438件中 71 - 80件表示
  • オーストラリア

    オーストラリアから見たモモ

    青果物 - リンゴ、サクランボ、カスタードアップル、スターフルーツ、パイナップル、モモ(バントウ、ネクタリン)、マカダミアナッツ、柑橘類、アスパラガス、ニンジン、タマネギ、レタス、ブロッコリーなどオーストラリア フレッシュアイペディアより)

  • オーストラリア

    オーストラリアから見た南極大陸

    オーストラリア連邦(オーストラリアれんぽう、)、またはオーストラリア()は、オーストラリア大陸本土、タスマニア島及び多数の小島から成りオセアニアに属する国。南方の南極大陸とは7,877km離れている。イギリス連邦加盟国であり、英連邦王国の一国となっている。日本での略称は「豪州」である。オーストラリア フレッシュアイペディアより)

  • オーストラリア

    オーストラリアから見た大学

    義務教育(高校1年あるいは2年)を終えた時点で終了試験を受け、合格すれば義務教育終了証を得るが、大学に進学しない者も3年生まで通って各州で統一された卒業試験を受ける生徒が多い。大学は卒業試験と、高校の最終2年間の成績をもとに入学審査を行う。オーストラリア フレッシュアイペディアより)

  • オーストラリア

    オーストラリアから見た草食動物

    動物種では人間より大きい大型動物類の多くは絶滅し、多くの小型動物もいなくなった。ディプロトドン(全長3m、有袋類の草食動物で史上最大の有袋類、カバに似ている)、数種の大きな飛べない鳥、肉食のカンガルー、体長5mのトカゲ、小型自動車ほどの大きさの亀などを含む、。大規模な絶滅の原因は火、狩猟、気候変動などと考えられるが、最も大きな原因は人間の介入だと思われている。オーストラリア フレッシュアイペディアより)

  • オーストラリア

    オーストラリアから見た動物

    ニューギニア、インドネシアとの動物・植物種の共有は、当時の陸橋の結果で、最後の氷河期の終わりに海面が上昇し、ニューギニアとの間は海でへだてられた。海面レベルは6,000年前から現代までほとんど同じである。オーストラリア フレッシュアイペディアより)

  • オーストラリア

    オーストラリアから見た野生化

    また、ヨーロッパの入植者によって砂漠地帯開発のためのラクダ、狩猟目的のアナウサギやアカギツネ、サトウキビの害虫を駆除するためのオオヒキガエル、イノシシ(正確には飼育されていた豚が野生化したもの)など、本来生息していなかった多数の外来種が持ち込まれ野生化・繁殖し、天敵がいないため個体数を急激に増やしている。結果、在来生物を絶滅・減少させ生態系が破壊され、牧草や農作物へも被害を及ぼし問題となっている。オーストラリア フレッシュアイペディアより)

  • オーストラリア

    オーストラリアから見た内部者取引

    1960年代と1970年代は激動期であった。羊毛主体であった産業構造は鉱業主体となった。この間にまずポセイドン・バブルが起きた。それから国際的に遅れて変動為替相場制をとった。また、この期間にオーストラリア系銀行は日本・香港・マレー半島を除く極東地域で支店数を増やした。1961年にたった12店舗であったのが1978年に528店舗となり、これほどの急展開を諸外国の銀行に見ることはできなかった。1980年マーチャント・バンク(merchant bank)のニューガン・ハンド・バンク(Nugan Hand Bank)が倒産した。CIAの天下る同行は資金洗浄でもスキャンダルとなり、マーチャント・バンクの機関化する背景を成した。1986年、ロイズ銀行がスタンダードチャータード銀行に買収をしかけたとき、主役のロバート・ホームズ・アコート、HSBCの包玉剛、メイバンクのクー・テクバ、以上の三人が阻止に成功した。ロバートの出身はイギリスのヘイツベリー(Heytesbury)男爵の閨閥であるが、ヘイツベリーは19世紀初期の腐敗選挙区であった。ホワイトナイトを演じたロバートは、スタンダードチャータード銀行のトップ・マネジメントに迎えられた。クー・テクバはスタンダードチャータード銀行の重役を辞めた。一番上の息子邱万福(Khuu Ban Hock)はブルネイ国立銀行(National Bank of Brunei)元会長であったが、同行で金融犯罪に手を染め折り悪く有罪を認めていた。ブルネイ国立銀行はクーが王族と出資割合7対3で1965年に創立したが、ブルネイ通貨委員会の設立が2年後であるのと比べて早い。この1986年にはHSBCと懇意の李嘉誠が万科城市花园?墅(Vanke City Garden)を中国光大グループに売却し内部者取引として非難を浴びているが、2000年Powercor Australia を買収、2013年PA親会社の南オーストラリア電力の持つ利権をめぐって税務署と衝突し、2017年1月現在も電力事業の買収を続けている。2014年7月、マレーシア・インドネシア・ベトナム各国政府高官と関係する汚職について、過去のものを含むあらゆるメディアが政府の命令で検閲を受けていたことが、オーストラリア準備銀行筋でウィキリークスの公開により明らかとなった(英語による詳細)。この翌年にマレーシアで1MDB をめぐる汚職が報道され、パナマ文書が捜査に活用された。オーストラリア フレッシュアイペディアより)

  • オーストラリア

    オーストラリアから見た中高一貫教育

    6歳から15歳(日本の高等学校1年)、あるいはタスマニア州の16歳(高校2年)までが義務教育期間となる。他の先進国同様、共働き家庭などの子どもはデイケアに預けられ、小学校入学前にキンダーガーテンまたはプリスクールと呼ばれる就学前教育機関に通う。キンダーガーテン(幼稚園)を幼児教育ではなく、アメリカ合衆国のように初等教育の一部とする州もある。小学校は男女共学で6年または7年生まで。中等教育はセカンダリー・スクールと呼ばれる中高一貫教育校で12年生までが通うが、例外はタスマニア州で7年から10年までのハイスクールと11・12年のセカンダリー・カレッジに分かれている。オーストラリア フレッシュアイペディアより)

  • オーストラリア

    オーストラリアから見たサクランボ

    青果物 - リンゴ、サクランボ、カスタードアップル、スターフルーツ、パイナップル、モモ(バントウ、ネクタリン)、マカダミアナッツ、柑橘類、アスパラガス、ニンジン、タマネギ、レタス、ブロッコリーなどオーストラリア フレッシュアイペディアより)

  • オーストラリア

    オーストラリアから見たラグビーワールドカップ

    ラグビーはラグビーユニオンとラグビーリーグに大別できるが、ニューサウスウェールズ州やクイーンズランド州では13人制のラグビーリーグの方が盛んである。とはいえ、いずれも世界的に見れば強豪国である。15人制のユニオン代表チーム(ワラビーズ)はワールドカップで優勝二回、準優勝一回の強豪である。トライネーションズでのニュージーランドとの対戦では国中が盛り上がる。州ごとのクラブチームもスーパーラグビーに参加している。オーストラリア フレッシュアイペディアより)

438件中 71 - 80件表示

「オーストラリア」のニューストピックワード