9394件中 41 - 50件表示
  • ポール・ハーフース

    ポール・ハーフースから見たオーストラリアオーストラリア

    ポール・ハーフース(Paul Haarhuis, 1966年2月19日 - )は、オランダ・アイントホーフェン出身の男子プロテニス選手。長年にわたりダブルスの名手として活躍し、同じオランダのヤッコ・エルティンとペアを組んで、4大大会の男子ダブルス部門ですべてのタイトルを獲得する「キャリア・グランドスラム」を達成した。彼らのライバルにはオーストラリアペアの「ウッディーズ」(マーク・ウッドフォードとトッド・ウッドブリッジのこと)がいて、オランダペアの2人と「ウッディーズ」は1990年代の男子テニス界を代表するダブルスコンビとして数々の名勝負を繰り広げた。1996年のウィンブルドン男子シングルス優勝者になったリカルド・クライチェクも、同世代のオランダ人選手である。ハーフースの自己最高ランキングはシングルス18位、ダブルス1位。ATPツアーでシングルスは1勝と少ないが、ダブルスで54勝を挙げた。身長187cm、体重80kg、右利き。“Haarhuis”という名前の読み方が分かりづらく、日本語表記も「ハールフース」などの揺れが多い。ポール・ハーフース フレッシュアイペディアより)

  • ボブ・ブライアン

    ボブ・ブライアンから見たオーストラリアオーストラリア

    2003年の全仏オープン男子ダブルスで、2人は4大大会男子ダブルス部門で初優勝を達成し、決勝で連覇を狙ったエフゲニー・カフェルニコフ(ロシア)&ポール・ハーフース組(オランダ)を 7-6, 6-3 で破った。同年に全米オープンでもダブルス決勝に進んだが、トッド・ウッドブリッジ(オーストラリア)&ヨナス・ビョルクマン(スウェーデン)組に 7-5, 0-6, 5-7 の逆転で敗れて準優勝になり、年間2冠獲得を逃している。この年は男子テニス年間最終戦「テニス・マスターズ・カップ」のダブルス部門でも、フランスペアのファブリス・サントロ&ミカエル・ロドラ組を破って初優勝を飾った。しかし、2004年の全豪オープン男子ダブルス決勝では、サントロ&ロドラ組に 6-7, 3-6 で敗れている。2人は2004年アテネ五輪のアメリカ代表選手にも選ばれたが、ここでは準々決勝でチリ代表のニコラス・マスー&フェルナンド・ゴンサレス組に敗退した。全米オープンは3回戦敗退に終わったが、テニス・マスターズ・カップで大会2連覇がある。ボブ・ブライアン フレッシュアイペディアより)

  • マイク・ブライアン

    マイク・ブライアンから見たオーストラリアオーストラリア

    2003年の全仏オープン男子ダブルスで、2人は4大大会男子ダブルス部門で初優勝を達成し、決勝で連覇を狙ったエフゲニー・カフェルニコフ(ロシア)&ポール・ハーフース組(オランダ)を 7-6, 6-3 で破った。同年に全米オープンでもダブルス決勝に進んだが、トッド・ウッドブリッジ(オーストラリア)&ヨナス・ビョルクマン(スウェーデン)組に 7-5, 0-6, 5-7 の逆転で敗れて準優勝になり、年間2冠獲得を逃している。この年は男子テニス年間最終戦「テニス・マスターズ・カップ」のダブルス部門でも、フランスペアのファブリス・サントロ&ミカエル・ロドラ組を破って初優勝を飾った。しかし、2004年の全豪オープン男子ダブルス決勝では、サントロ&ロドラ組に 6-7, 3-6 で敗れている。2人は2004年アテネ五輪のアメリカ代表選手にも選ばれたが、ここでは準々決勝でチリ代表のニコラス・マスー&フェルナンド・ゴンサレス組に敗退した。全米オープンは3回戦敗退に終わったが、テニス・マスターズ・カップで大会2連覇がある。マイク・ブライアン フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・ハワード

    ジョン・ハワードから見たオーストラリアオーストラリア

    ジョン・ウィンストン・ハワード(John Winston Howard AC, 1939年7月26日 - )はオーストラリアの政治家(引退表明済み)。第25代オーストラリア首相(1996年3月11日 - 2007年12月3日)。ロバート・メンジーズに続いて二番目に長い任期を務める首相であった。ジョン・ハワード フレッシュアイペディアより)

  • ルー・ホード

    ルー・ホードから見たオーストラリアオーストラリア

    ルー・ホード(Lew Hoad, 1934年11月23日 - 1994年7月3日)は、オーストラリア・シドニー出身の男子テニス選手。主に1950年代に活躍し、4大大会で男子シングルス4勝・男子ダブルス8勝・混合ダブルス1勝を挙げ、通算「13勝」を獲得した。フルネームは Lewis Alan Hoad (ルイス・アラン・ホード)という。ルー・ホード フレッシュアイペディアより)

  • ビック・セイシャス

    ビック・セイシャスから見たオーストラリアオーストラリア

    セイシャスは1940年から全米選手権に出場し始めたが、当時は第2次世界大戦の戦時中であり、テニス4大大会は全米選手権だけが開催されていた。戦時中、セイシャスはアメリカ陸軍で3年間空軍パイロットの仕事をした。1940年代は全米選手権で好成績がなかったが、27歳を迎えた1950年に初めての海外遠征に出て、全仏選手権ベスト8・ウィンブルドン選手権ベスト4の成績を出した。1951年、セイシャスは初めて全米選手権の男子シングルス決勝に勝ち上がったが、当時全盛期にあったフランク・セッジマン(オーストラリア)に 4-6, 1-6, 1-6 で完敗した。この年から、彼は男子テニス国別対抗戦・デビスカップのアメリカ代表選手に選ばれた。ビック・セイシャス フレッシュアイペディアより)

  • ザ・ヴェロニカズ

    ザ・ヴェロニカズから見たオーストラリアオーストラリア

    ザ・ヴェロニカズ(The Veronicas)は、オーストラリア・クイーンズランド州・ブリスベン出身の一卵性双生児の姉妹によるグループである。ザ・ヴェロニカズ フレッシュアイペディアより)

  • 零 (ゲーム)

    零 (ゲーム)から見た豪州オーストラリア

    欧州・豪州版。BAは韓国版をベースに、背後の空間に青白くゆらめくロゴと「編集者の霊(緒方浩二)」の顔が加えられている。零 (ゲーム) フレッシュアイペディアより)

  • フレッド・ストール

    フレッド・ストールから見たオーストラリアオーストラリア

    フレッド・ストール(Fred Stolle, 1938年10月8日 - )は、オーストラリア・ニューサウスウェールズ州ホーンスビー出身の男子テニス選手。フルネームは Frederick Sydney Stolle (フレデリック・シドニー・ストール)という。主に1960年代に活躍し、オーストラリア・テニス界の最盛期を彩った名選手の1人として、4大大会で男子シングルス2勝、男子ダブルス10勝、混合ダブルス6勝を挙げた。彼の全盛時代は、1968年に実施されたテニス界の「オープン化措置」(プロ選手解禁)と重なり、ストールは「アマチュア選手」と「プロ選手」の両方の立場で活動した。並外れた気性の激しさから、同僚選手たちには“Fiery Fred”(炎のフレッド)と呼ばれた。フレッド・ストール フレッシュアイペディアより)

  • 特殊潜航艇によるシドニー港攻撃

    特殊潜航艇によるシドニー港攻撃から見たオーストラリアオーストラリア

    特殊潜航艇によるシドニー港攻撃とは、太平洋戦争(大東亜戦争)中の1942年、大日本帝国海軍の潜水艦がオーストラリアのシドニー港停泊中のオーストラリア海軍艦船に行った攻撃である。マダガスカルの戦いと連動した攻撃で、連合国の主要国であったイギリス連邦間の通商破壊を目的した攻撃。特殊潜航艇によるシドニー港攻撃 フレッシュアイペディアより)

9394件中 41 - 50件表示

「オーストラリア」のニューストピックワード