329件中 21 - 30件表示
  • オーストラリア

    オーストラリアから見た公立学校

    オーストラリアの公立校は各州の教育省が管轄しており、州によってカリキュラム、中学校への進学学年、学期制度などが異なる。オーストラリア フレッシュアイペディアより)

  • オーストラリア

    オーストラリアから見た教科書

    一クラスの人数は20人から25人程度で、教科書も各学校や学級ごとに異なる。オーストラリア フレッシュアイペディアより)

  • オーストラリア

    オーストラリアから見たコアラ

    コアラ、カンガルー、ポッサムなどの有袋類やカモノハシ、ハリモグラなどの単孔類、エミューに代表されるように、地理的隔離と気候の多様性が生んだその生態系は非常に個性的である。オーストラリアの森林率は19%であり高山植物から熱帯雨林まで様々な植物の自生地帯が存在するが、大陸の大半は砂漠とステップ(半乾燥帯)で占められる。オーストラリア フレッシュアイペディアより)

  • オーストラリア

    オーストラリアから見た騎手

    オーストラリアには地域ごとに大レースがあり、それぞれカーニバルが並行され大きく盛り上がる。その中でも最大のメルボルンカップは、メルボルンの都市圏が祝日となり国の機能が停止すると表現されるほどの盛り上がりとなる。また、騎手や競走馬が大きな名声を得ることもあり、競走馬では、北米遠征初戦で勝利するも謎の死を遂げ反米感情のシンボルとなったファーラップ、2003-05年にメルボルンカップを3連覇したマカイビーディーヴァ等が有名。また2006年には日本のデルタブルースが優勝。2着のポップロックと共に日本馬のワンツーを決めた。オーストラリア第3の都市ブリズベンでは、農業省の祝日であるエッカホリデーでの競馬が有名である。エッカホリデーの競馬では、皆が正装(男性は主にスーツ、女性は主にドレス)し競馬を楽しむ。エッカホリデーでは朝からビールなどアルコール類を飲み楽しむオーストラリア人を多数目撃する事ができる。その結果として、公共トイレは男性も女性も大行列になっており、移動式のトイレなども競馬場に多数用意されている。また、非常に多くの者が競馬観戦をするため、最寄りの駅などの交通機関は完全に麻痺する。電車などは東京の品川駅などの通勤ラッシュを彷彿させるほどの混雑ぶりである。これはオーストラリアではとても珍しい事であり、エッカホリデーのレースのイベントの重要性がうかがえる。オーストラリア フレッシュアイペディアより)

  • オーストラリア

    オーストラリアから見た全国高等学校クイズ選手権

    一方、オーストラリアからも近年、スキー・スノーボード目的の観光客が、日本の北海道のニセコに多く訪れている。北海道の雪質が好まれる他、「地理的にさほど離れていない・時差が少ない・季節の逆を利用して楽しめる」等の点が人気のようである。また、オーストラリア人の日本語学習者も多く、有名な観光地では日本語を話す事ができる人や日本に留学したり住んでいたりする人も多くいる。オーストラリア人の日本語学習者は実際数も、総人口に占める日本語学習者の割合もどちらも欧米諸国の中でトップである。ちなみに、日本人がオーストラリア大陸に初上陸した場所はメルボルンであった。このことは、2002年の『第22回全国高等学校クイズ選手権』(日本テレビ)の関東大会第一問でとりあげられた。オーストラリア フレッシュアイペディアより)

  • オーストラリア

    オーストラリアから見た第一次世界大戦

    オーストラリアは、1901年にイギリスから事実上の独立をしたが、独立後もイギリス国王への忠誠からイギリスの戦争には度々参加した。第一次世界大戦ではオーストラリア・ニュージーランド軍団 (ANZAC) として英仏軍と共にガリポリの戦いに参加し、オスマン帝国軍との激戦を経験した。ANZAC軍のガリポリ上陸記念日である4月25日はANZACの日として国民の祝日となっている。第二次世界大戦では日本軍の爆撃や特殊潜航艇によるシドニー港攻撃を受け、ニューギニアやボルネオで日本軍と戦い、日本占領にも参加した。戦後、ヨーロッパからの白人移民は減り続け、国力となる人口増加は鈍った。そこで1980年代からは白豪主義を撤廃し、世界中から移民を受け入れることとし、「多文化主義」へと移行した。ベトナム戦争にも積極的に参加し、アメリカと共に戦い、その後ベトナム難民を数多く受け入れた。1975年、ニューギニア信託統治地域がパプアニューギニアとして独立した。2003年のイラク戦争にも参加した。オーストラリア フレッシュアイペディアより)

  • オーストラリア

    オーストラリアから見たシーシェパード

    日本の調査捕鯨に対して批判的であり、元環境相のイアン・キャンベル(Ian Campbell)とピーター・ギャレットはそれぞれ現在シーシェパードの国際諮問委員とグリーンピースの元理事を務めたことがある。オーストラリア フレッシュアイペディアより)

  • オーストラリア

    オーストラリアから見たイノシシ

    また、ヨーロッパの入植者によって砂漠地帯開発の為のラクダ、狩猟目的のウサギやアカギツネ、サトウキビの害虫を駆除する為のオオヒキガエル、イノシシ(正確には飼育されていた豚が野生化したもの)等本来生息していなかった多数の外来種が持ち込まれた。これらの動物は野生化・繁殖し天敵が生息していないオーストラリアでは個体数を急激に増やしている。結果、在来生物を絶滅・減少させ生態系が破壊され、牧草や農作物へも被害を及ぼし問題となっている。更に近年深刻な問題となっているのが、南極上空付近のオゾン層破壊による紫外線問題であり、紫外線照射による皮膚炎、皮膚ガン患者数は年々増加している。政府は国民に対し、外出の際には紫外線対策を怠らないように警告を促している。オーストラリア フレッシュアイペディアより)

  • オーストラリア

    オーストラリアから見たオオヒキガエル

    また、ヨーロッパの入植者によって砂漠地帯開発の為のラクダ、狩猟目的のウサギやアカギツネ、サトウキビの害虫を駆除する為のオオヒキガエル、イノシシ(正確には飼育されていた豚が野生化したもの)等本来生息していなかった多数の外来種が持ち込まれた。これらの動物は野生化・繁殖し天敵が生息していないオーストラリアでは個体数を急激に増やしている。結果、在来生物を絶滅・減少させ生態系が破壊され、牧草や農作物へも被害を及ぼし問題となっている。更に近年深刻な問題となっているのが、南極上空付近のオゾン層破壊による紫外線問題であり、紫外線照射による皮膚炎、皮膚ガン患者数は年々増加している。政府は国民に対し、外出の際には紫外線対策を怠らないように警告を促している。オーストラリア フレッシュアイペディアより)

  • オーストラリア

    オーストラリアから見たフォーミュラ1

    メルボルンでF1、MotoGP、WSBが年1回行われており国内選手権なども盛んに行われている。オーストラリア フレッシュアイペディアより)

329件中 21 - 30件表示

「オーストラリア」のニューストピックワード