9394件中 31 - 40件表示
  • トニー・ローチ

    トニー・ローチから見たオーストラリアオーストラリア

    トニー・ローチ(Tony Roche, 1945年5月17日 - )は、オーストラリア・ニューサウスウェールズ州出身の男子プロテニス選手。1966年の全仏選手権で優勝し、オーストラリア・テニス界の黄金時代を築いた名選手のひとりである。左利き。彼のテニスは、独特な癖のある左腕からのサービスと、華麗なボレーに特徴があった。フルネームは Anthony Dalton Roche (アントニー・ドールトン・ローチ)という。トニー・ローチ フレッシュアイペディアより)

  • マーク・ウッドフォード

    マーク・ウッドフォードから見たオーストラリアオーストラリア

    マーク・ウッドフォード(Mark Woodforde, 1965年9月23日 - )は、オーストラリア・アデレード出身の男子プロテニス選手。長年にわたり、ダブルスの名手として活躍した。とりわけ、同じオーストラリアのトッド・ウッドブリッジとのペアで無敵の強さを発揮したが、この2人は姓がよく似ていることから「ウッディーズ」(Woodies)と呼ばれた。自己最高ランキングはシングルス19位、ダブルス1位。ATPツアーでシングルス4勝、ダブルス67勝(うち4大大会男子ダブルス部門12勝)を挙げた。身長187cm、体重88kg、左利きの選手。マーク・ウッドフォード フレッシュアイペディアより)

  • ニール・フレーザー

    ニール・フレーザーから見たオーストラリアオーストラリア

    ニール・フレーザー(Neale Fraser, 1933年10月3日 - )は、オーストラリア・メルボルン出身の男子テニス選手。1960年のウィンブルドン選手権優勝者で、全米選手権でも1959年と1960年に大会2連覇を達成した。また、ダブルスでもロイ・エマーソンとのペアで「キャリア・グランドスラム」を達成している。左利きの選手。身長185cmの長身から繰り出す、爆弾のようなサーブと強力なボレーを最大の持ち味にした。彼の全盛時代から、空前絶後の厚い選手層を誇ったオーストラリア・テニス界の黄金時代が始まった。ニール・フレーザー フレッシュアイペディアより)

  • ケン・マグレガー

    ケン・マグレガーから見たオーストラリアオーストラリア

    ケン・マグレガー(Ken McGregor, 1929年6月2日 - 2007年12月1日)は、オーストラリア・アデレード出身の男子テニス選手。フルネームは Kenneth Bruce McGregor (ケネス・ブルース・マグレガー)という。1950年代初頭にオーストラリア・テニス界の黄金時代の最初期を築いた選手のひとりで、1951年に2歳年上のフランク・セッジマンとペアを組み、テニス史上初の男子ダブルス部門「年間グランドスラム」を達成した。男子シングルスでは1952年の全豪選手権で優勝したが、1950年・1951年の全豪選手権と1951年のウィンブルドン選手権で準優勝に終わった。彼はもともとオーストラリアン・フットボールの選手で、そこからテニスに転向した人であり、長身から繰り出す攻撃的なサーブ・アンド・ボレーを最大の武器にした。右利きの選手。ケン・マグレガー フレッシュアイペディアより)

  • 訃報 2010年

    訃報 2010年から見たオーストラリアオーストラリア

    2月17日 - ルビー・ハンター(Ruby Hunter)、オーストラリアの歌手(* 1955年)訃報 2010年 フレッシュアイペディアより)

  • アテネオリンピック (2004年) 日本選手団

    アテネオリンピック (2004年) 日本選手団から見たオーストラリアオーストラリア

    金メダルの獲得数16個は全参加国(地域)中、オーストラリアに次ぐ5位で、1964年の東京大会と並ぶ。メダル獲得総数37個は、ドイツに次ぐ6位。アテネオリンピック (2004年) 日本選手団 フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・ニューカム

    ジョン・ニューカムから見たオーストラリアオーストラリア

    ジョン・ニューカム(John Newcombe, 1944年5月23日 - )は、オーストラリア・シドニー出身の男子テニス選手。1960年代から1970年代前半にかけて、オーストラリア・テニス界の黄金時代を築いた名選手のひとりである。フルネームは John David Newcombe (ジョン・デビッド・ニューカム)という。重いサービスとフォアハンド・ストローク、ボレーを中心に組み立てるプレー・スタイルで、芝生のウィンブルドン選手権を最も得意にした。4大大会でシングルス通算「7勝」(全豪オープン2勝、ウィンブルドン3勝、全米オープン2勝)を挙げたが、赤土のクレーコートが苦手で、全仏オープンではどうしても優勝できなかった選手の1人である。ジョン・ニューカム フレッシュアイペディアより)

  • ケン・ローズウォール

    ケン・ローズウォールから見たオーストラリアオーストラリア

    ケン・ローズウォール(Ken Rosewall, 1934年11月2日 - )は、オーストラリア・シドニー出身の男子テニス選手。フルネームは Kenneth Robert Rosewall (ケネス・ロバート・ローズウォール)という。1950年代から1970年代にかけて活躍し、長期間にわたってオーストラリアのテニス界に君臨した名選手である。彼はその長いテニス経歴を通じて、4大大会でシングルス8勝、ダブルス9勝、混合ダブルス1勝を記録した。しかしウィンブルドンでは4度の準優勝に終わり、「テニスの聖地」ではどうしても優勝できずに終わった選手の1人でもある。筋骨たくましい体格から“Muscles”(筋肉男)というニックネームで呼ばれた。本来は左利きだが、テニスでは父親の手ほどきで右利きに直されたという。ローズウォールのテニスは、ベースラインからのグラウンド・ストロークもネット・プレーも、すべてのショットを流麗にこなす、万能型のスタイルであった。ケン・ローズウォール フレッシュアイペディアより)

  • ヤッコ・エルティン

    ヤッコ・エルティンから見たオーストラリアオーストラリア

    ヤッコ・エルティン(Jacco Eltingh, 1970年8月29日 - )は、オランダ・ヘルダーラント州ヘールデ出身の元男子プロテニス選手。ダブルスの名手として活躍し、同じオランダのポール・ハーフースとペアを組んで、4大大会の男子ダブルス部門ですべてのタイトルを獲得する「キャリア・グランドスラム」を達成した。彼らのライバルにはオーストラリアペアの「ウッディーズ」(マーク・ウッドフォードとトッド・ウッドブリッジのこと)がいて、オランダペアの2人と「ウッディーズ」は1990年代の男子テニス界を代表するダブルスコンビとして数々の名勝負を繰り広げた。1996年のウィンブルドン男子シングルス優勝者になったリカルド・クライチェクも、同世代のオランダ人選手である。エルティンの自己最高ランキングはシングルス19位、ダブルス1位。ATPツアーでシングルス4勝、ダブルス44勝を挙げた。身長187cm、体重80kg、右利き。ヤッコ・エルティン フレッシュアイペディアより)

  • ロイ・エマーソン

    ロイ・エマーソンから見たオーストラリアオーストラリア

    ロイ・エマーソン(Roy Emerson, 1936年11月3日 - )は、オーストラリア・クイーンズランド州出身の男子テニス選手。主に1960年代に活躍し、4大大会男子シングルス通算12勝・男子ダブルス16勝を挙げ、総計「28」のグランドスラム・タイトルを獲得した名選手である。フルネームは Roy Stanley Emerson (ロイ・スタンレー・エマーソン)という。“Emmo”(エンモ)という愛称で呼ばれた。エマーソンは豪放洒脱な人柄で、私生活では有名な大酒飲みだったという。ロイ・エマーソン フレッシュアイペディアより)

9394件中 31 - 40件表示

「オーストラリア」のニューストピックワード