2446件中 51 - 60件表示
  • ポータブルストーブ

    ポータブルストーブから見たオートバイオートバイ

    ポータブルストーブの中でも特にキャンピング・ストーブ(可搬型ストーブ)と呼ばれる物の場合、自動車やオートバイ、ボートやカヌー、あるいは乗馬などの乗り物に乗った複数人の参加者が使用することを想定して、シングルバーナーの場合には大型のバーナーヘッドや燃料タンクを備えた重量0.5-1kg前後の物が使用される。この程度の大きさまでの物は携帯型ストーブとしての扱いを受けることもある。ポータブルストーブ フレッシュアイペディアより)

  • 道路交通法

    道路交通法から見た自動二輪車オートバイ

    高速道路における自動二輪車のヘルメット着用義務化と2人乗りの禁止。道路交通法 フレッシュアイペディアより)

  • 日本車

    日本車から見たオートバイオートバイ

    広義には二輪車(オートバイ)も含める場合があるが、ここでは二輪車以外の自動車についてのみ述べる。日本車 フレッシュアイペディアより)

  • 川上源一

    川上源一から見たオートバイオートバイ

    ヤマハを楽器やオートバイのトップブランドに育てた。スポーツ用品の製造開発、リゾート事業も手がけ、日本の高度成長による余暇産業の拡大にあわせ、グループの多角化にも大きな成果を挙げ、ヤマハ中興の祖と呼ばれる。川上源一 フレッシュアイペディアより)

  • モト・グッツィ

    モト・グッツィから見たオートバイオートバイ

    モト・グッツィ(Moto Guzzi )はピアジオ社の傘下にあるイタリアのオートバイメーカーである。日本ではしばしばモト・グッチなどと表記されることもあるが、同じくイタリアに本社のある大手ファッションブランドのグッチ(GUCCI)とは資本関係を含め全く関連はない。日本の自動車検査証においてはモトグッティと表記されている。モト・グッツィ フレッシュアイペディアより)

  • 暖機運転

    暖機運転から見たオートバイオートバイ

    暖機運転(だんきうんてん)とは、機械を始動した直後などに低負荷での運転を一定時間行うことをいう。単に「暖機」と呼ばれることもある。機械用語の一つであるが、自動車やオートバイ等を運用(運転)する際にも必要な知識の一つであることから、比較的一般的な用語でもある。暖機運転 フレッシュアイペディアより)

  • 運転

    運転から見たオートバイオートバイ

    四輪自動車や二輪自動車(オートバイ)をあやつることは、日本の道路交通法や警察などの用語では「運転」と言う。ただし、商業的・日常的にはカタカナ(や英語)を用いて「ドライビング (driving)」といったり、オートバイの場合は「ライディング (riding)」と言ったりする。運転 フレッシュアイペディアより)

  • セパレートハンドル

    セパレートハンドルから見たオートバイオートバイ

    セパレートハンドルとはオートバイのハンドル形式の一つで、左右のハンドルが独立した部品で構成され、それぞれがフロントフォークを締め付ける環状の取付金具で固定される。フロントフォークを締め付けて固定(clip on)することから、英語圏では"clip-ons"と呼ばれる。セパレートハンドル フレッシュアイペディアより)

  • チョーク弁

    チョーク弁から見たオートバイオートバイ

    チョーク弁以前にも冷間始動を容易にするための機構としてティクラーという方式が存在した。だがティクラーではチョーク弁に比べてその操作に一定の慣れを要するために、より操作の簡便なチョーク弁が普及していった。かつての自動車では、キャブレターを採用するほとんどの車種にこのチョーク弁の操作ノブが付いていたが、1970年代中頃からオートチョーク化が進み、運転者が直接操作することはなくなった。2000年以降は電子制御燃料噴射装置を採用する車がほとんどとなり、チョークという名そのものも忘れられている。なお、いまだキャブレターの採用率の高いオートバイや、農業機械、発電機、ポンプなどの動力に用いられる汎用エンジンなどは手動式や自動式のチョーク弁が付いている場合が多く、チョークの名は自動車ほど廃れていない。チョーク弁 フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄ワム80000形貨車

    国鉄ワム80000形貨車から見たオートバイオートバイ

    後述するオートバイ輸送用車の汎用化改造車。国鉄ワム80000形貨車 フレッシュアイペディアより)

2446件中 51 - 60件表示

「オートバイ」のニューストピックワード