12533件中 71 - 80件表示
  • ヤロスラフ・ドロブニー

    ヤロスラフ・ドロブニーから見たオーストラリアオーストラリア

    1945年に第2次世界大戦が終結し、1946年からテニス4大大会も開催が再開された。ヤロスラフ・ドロブニーは終戦後最初の全仏選手権で決勝に進んだが、最初の決勝戦では地元フランスのマルセル・ベルナールに 6-3, 6-2, 1-6, 4-6, 3-6 の逆転で敗れた。7年ぶり3度目の出場となったウィンブルドン選手権では、4回戦で当時の世界1位だったアメリカのジャック・クレーマーを倒した後、ジェフ・ブラウン(オーストラリア)との準決勝まで進んでいる。終戦直後の期間、ドロブニーは冬季になるとアイスホッケーをプレーし、テニスとアイスホッケーの2つのスポーツで優れた成績を挙げた。テニスでは1946年から1949年まで男子テニス国別対抗戦・デビスカップのチェコスロバキア代表選手を務め、チームは1947年と1948年の2年連続でオーストラリアとのデ杯「インターゾーン」決勝に進んだ。アイスホッケーでは1947年にチェコスロバキアを「世界アマチュア選手権」優勝に導き、1948年のサンモリッツ五輪で銀メダルも獲得した。この年は全仏選手権で男子シングルス・男子ダブルス・混合ダブルスの3部門に決勝進出を果たし、男子ダブルスと混合ダブルスの2部門で優勝したが、男子シングルス決勝ではフランク・パーカー(アメリカ)に敗れて2度目の準優勝に終わっている。ヤロスラフ・ドロブニー フレッシュアイペディアより)

  • アーサー・フィリップ

    アーサー・フィリップから見たオーストラリアオーストラリア

    アーサー・フィリップ(Arthur Phillip、1738年 - 1814年8月31日)はイギリス海軍の軍人および植民地の行政官である。彼はオーストラリアにおけるヨーロッパの植民地初の提督である。また1788年に、現在のシドニー市となる場所を流刑地として選択した。アーサー・フィリップ フレッシュアイペディアより)

  • 2007年のスポーツ

    2007年のスポーツから見たオーストラリアオーストラリア

    男子決勝 : 中国 9-2 オーストラリア2007年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • ジェームズ・クック

    ジェームズ・クックから見たオーストラリアオーストラリア

    太平洋に3回の航海を行い、オーストラリア東海岸に到達、ハワイ諸島を発見し、自筆原稿による世界周航の航海日誌を残し(第2回航海)、ニューファンドランド島とニュージーランドの海図を作製した。史上初めて壊血病による死者を出さずに世界周航を成し遂げた(第1回航海)。ジェームズ・クック フレッシュアイペディアより)

  • マツ

    マツから見たオーストラリアオーストラリア

    マツ属の天然分布は赤道直下のインドネシアから、北はロシアやカナダの北極圏に至り、ほぼ北半球に限られるといってよい。これは針葉樹としては最も広い範囲に当たる。温度の適性が広いことが一因としてあげられており、亜熱帯や熱帯に分布する種でも摂氏?10度程度の低温・組織の凍結には堪えて生存するという。現在では植栽の結果南半球でも見られ、オーストラリアやニュージーランド、アフリカ諸国で大規模に植栽されているラジアータマツ (P. radiata) が特に有名。マツ フレッシュアイペディアより)

  • オーストラリアサッカー連盟

    オーストラリアサッカー連盟から見たオーストラリアオーストラリア

    オーストラリアサッカー連盟(Football Federation Australia)はオーストラリアのサッカーを統括する団体。略称は(FFA)。オーストラリアサッカー連盟 フレッシュアイペディアより)

  • 軌間

    軌間から見たオーストラリアオーストラリア

    オーストラリアでは後の各州に相当する各植民地が独自に鉄道建設を行なった結果、4フィート8.5インチ軌間の州と5フィート3インチ軌間の州が混在することになった。軌間 フレッシュアイペディアより)

  • Twix

    Twixから見たオーストラリアオーストラリア

    Twixは、イギリス、アメリカをはじめとする世界各国で販売されているが、1991年に全世界で名前が統一されるまで、以下の国(オーストラリア、ベルギー、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、イタリア、オランダ、ポーランド、ポルトガル、スペイン、スウェーデン、スイス、ノルウェー)ではレイダー(Raider)の名称で販売されていた。Twix フレッシュアイペディアより)

  • シボレー・クルーズ

    シボレー・クルーズから見たオーストラリアオーストラリア

    初代スイフトをベースに作られた。車体デザインはゼネラルモーターズが担当、15インチの大径タイヤや高めの最低地上高などSUV風に仕上げており、テールランプはシボレー・コルベットをモチーフにされていた。フロントデザインの一部(ヘッドライト、フェンダー等)は後に欧州向け初代イグニス(スイフトの国外仕様車)や、その兄弟車である富士重工業(当時)のジャスティに用いられた。スズキの湖西工場(静岡県湖西市)で生産され、日本国内限定で販売されていた。かつてはオーストラリアでも販売されており、GMの子会社、ホールデンブランドで販売されていた。→Holden Cruze (英語版)、ホールデンブランドのクルーズの写真は、Suzuki Ignis(英語版)(日本名:スズキ・スイフト)シボレー・クルーズ フレッシュアイペディアより)

  • しらせ (砕氷艦・2代)

    しらせ (砕氷艦・2代)から見たオーストラリアオーストラリア

    予算上の都合により、2008年7月の初代「しらせ」の退役と翌年の本艦の就役までの間に1年の間隔が空いた。そのため2008年(平成20年)の50次観測隊では文部科学省がオーストラリアから民間砕氷船「オーロラ・オーストラリス」をチャーターし利用した。この砕氷船は先代「しらせ」によってビセット時に救助されたことがある。しらせ (砕氷艦・2代) フレッシュアイペディアより)

12533件中 71 - 80件表示

「オーストラリア」のニューストピックワード