12533件中 41 - 50件表示
  • フランク・セッジマン

    フランク・セッジマンから見たオーストラリアオーストラリア

    フランク・セッジマン(Frank Sedgman, 1927年10月29日 - )は、オーストラリア・ビクトリア州モントアルバート出身の男子テニス選手。フルネームは Frank Allan Sedgman (フランク・アラン・セッジマン)という。1950年代初頭の男子テニス界に君臨し、オーストラリア・テニス界の黄金時代の最初期を築いた名選手である。セッジマンは4大大会で総計「22勝」(男子シングルス5勝+男子ダブルス9勝+混合ダブルス8勝=22勝)を記録し、1951年に2歳年下のケン・マグレガーと組んでテニス史上初の男子ダブルス部門「年間グランドスラム」を達成した。混合ダブルス部門でもすべての4大大会を制覇した「キャリア・グランドスラム」達成者であり、彼が獲得できなかったタイトルは全仏選手権の男子シングルスだけである。セッジマンのテニスは、重厚なフォアハンド・ストロークや、スピード感にあふれた華麗なボレーを大きな持ち味とした。フランク・セッジマン フレッシュアイペディアより)

  • フレッド・ストール

    フレッド・ストールから見たオーストラリアオーストラリア

    フレッド・ストール(Fred Stolle, 1938年10月8日 - )は、オーストラリア・ニューサウスウェールズ州ホーンスビー出身の男子テニス選手。フルネームは Frederick Sydney Stolle (フレデリック・シドニー・ストール)という。主に1960年代に活躍し、オーストラリア・テニス界の最盛期を彩った名選手の1人として、4大大会で男子シングルス2勝、男子ダブルス10勝、混合ダブルス7勝を挙げた。彼の全盛時代は、1968年に実施されたテニス界の「オープン化措置」(プロ選手解禁)と重なり、ストールは「アマチュア選手」と「プロ選手」の両方の立場で活動した。並外れた気性の激しさから、同僚選手たちには“Fiery Fred”(炎のフレッド)と呼ばれた。フレッド・ストール フレッシュアイペディアより)

  • ボブ・ブライアン

    ボブ・ブライアンから見たオーストラリアオーストラリア

    フランク・セッジマン/ケン・マグレガー (ともにオーストラリア、1951年に唯一の「年間グランドスラム」)ボブ・ブライアン フレッシュアイペディアより)

  • マイク・ブライアン

    マイク・ブライアンから見たオーストラリアオーストラリア

    フランク・セッジマン/ケン・マグレガー (ともにオーストラリア、1951年に唯一の「年間グランドスラム」)マイク・ブライアン フレッシュアイペディアより)

  • ケリー・レイド

    ケリー・レイドから見たオーストラリアオーストラリア

    ケリー・レイド(Kerry Reid, 1947年8月7日 - )は、オーストラリア・モスマン出身の元女子プロテニス選手。1977年の全豪オープン女子シングルス優勝者で、1972年全米オープンの準優勝もある。女子ダブルスでも1968年の全豪選手権(当時の名称)と1978年のウィンブルドンで優勝した。フルネームは Kerry Ann Melville Reid (ケリー・アン・メルビル・レイド)という。旧姓は「ケリー・メルビル」(Kerry Melville)というが、ラズ・レイド(Raz Reid)と結婚した。種々のテニス文献の中でも、彼女の名前表記はさまざまに異なっているが、本記事では1977年全豪オープン優勝時の、最も広く知られた「ケリー・レイド」を見出しとして記載する。WTAツアーでシングルス通算22勝、ダブルス12勝を挙げた。身長166cm、体重57kg、右利き。ケリー・レイド フレッシュアイペディアより)

  • ナウル

    ナウルから見たオーストラリアオーストラリア

    アホウドリを始めとする海鳥の糞の堆積によってできたリン鉱石の採掘によって栄えた。世界で最も高い生活水準を享受し、税金を徴収されずに医療や教育は無料、年金制度(老齢年金ではなくベーシックインカムとして全年齢層に対する給与としての支給)を始めとした手厚い社会福祉を提供していたが、20世紀末に鉱石が枯渇して基本的インフラを維持するのでさえ困難な深刻な経済崩壊が発生しており、オーストラリアやニュージーランドなどの近隣先進国や日本からの援助に依存している。ナウル フレッシュアイペディアより)

  • シンガポール

    シンガポールから見たオーストラリアオーストラリア

    シンガポールにおける判例がない場合はイギリスにおける判例法を参照するか、シンガポールの法律のモデルとなったイングランド法の解釈を援用することがある。最近においては、イギリス本土のアプローチが不適当であるときに、同じ英連邦の主要国であるオーストラリアやカナダの判例を参照する傾向が強く、またイギリスの判例に依拠せずシンガポールの裁判所が独自の判断を下すケースも増えてきているという。一部のシンガポールの法律は、イギリス法を継承したものではなく、他の法体系に起源を有するものがあり、それらの法律は最初の立法時の経緯を斟酌し母国法を参照する。例えば、証拠法や一部の刑法の取り扱いはインド法に基づいて解釈されることがある。憲法解釈については、他国の例を参照することを嫌い、シンガポール国内の政治的・社会的状況を斟酌し解釈される。シンガポール フレッシュアイペディアより)

  • エリザベス2世

    エリザベス2世から見たオーストラリアオーストラリア

    1952年2月6日に即位してイギリス連邦に加盟する独立国家たる7か国、すなわち、グレートブリテン及び北アイルランド連合王国(イギリス)、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカ連邦、パキスタン、セイロンの女王になる。連合王国女王のレルムに属する国家および領土の数は1956年から1992年までに独立したり共和制に移行したりしたので少しずつ変わっていく。エリザベス2世 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年

    2008年から見たオーストラリアオーストラリア

    1月13日 - オーストラリア人の男性2名が、史上初めてカヤックでタスマン海を横断することに成功、オーストラリアから62日間かけてニュージーランドに到着。2008年 フレッシュアイペディアより)

  • 零 (ゲーム)

    零 (ゲーム)から見た豪州オーストラリア

    『Project ZERO BASED ON A TRUE STORY.』(プロジェクト・ゼロ ベースド・オン・ア・トゥルー・ストーリー): 欧州・豪州版。BAは北米版とほぼ同一。イギリス以外の欧州版は副題が母国語(公用語)の直訳表記になっている。零 (ゲーム) フレッシュアイペディアより)

12533件中 41 - 50件表示

「オーストラリア」のニューストピックワード