9394件中 91 - 100件表示
  • 2007年のスポーツ

    2007年のスポーツから見たオーストラリアオーストラリア

    男子決勝 : 中国 9-2 オーストラリア2007年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • Web Directions East

    Web Directions Eastから見たオーストラリアオーストラリア

    Web Directions East(ウェブ・ディレクションズ・イースト)は、2004年にオーストラリアから開催された世界的に有名なウェブカンファレンス。日本では2008年11月に初開催され、2009年も11月の開催が決定している。Web Directions East フレッシュアイペディアより)

  • エディ・マッグーティ

    エディ・マッグーティから見たオーストラリアオーストラリア

    エディ・マッグーティ(Eddie McGoorty、1889年7月31日 - 1929年11月2日)は、アメリカ合衆国ウィスコンシン州出身の元プロボクサー。元オーストラリア公認世界ミドル級チャンピオン。エディ・マッグーティ フレッシュアイペディアより)

  • ビビアン・マグラス

    ビビアン・マグラスから見たオーストラリアオーストラリア

    ビビアン・マグラス(Vivian McGrath, 1916年2月17日 - 1978年4月9日)は、オーストラリア・ニューサウスウェールズ州マジー出身の男子テニス選手。1930年代にオーストラリアを代表する選手の1人として活躍し、1937年の全豪選手権男子シングルス優勝者になった。彼は地元の全豪選手権だけでなく、全仏選手権でも男子ダブルス3年連続準優勝の成績がある。マグラスは「両手打ちバックハンド・ストローク」を世界に紹介した選手としても知られる。フルネームは Vivian Erzerum Bede McGrath (ビビアン・アーゼルム・ビード・マグラス)という。愛称の「ビブ・マグラス」(Viv McGrath)でテニス文献や優勝記録表などに記載されることも多い。右利きの選手。ビビアン・マグラス フレッシュアイペディアより)

  • ヨラ・ラミレス

    ヨラ・ラミレスから見たオーストラリアオーストラリア

    ラミレスは1957年から1959年まで、全仏選手権の女子ダブルスで同じメキシコ出身のロージー・レイズ(後にピエール・ダーモンの夫人となる)とペアを組んで3年連続決勝進出を果たした。初進出の1957年は、2人はシャーリー・ブルーマー(イギリス)&ダーリーン・ハード(アメリカ)組に敗れたが、1958年の決勝でオーストラリアペアのテルマ・コイン・ロング&メアリー・ベヴィス・ホートン組を 6-4, 7-5 で破り、初優勝を飾った。これはメキシコのテニス選手が獲得した最初のグランドスラム・タイトルである。相手ペアの1人、テルマ・コイン・ロングは全豪選手権女子ダブルス「12勝」を達成した大ベテランで、この時はすでに40歳近くになっていた。1959年の全仏選手権では、ラミレスはレイズとの女子ダブルスに加えて、ビリー・ナイト(イギリス)と組んだ混合ダブルスでも決勝に進出した。女子ダブルス決勝では南アフリカペアのサンドラ・レイノルズ&レネ・シュールマン組に敗れ、ラミレス&レイズ組の全仏女子ダブルス決勝成績は1勝2敗となる。混合ダブルスでは、ラミレスとナイトはシュールマン&ロッド・レーバー組を 6-4, 6-4 で破って優勝した。この後、ラミレスはウィンブルドン選手権4回戦で、全仏選手権の女子シングルス優勝者クリスティン・トルーマンを破る勝利を挙げ、4大大会シングルスで初めての好成績を出した。ヨラ・ラミレス フレッシュアイペディアより)

  • ボブ・ファルケンバーグ

    ボブ・ファルケンバーグから見たオーストラリアオーストラリア

    1945年に第2次世界大戦が終結し、全豪選手権や全仏選手権、ウィンブルドン選手権などのテニス競技大会は1946年から開催が再開された。終戦の翌年、ファルケンバーグは全米選手権の男子シングルスで自己最高のベスト4に進んだが、この準決勝ではジャック・クレーマーに 0-6, 4-6, 4-6 で完敗した。1947年のウィンブルドン選手権で、ファルケンバーグとクレーマーは男子ダブルスのペアを組み、決勝でトニー・モットラム(イギリス)&ビル・シッドウェル(オーストラリア)組を 8-6, 6-3, 6-3 で破って優勝した。ファルケンバーグにとっては、これは1944年全米選手権以来2つ目の4大大会男子ダブルス優勝となった。クレーマーの著書『ゲーム?テニスにおけるわが40年』(The Game: My 40 Years in Tennis)によれば、ファルケンバーグは試合前にクレーマーから「ボビー、この試合に勝つには混合ダブルスの戦い方をするんだ。君が男性、僕が女性のようなプレーをする」と指示されたという。ボブ・ファルケンバーグ フレッシュアイペディアより)

  • ハリー・ホップマン

    ハリー・ホップマンから見たオーストラリアオーストラリア

    ハリー・ホップマン(Harry Hopman, 1906年8月12日 - 1985年12月27日)は、オーストラリア・ニューサウスウェールズ州シドニー市出身の男子テニス選手。フルネームは Henry Christian Hopman (ヘンリー・クリスティアン・ホップマン)というが、「ハリー・ホップマン」の名前で最もよく知られる。現役選手時代は優れたダブルス選手として知られ、4大大会で男子ダブルス2勝・混合ダブルス5勝を挙げ、とりわけ妻のネル・ホール・ホップマン(1909年 - 1968年)との混合ダブルスで強さを発揮したが、シングルスでは全豪選手権で3年連続の準優勝に終わった。ハリー・ホップマン フレッシュアイペディアより)

  • チャック・マッキンリー

    チャック・マッキンリーから見たオーストラリアオーストラリア

    チャック・マッキンリー(Chuck McKinley, 1941年1月5日 - 1986年8月10日)は、アメリカ・ミズーリ州セントルイス出身の男子テニス選手。1963年のウィンブルドン選手権男子シングルス優勝者で、全米選手権の男子ダブルスでも3勝を挙げたが、脳腫瘍のため45歳の若さで死去した。フルネームは Charles Robert McKinley Jr. (チャールズ・ロバート・マッキンリー・ジュニア)というが、愛称の「チャック・マッキンリー」で最もよく知られている。マッキンリーは身長175cm、体重70kgほどの体格であったが、ずんぐりとした大きな胸元の体つきだったという。彼の全盛期は、ちょうどオーストラリア・テニス界の絶頂期と重なり、マッキンリーはその中でアメリカを代表する存在だった。チャック・マッキンリー フレッシュアイペディアより)

  • ヘレン・グーレイ

    ヘレン・グーレイから見たオーストラリアオーストラリア

    ヘレン・グーレイ(Helen Gourlay, 1946年12月23日 - )は、オーストラリア・タスマニア州ローンセストン出身の女子テニス選手。1971年の全仏オープンと1977年12月開催の全豪オープンで、4大大会女子シングルスに2度の準優勝がある。どちらも決勝でイボンヌ・グーラゴングに敗れた。4大大会女子ダブルスでは、全豪オープンで4勝を挙げ、ウィンブルドンでも1977年に優勝がある。右利きの選手。彼女は1977年にイギリス人のリチャード・コーリー(Richard Cawley)と結婚した後は、夫の姓を併用して「ヘレン・グーレイ・コーリー」(Helen Gourlay-Cawley)と名乗った。ヘレン・グーレイ フレッシュアイペディアより)

  • ドロシー・バンディ

    ドロシー・バンディから見たオーストラリアオーストラリア

    彼女の両親は、母親が国際テニス殿堂入りしたメイ・サットン(1886年 - 1975年)で、父親のトーマス・バンディ(1881年 - 1945年)は全米選手権の男子ダブルスでモーリス・マクローリン(1890年 - 1957年)と組んで1912年-1914年に3連覇を達成した人である。両親は1912年に結婚し、4年後の1916年9月1日にひとり娘のドロシーが生まれた。ドロシーは早くから叔母のフローレンス・サットンにテニスを習い、両親譲りの技能を伸ばしていく。1936年に20歳で全米女子テニスランキングのトップ10に入り、全米選手権に初出場。翌1937年の全米選手権で、ドロシーは準々決勝で前年度優勝者のアリス・マーブルを破る勝利を挙げたが、続く準決勝でアニタ・リザナ(チリ)に敗退した。1938年、ドロシー・バンディは初めてオーストラリアに遠征し、唯一の全豪選手権出場で女子シングルス・女子ダブルスの2部門に決勝進出を果たす。バンディは女子シングルス決勝でドロシー・スティーブンソン(オーストラリア)を 6-3, 6-2 で破り、全豪選手権の女子シングルスで最初のアメリカ人優勝者に輝いた。女子ダブルス決勝では、バンディはドロシー・ワークマンとペアを組み、ナンシー・ウィン&テルマ・コイン組に敗れて準優勝になった。全豪選手権で優勝した年、彼女はウィンブルドン選手権にも初遠征したが、4回戦で第7シードのサラ・ファビアンに敗れた。ドロシー・バンディ フレッシュアイペディアより)

9394件中 91 - 100件表示

「オーストラリア」のニューストピックワード