438件中 41 - 50件表示
  • オーストラリア

    オーストラリアから見たオオヒキガエル

    また、ヨーロッパの入植者によって砂漠地帯開発のためのラクダ、狩猟目的のアナウサギやアカギツネ、サトウキビの害虫を駆除するためのオオヒキガエル、イノシシ(正確には飼育されていた豚が野生化したもの)など、本来生息していなかった多数の外来種が持ち込まれ野生化・繁殖し、天敵がいないため個体数を急激に増やしている。結果、在来生物を絶滅・減少させ生態系が破壊され、牧草や農作物へも被害を及ぼし問題となっている。オーストラリア フレッシュアイペディアより)

  • オーストラリア

    オーストラリアから見たフォーミュラ1

    メルボルンでF1、MotoGP、WSBが年1回行われており国内選手権なども盛んに行われ、数多くの年間王者を輩出しており高い人気を誇っている。オーストラリア フレッシュアイペディアより)

  • オーストラリア

    オーストラリアから見た中学校

    公立校は各州の教育省が管轄しており、州によってカリキュラム、中学校への進学学年、学期制度などが異なる。オーストラリア フレッシュアイペディアより)

  • オーストラリア

    オーストラリアから見たグリーンピース (NGO)

    日本の調査捕鯨に対して批判的であり、元環境相のイアン・キャンベル(Ian Campbell)とピーター・ギャレットはそれぞれ現在シーシェパードの国際諮問委員とグリーンピースの元理事を務めたことがある。オーストラリア フレッシュアイペディアより)

  • オーストラリア

    オーストラリアから見た

    沿岸はティモール海域、ニューギニアに伸び、ともに1つの陸地(サフル大陸)であり、アラフラ海、カーペンタリア湾、トレス海峡をつないでいた。スンダ列島からの短い距離の部分を渡って Sahul へ、続いて陸橋を渡って来たと考えられている。オーストラリア フレッシュアイペディアより)

  • オーストラリア

    オーストラリアから見た観光

    観光 - 豊かな自然のため、主産業の一つ。オーストラリア フレッシュアイペディアより)

  • オーストラリア

    オーストラリアから見た牛肉

    日本は中国に次ぐ2番目の輸出相手国であり、鉄鉱石、石炭、牛肉などが輸出されている。近年、アジア・太平洋地域との結びつきを重視し始めており、日本製品(主の自動車や電子機器などの工業製品)も多数輸入しており、多数の日本製品が生活には欠かせないものとなっている。これらのことから、2007年に日豪FTAと呼ばれる、日本とのFTA(自由貿易協定)交渉が始まり、2014年7月調印、2015年1月15日に発効した。オーストラリア フレッシュアイペディアより)

  • オーストラリア

    オーストラリアから見たボルネオ島

    第二次世界大戦では、日本軍機によるダーウィン周辺などの北部都市への度重なる爆撃や通商破壊作戦、特殊潜航艇によるシドニー港攻撃を受けた。また、ニューギニアやボルネオから沖縄戦をはじめとする広範囲で連合国として日本軍と戦い、ノルマンディー上陸作戦以降はヨーロッパ西部の地上戦にも参加した。日本占領にもイギリス連邦占領軍の一員として多数の部隊を派遣したり、極東軍事裁判の裁判長ウィリアム・ウェブを出すなどして参加し、同裁判では天皇の訴追を要求した。オーストラリア フレッシュアイペディアより)

  • オーストラリア

    オーストラリアから見たカジノ

    カジノ - 庶民・観光客の娯楽となっている。オーストラリア フレッシュアイペディアより)

  • オーストラリア

    オーストラリアから見たトカゲ

    動物種では人間より大きい大型動物類の多くは絶滅し、多くの小型動物もいなくなった。ディプロトドン(全長3m、有袋類の草食動物で史上最大の有袋類、カバに似ている)、数種の大きな飛べない鳥、肉食のカンガルー、体長5mのトカゲ、小型自動車ほどの大きさの亀などを含む、。大規模な絶滅の原因は火、狩猟、気候変動などと考えられるが、最も大きな原因は人間の介入だと思われている。オーストラリア フレッシュアイペディアより)

438件中 41 - 50件表示

「オーストラリア」のニューストピックワード