12533件中 61 - 70件表示
  • ルイス・アヤラ

    ルイス・アヤラから見たオーストラリアオーストラリア

    ルイス・アヤラ(、1932年9月18日 - )は、チリ・サンティアゴ出身の男子テニス選手。フルネームは Luis Alberto Ayala Salinas (ルイス・アルベルト・アヤラ・サリナス)という。1958年と1960年の2度全仏選手権で準優勝し、当地の男子テニス選手として史上初の4大大会シングルス決勝に進出した人である。彼は全仏選手権の混合ダブルスでも、1955年から1957年まで3年連続決勝進出があり、1956年にテルマ・コイン・ロング(オーストラリア)とのペアで優勝した。右利きの選手で、全仏選手権をはじめとする赤土のクレーコートを最も得意にした。ルイス・アヤラ フレッシュアイペディアより)

  • 特殊潜航艇によるシドニー港攻撃

    特殊潜航艇によるシドニー港攻撃から見たオーストラリアオーストラリア

    特殊潜航艇によるシドニー港攻撃(とくしゅせんこうていによるシドニーこうこうげき)とは、太平洋戦争中の1942年5月31日に、オーストラリア・シドニーの沖合いで母艦の潜水艦を発進した日本海軍の特殊潜航艇3隻が、シドニー港に停泊中の連合軍艦船に対して行った攻撃である。特殊潜航艇によるシドニー港攻撃 フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・フィッツジェラルド (テニス選手)

    ジョン・フィッツジェラルド (テニス選手)から見たオーストラリアオーストラリア

    ジョン・フィッツジェラルド(John Fitzgerald, 1960年12月28日 - )は、オーストラリア・南オーストラリア州カミンズ出身の元男子プロテニス選手。1980年代から1990年代前半にかけて、オーストラリアを代表するダブルスの名手として活躍し、4大大会で男子ダブルス7勝、混合ダブルス2勝を挙げた。フィッツジェラルドは、男子ダブルスでキャリア・グランドスラム(すべての4大大会で優勝すること)を達成した数少ない選手のひとりである。自己最高ランキングはシングルス25位、ダブルス1位。ATPツアーでシングルス6勝、ダブルス30勝を挙げた。ジョン・フィッツジェラルド (テニス選手) フレッシュアイペディアより)

  • レナート・ベルゲリン

    レナート・ベルゲリンから見たオーストラリアオーストラリア

    スウェーデンが男子テニス国別対抗戦・デビスカップに初参加したのは1925年であるが、最初期は「ヨーロッパ・ゾーン」から出られないレベルにあった。第2次世界大戦の影響により、デビスカップは1940年から1945年まで開催中止となったが、終戦後の1946年から再開された。新たな代表選手としてレナート・ベルゲリンとトルステン・ヨハンソン(1920年 - 2004年)が選ばれてから、スウェーデンは世界的な躍進を始める。ベルゲリンとヨハンソンは、初出場時の1946年に「ヨーロッパ・ゾーン」を勝ち抜いて、一気に「インターゾーン」決勝まで勝ち進んだ。インターゾーン決勝戦では、ベルゲリンとヨハンソンはアメリカ代表選手のフランク・パーカー、ガードナー・ムロイ、ビル・タルバート、ジャック・クレーマーに5戦全敗で終わっている。デビスカップに初登場した年、ベルゲリンはウィンブルドンでも初の準々決勝進出があり、第3シードのジェフ・ブラウン(オーストラリア)に 11-13, 9-11, 4-6 のストレートで敗れた。レナート・ベルゲリン フレッシュアイペディアより)

  • パット・キャッシュ

    パット・キャッシュから見たオーストラリアオーストラリア

    パット・キャッシュ(Pat Cash, 1965年5月27日 - )は、オーストラリア・メルボルン出身の元男子プロテニス選手。1987年のウィンブルドン男子シングルス優勝者である。自己最高ランキングはシングルス4位、ダブルス6位。ATPツアーで1987年ウィンブルドンを含むシングルス7勝、ダブルス12勝を挙げる。右利き。強靭なリスト(手首)を生かしたバックハンド・ストロークを特徴とした。フルネームは Patrick Hart Cash (パトリック・ハート・キャッシュ)。パット・キャッシュ フレッシュアイペディアより)

  • ニュージーランドの歴史

    ニュージーランドの歴史から見たオーストラリアオーストラリア

    1830年代後半に入るとイギリスの植民会社であるニュージーランド会社が組織的な植民活動を開始したことによって入植者が増加していった。イギリスは1840年、マオリ人代表者とワイタンギ条約を締結してニュージーランドをイギリス主権下へ置いたが土地を巡る入植者とマオリ人との紛争が絶えず、1860年にはマオリ戦争が勃発している。1872年に戦争が終結した後はイギリス主導による大規模なインフラの整備が進められ、大きな経済発展を遂げることとなった。1880年代には経済的な不況を経験しつつもジョージ・グレーを中心とした政治家たちの活動によって法整備、議会整備が実施され、政党の結成が図られた。1893年にリチャード・セドンが政権を握ると1906年までに多くの制度が導入・立法され、ニュージーランドは「社会立法の実験室」として世界に知られるようになる。1907年にはイギリス連邦内ドミニオンの地位を獲得した。1914年に勃発した第一次世界大戦ではオーストラリアとの連合軍ANZACを組織し、ガリポリの戦いに参加するなど多くの犠牲者を出しつつもその地位を向上させ、戦後には国際連盟に原加盟国として参加するようになった。1929年に始まった世界恐慌はニュージーランドにも大きな影響を与えたが、経済に対する国家介入を拡大する政策を打ち出して乗り切った。ニュージーランドの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • アジア南洋州脳神経外科コングレス

    アジア南洋州脳神経外科コングレスから見たオーストラリアオーストラリア

    アジア南洋州脳神経外科コングレス(アジアなんようしゅうのうしんけいげかコングレス、Asian Australasian Congress of Neurological Surgeons、略称:AACNS)は、アジアと南洋州(オーストラリア、ニュージーランドと南洋諸島)の著名な脳神経外科医により組織され、アジア南洋州各地で4年に一度開催されているコングレス(会議)。アジア南洋州脳神経外科コングレス フレッシュアイペディアより)

  • 清真学園高等学校・中学校

    清真学園高等学校・中学校から見たオーストラリアオーストラリア

    2006年度よりPacific Lutheran College(オーストラリア・カラウンドラ市)と姉妹校協定を結び、2007年度には茨城県の私学としては初のスーパーサイエンスハイスクール(SSH)指定を受けた。SSH研究発表会・セミナーなどを通し、多くの大学・企業と活発的な学術交流を行うほか、独自の理系型カリキュラムを取り入れている。清真学園高等学校・中学校 フレッシュアイペディアより)

  • ジェラルド・パターソン

    ジェラルド・パターソンから見たオーストラリアオーストラリア

    ジェラルド・パターソン(Gerald Patterson, 1895年12月17日 - 1967年6月13日)は、オーストラリア・メルボルン出身の男子テニス選手。第1次世界大戦の終戦直後の時代に活躍し、ウィンブルドン選手権で2勝、全豪選手権で1勝を挙げた。オーストラリアの男子テニス選手としては、ノーマン・ブルックスに続く世代に位置している。ジェラルド・パターソン フレッシュアイペディアより)

  • 世界で最も居住に適した都市

    世界で最も居住に適した都市から見たオーストラリアオーストラリア

    2007年度の調査ではチューリッヒ(108.0ポイント)、バンクーバーとウィーン(107.7ポイント)、オークランド(107.3ポイント)、デュッセルドルフ(107.2ポイント)が上位5都市であった。全体としてはスイス、ドイツ、オーストラリア、ニュージーランド、カナダの都市が高い評価を受けている。特にオーストラリアの主要都市はシドニーが9位、メルボルンが17位、パースが21位、アデレードが30位、ブリスベンが31位と目立って評価が高かった。ニュージーランドは首都のウェリントンが12位、最大の都市のオークランドが4位となりカナダからはバンクーバーが4位、トロントが13位、オタワが18位、モントリオールが22位、カルガリーが24位となっている。アメリカ合衆国からはホノルルが27位、サンフランシスコが29位に入った。世界で最も居住に適した都市 フレッシュアイペディアより)

12533件中 61 - 70件表示

「オーストラリア」のニューストピックワード