12533件中 91 - 100件表示
  • 永野重雄

    永野重雄から見たオーストラリアオーストラリア

    日本経済の泣き所といわれる資源問題打開のため、日本財界の雄として国際的な民間経済外交に先鞭をつけた。「鉄は国家なり」と言われ、鉄鋼産業は戦後日本の復興と高度経済成長を支えた、"ものづくり立国日本"の象徴的な基幹産業であった。鉄鋼マンということが、永野の国際活動を広くすることに手伝った。日本の戦後復興には鉄を必要としたため、鉄鋼原料の長期安定輸入への道をつけることが最重要になった。1953年(昭和28年)ジュネーブで開かれた国際労働機関(ILO)総会に中山伊知郎一橋大学教授とともに日本代表として出席し、その帰りに中山と西村熊雄駐仏大使とともにパリ郊外のアパートにロベール・シューマンを訪ねる。ECの母体ともいわれるシューマンプラン誕生の経緯を聞き共鳴を受けた。アジア・太平洋地域でも欧州と同じような共同体が出来ないかと永野が提唱し、オーストラリア、ニュージーランド、米国の経済人に呼びかけて1968年(昭和43年)に発足したのが「太平洋経済委員会」(PBEC)である。これが「アジア太平洋」という概念が最初に打ち出された事例といわれ、後のAPEC誕生に繋がったといわれる。また、ウェルドン・B・ギブソンスタンフォード大学研究所専務理事は、「永野さんは日本の経済協力開発機構(OECD)加盟の推進者」と述べている。永野重雄 フレッシュアイペディアより)

  • マレーシア

    マレーシアから見たオーストラリアオーストラリア

    また、安全保障協定として、1971年にイギリス、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポールと五ヵ国防衛取極め (the Five Power Defence Arrangements) を締結しており、各国軍との連携を図っている。マレーシア フレッシュアイペディアより)

  • 2012年

    2012年から見たオーストラリアオーストラリア

    日本、中国東部、韓国、フィリピン、オーストラリア、ニュージーランド、西太平洋上、ハワイ、および北アメリカの一部で金星の太陽面通過観測。2012年 フレッシュアイペディアより)

  • ケンコー全裸系水泳部 ウミショー 夏!!本番

    ケンコー全裸系水泳部 ウミショー 夏!!本番から見たオーストラリアオーストラリア

    #04 2006年1月30日にオーストラリアのエド・ミンストンが出した長水路女子の50m平泳ぎの世界記録30秒31以内にビーチボールを膨らませる〈豊崎/×〉ケンコー全裸系水泳部 ウミショー 夏!!本番 フレッシュアイペディアより)

  • ジェイソン・ストルテンバーグ

    ジェイソン・ストルテンバーグから見たオーストラリアオーストラリア

    ジェイソン・ストルテンバーグ(Jason Stoltenberg, 1970年4月4日 - )は、オーストラリア・ニューサウスウェールズ州ナラブリ出身の元男子プロテニス選手。1996年のウィンブルドンで、男子シングルスのベスト4に入った選手である。自己最高ランキングはシングルス19位、ダブルス23位。ATPツアーでシングルス4勝、ダブルス5勝を挙げた。右利き、バックハンド・ストロークは片手打ち。ジェイソン・ストルテンバーグ フレッシュアイペディアより)

  • ニコラ・ピエトランジェリ

    ニコラ・ピエトランジェリから見たオーストラリアオーストラリア

    ニコラ・ピエトランジェリは1954年からデビスカップのイタリア代表選手となり、現役引退する1972年まで18年間その位置にあった。デ杯代表選手となった翌年、1955年の全仏選手権男子ダブルスで、ピエトランジェリはデ杯のチームメートであるオーランド・シロラ(1928年 - 1995年)と組んで初めての4大大会決勝進出を果たしたが、アメリカのビック・セイシャス&トニー・トラバート組に 1-6, 6-4, 2-6, 4-6 で敗れ、最初の挑戦では準優勝に終わっている。この年、デ杯のイタリア・チームは「ヨーロッパ・ゾーン」決勝でスウェーデンを倒したが、「インターゾーン」決勝でオーストラリア・チームに5戦全敗で敗れた。ピエトランジェリとシロラのペアは、1956年のウィンブルドン選手権でも男子ダブルス準優勝がある。1959年、ニコラ・ピエトランジェリは全仏選手権で男子シングルス・男子ダブルスの単複2冠を獲得し、テニス経歴の全盛期を迎えた。男子シングルス決勝では南アフリカのイアン・フェルマークに 3-6, 6-3, 6-4, 6-1 で勝ち、シロラとのダブルスではオーストラリアのロイ・エマーソン&ニール・フレーザー組を 6-3, 6-2, 14-12 で破って、4年ぶり2度目の決勝進出で初優勝を決めた。こうして、ピエトランジェリはイタリア人のテニス選手として最初の4大大会優勝者になり、イタリアの国民的英雄として尊敬を集めるようになった。ニコラ・ピエトランジェリ フレッシュアイペディアより)

  • トム・ブラウン (テニス選手)

    トム・ブラウン (テニス選手)から見たオーストラリアオーストラリア

    トム・ブラウンは1946年のウィンブルドン選手権で初めての海外遠征に赴き、この大会で男子ダブルス・混合ダブルスの2部門制覇を達成した。男子ダブルスではジャック・クレーマーとペアを組み、決勝でジェフ・ブラウン&ディニー・ペイルズ(ともにオーストラリア)を 6-4, 6-4, 6-2 のストレートで圧倒した。混合ダブルスのパートナーはルイーズ・ブラフで、決勝戦ではG・ブラウンとドロシー・バンディの組に 6-4, 6-4 のストレート勝ちを収めた。このウィンブルドンでは、男子ダブルスと混合ダブルスの2部門で“2人のブラウン”(アメリカのトム・ブラウンとオーストラリアのジェフ・ブラウン)が決勝対決を行い、2部門ともトムがジェフを退けたことになる。シングルスでは準決勝でイボン・ペトラ(フランス)に 6-4, 6-4, 3-6, 5-7, 6-8 の逆転負けを喫し、ここでは決勝進出を逃した。ブラウンはしばらくヨーロッパに残り、バッジ・パティー、マーガレット・オズボーン、ポーリーン・ベッツと4人の一行でスウェーデンを訪問し、国王グスタフ5世の招待でエキシビション・マッチを行った。それから全仏選手権にも初出場し、シングルスの第2シードとしてヤロスラフ・ドロブニー(当時チェコスロバキア国籍)との準決勝まで勝ち上がり、混合ダブルスでドロシー・バンディと組んで準優勝した。ブラウンとバンディは、決勝でパティーとベッツの組に 5-7, 7-9 で敗れた。終戦直後の時期は、全仏選手権は(現在とは異なり)ウィンブルドン選手権よりも後に開催されていた。トム・ブラウン (テニス選手) フレッシュアイペディアより)

  • ノーマン・ブルックス

    ノーマン・ブルックスから見たオーストラリアオーストラリア

    ノーマン・ブルックス(Norman Brookes, 1877年11月14日 - 1968年9月28日)は、オーストラリア・メルボルン出身の男子テニス選手。フルネームは Sir Norman Everard Brookes (サー・ノーマン・エベラード・ブルックス)という。20世紀初頭の時期、1900年代から1910年代にかけて活躍し、1907年のウィンブルドン選手権でイギリス人以外の選手として初の同選手権優勝者となった選手である。左利き。目を見張るようなテニス・スタイルから“The Wizard”(魔術師)というニックネームで呼ばれた。ノーマン・ブルックス フレッシュアイペディアより)

  • ポール・ブリッグス

    ポール・ブリッグスから見たオーストラリアオーストラリア

    ポール・ブリッグス(Paul Briggs、男性、1975年8月13日 - )は、ニュージーランド出身、オーストラリア国籍のプロボクサー、元キックボクサー。クライストチャーチ出身。元OPBF東洋太平洋ライトヘビー級王者。ポール・ブリッグス フレッシュアイペディアより)

  • 大村博美

    大村博美から見たオーストラリアオーストラリア

    フランス、イタリア、スペイン、オーストリア、イギリス、ドイツ、スペイン、ポーランド、フィンランド、スイス、カナダ、オーストラリア、イスラエル、マレーシアなどで活動。大村博美 フレッシュアイペディアより)

12533件中 91 - 100件表示

「オーストラリア」のニューストピックワード