼ぶ人もいる。オーケストラ・アンサンブル金沢 フレッシュアイペディアより)

  • オーケストラ・アンサンブル金沢

    オーケストラ・アンサンブル金沢から見たプロメテウスの創造物

    井上道義のモーツァルト、ベートーベン、フランスもの等、また金聖響で、ベートーヴェンの「交響曲第2番+第7番」、「交響曲第3番《英雄》+《コリオラン》序曲」、「交響曲第5番《運命》+《エグモント》序曲」を2004年までにリリースし、2006年には「交響曲第6番《田園》+《プロメテウスの創造物》序曲」をリリースした。また、2007年に、ブラームスの交響曲を全曲録音し、順次発売している。オーケストラ・アンサンブル金沢 フレッシュアイペディアより)

  • オーケストラ・アンサンブル金沢

    オーケストラ・アンサンブル金沢から見たアルバン・ベルク弦楽四重奏団

    名誉アーティスティック・アドヴァイザー : ギュンター・ピヒラー(アルバン・ベルク弦楽四重奏団。元ウィーン・フィルコンサートマスター)オーケストラ・アンサンブル金沢 フレッシュアイペディアより)

  • オーケストラ・アンサンブル金沢

    オーケストラ・アンサンブル金沢から見たコリオラン

    井上道義のモーツァルト、ベートーベン、フランスもの等、また金聖響で、ベートーヴェンの「交響曲第2番+第7番」、「交響曲第3番《英雄》+《コリオラン》序曲」、「交響曲第5番《運命》+《エグモント》序曲」を2004年までにリリースし、2006年には「交響曲第6番《田園》+《プロメテウスの創造物》序曲」をリリースした。また、2007年に、ブラームスの交響曲を全曲録音し、順次発売している。オーケストラ・アンサンブル金沢 フレッシュアイペディアより)

  • オーケストラ・アンサンブル金沢

    オーケストラ・アンサンブル金沢から見た交響曲第6番 (ベートーヴェン)

    井上道義のモーツァルト、ベートーベン、フランスもの等、また金聖響で、ベートーヴェンの「交響曲第2番+第7番」、「交響曲第3番《英雄》+《コリオラン》序曲」、「交響曲第5番《運命》+《エグモント》序曲」を2004年までにリリースし、2006年には「交響曲第6番《田園》+《プロメテウスの創造物》序曲」をリリースした。また、2007年に、ブラームスの交響曲を全曲録音し、順次発売している。オーケストラ・アンサンブル金沢 フレッシュアイペディアより)

56件中 31 - 40件表示

「オーケストラ・アンサンブル金沢」のニューストピックワード