2446件中 91 - 100件表示
  • 東小金井駅

    東小金井駅から見たオートバイオートバイ

    東町踏切は以前は南北往来が歩行者・自転車のみ可能で、自動車およびオートバイは北方面から南方面にのみの一方通行になっていたが2012年に工事が終了し自動車およびオートバイの南北往来が可能になった。東小金井駅 フレッシュアイペディアより)

  • ショックアブソーバー

    ショックアブソーバーから見たオートバイオートバイ

    常に一定の大きさで開いているオイル経路としてオリフィスと呼ばれる隙間が設けられている。ピストンの動き始めや非常に遅い速度域(約0 - 0.10 m/sec)では、オイルはオリフィスのみを経路として移動する。このとき流路面積は一定であるが、オイルの流速が高いほど抵抗が大きくなる。すなわち変位速度が高いほど減衰力は高くなる。このときの変位速度を低速域と呼び、減衰力特性をオリフィス特性と呼ぶ。自動車やオートバイのショックアブソーバーの場合、オリフィス特性は緩やかな路面の起伏や曲率の大きな旋回などの際の特性に深く関連する。ショックアブソーバー フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄50系客車

    国鉄50系客車から見たオートバイオートバイ

    1986年(昭和61年)に鉄道荷物輸送が廃止されたことで本来の荷物車としての用途はなくなり、製造年が新しいにもかかわらず大量に廃車となったが、「MOTOトレイン」(乗客とバイクを同時に輸送する、いわゆるバイクトレイン)用や、救援車の代用としてJR旅客6社に63両が承継された。しかし現在までにバイクトレインはすべて廃止され、営業運転に使用されることはほとんどない。現在使用頻度の高い車両は、工場入出場時の控車として使用されるごく一部である。国鉄50系客車 フレッシュアイペディアより)

  • 屋台

    屋台から見たオートバイオートバイ

    世界各地に様々な形態の屋台がある。初期の形態としては、天秤棒で担いで売り歩いた形態があったが商品を多く運べないのが欠点。リヤカーのように可動式の店舗部分を人力、自転車、オートバイで牽引するものや、テントのように組み立て型の骨組みをもとに店舗を設置する場合もある。またトラックの荷台の部分を改造したものもある。屋台 フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・CB1000R

    ホンダ・CB1000Rから見たオートバイオートバイ

    CB1000R(シービーせんアール)は、本田技研工業が販売するオートバイである。製造はホンダイタリアインダストリアルS.p.A.で、CB900ホーネットの後継車両にあたる。ホンダ・CB1000R フレッシュアイペディアより)

  • クールス

    クールスから見たオートバイオートバイ

    東京原宿において1974年12月、舘ひろしをリーダー(チーム内での呼称は「ボス」。ただし水口晴幸(ピッピ、PITPI)のみ「大将」と呼んでいた)に、岩城滉一(同じく、チーム内での呼称は「コーちゃん」)をサブリーダーに、および岩城の学生時代からの友人であった佐藤秀光らで結成されたモーターサイクルチームが原点。クールス フレッシュアイペディアより)

  • ヤマハ発動機

    ヤマハ発動機から見たオートバイオートバイ

    ヤマハ発動機株式会社(ヤマハはつどうき、 )は、静岡県磐田市に本社を置く、主にオートバイを中心とした輸送用機器を製造するメーカーである。ヤマハ発動機 フレッシュアイペディアより)

  • ヘルメット

    ヘルメットから見たオートバイオートバイ

    日本では産業用や土木工事として販売されているヘルメットであっても、道路交通法施行規則第九条の五に適合するものであれば原動機付自転車やオートバイの乗車にも使用することができ、作業用安全帽や保護帽としてだけでなく、乗車用ヘルメットの規格にも適合している製品が市販されている。ヘルメット フレッシュアイペディアより)

  • 交通事故

    交通事故から見たオートバイオートバイ

    オートバイの交通事故は、ボディに覆われていない事から大きな事故になる場合がある。詳細はオートバイの事故を参照のこと。交通事故 フレッシュアイペディアより)

  • 軽自動車

    軽自動車から見たオートバイオートバイ

    日本の軽自動車は規格としては1949年に戦後の経済成長の一助となる事を目指して成立した。当初から運転免許証も普通車、小型車とは区別され、時期や地域によっては、実地試験が免除となり、費用負担も少ない「軽限定免許」なる優遇措置が存在したが、当時のモータリゼーションの主力および市場の需要はもっぱらオート三輪やオートバイに集中しており、軽四輪自動車の本格的な製造販売を手掛けるメーカーはなかなか出てこなかった。軽規格自体も1954年までほぼ1年おきに改正・拡大を繰り返すような有様で、実際に実用的な規格として固まり、その存在が国民に認知されるようになるのは、通商産業省(現・経済産業省)の国民車構想が週刊誌によってスクープされる1955年を待たねばならなかった。この時代までに軽四輪自動車の製造販売に挑戦した少数の零細メーカーはほとんどが商業的に失敗するか資本の限界で製造の継続ができなくなるなどの理由で、ほどなく市場から撤退を余儀なくされている。軽自動車 フレッシュアイペディアより)

2446件中 91 - 100件表示

「オートバイ」のニューストピックワード

  • 2度目のイタリア挑戦だが、前回より強い意志を持ち、感謝の気持ちを忘れず精いっぱい戦ってきたい

  • エースアタッカー

  • JTマーヴェラス