2446件中 61 - 70件表示
  • 世界最速のインディアン

    世界最速のインディアンから見たオートバイオートバイ

    『世界最速のインディアン』(せかいさいそく - 、The World's Fastest Indian)は、2005年の映画。ニュージーランド・アメリカ合作のロジャー・ドナルドソン監督、アンソニー・ホプキンス主演作品。1000cc以下のオートバイの地上最速記録保持者バート・マンローの実話に基づいた映画である。しかし様々な脚色が加えられておりノンフィクションではない。世界最速のインディアン フレッシュアイペディアより)

  • ヤマハ・DT

    ヤマハ・DTから見たオフロードバイクオートバイ

    この頃は国内メーカー各社が、2サイクルエンジンモデルをモトクロッサーのレーサーレプリカモデル一辺倒で押し通していたこともあり、オフロードバイクが初心者にとって非常にハードルが高くなっていく中でのオフ車人気衰退に一石を投じたヤマハの意欲作であるが、排ガス規制の壁に阻まれ、わずか2年間(1998年まで)をもって販売終了となった。2スト版のヤマハ・セローとして、今なお人気の高いオフロードバイクのひとつとなっている。ヤマハ・DT フレッシュアイペディアより)

  • 荒川聡子 (珍スポット愛好家)

    荒川聡子 (珍スポット愛好家)から見たオートバイオートバイ

    取材のための移動手段は主にオートバイ。用途に合わせオンロードタイプ(スズキ・アクロス)・オフロードタイプ(ヤマハ・セロー)・スクータータイプ(ホンダ・ディオ)の3台を使用していた。荒川聡子 (珍スポット愛好家) フレッシュアイペディアより)

  • ピニンファリーナ

    ピニンファリーナから見たモーターサイクルオートバイ

    フェラーリに代表される自動車のデザインおよびエンジニアリング、中規模の生産工場を持ち委託生産を主とし、特に既存車からカブリオレ、バリオルーフなどのコンバーチブルにリデザインすることを得意とする。また、デザイン分野において垣根がなく船舶、電車、トラック、バス、トラクター、モーターサイクル、フォークリフト、オフィスチェア、プロジェクター、スピーカー、エスプレッソマシン、ゴルフクラブ、電話機、サングラス、時計、靴、歯ブラシ、ジャクージ、PC周辺機器などまで幅広く手がける。ピニンファリーナ フレッシュアイペディアより)

  • タイヤチェーン

    タイヤチェーンから見たオートバイオートバイ

    タイヤチェーン()とは、自動車やオートバイで積雪路や凍結路を走行する際に、タイヤの外周に装着する滑り止め器具である。タイヤチェーン フレッシュアイペディアより)

  • キルスイッチ

    キルスイッチから見たオートバイオートバイ

    キルスイッチ(kill switch)とは、燃料または電源を遮断してエンジンを停止するための装置である。レース用の車両のほか、オートバイにメインスイッチとは別に装備される場合がある。キルスイッチ フレッシュアイペディアより)

  • ヤマハ・VMAX

    ヤマハ・VMAXから見たオートバイオートバイ

    ヤマハ・VMAX(ブイマックス)とは、1985年にヤマハ発動機から日本国外へ輸出が開始されたオートバイ(大型自動二輪車)の1つ。日本国内でも販売されている。ヤマハ・VMAX フレッシュアイペディアより)

  • 日本のモータースポーツ

    日本のモータースポーツから見たオートバイオートバイ

    日本国内で主催・開催された自動車競技で最古に記録されるものは1914年に東京の目黒競馬場にてアメリカ在住の日本人が4台の自動車を持ち込みデモンストレーションランを行ったが、興行的に失敗に終わっている。1922年には東京・洲崎にて報知新聞社の主催で「第1回日本自動車レース」が開催され、1926年まで計11回開催された。 また1927年の中部巡回モーターサイクルレースなど、オートバイによるレースもこの頃開催された記録が残っている。日本のモータースポーツ フレッシュアイペディアより)

  • カワサキ・750RS

    カワサキ・750RSから見たオートバイオートバイ

    カワサキ・750RS(ななひゃくごじゅうアールエス)およびカワサキ・Z750FOUR(ゼットななひゃくごじゅうフォー)はカワサキが1973年から1978年にかけて製造・販売していた総排気量746ccのオートバイである。カワサキ・750RS フレッシュアイペディアより)

  • 日越関係

    日越関係から見たオートバイオートバイ

    かつてベトナム国内では本田技研工業のスーパーカブやドリームをよく見かけた。これは1970年代以降のベトナムにおいて、この種のビジネスバイクを普及させる端緒ともなった存在で、扱いやすさや燃費、修理のしやすさや経済性のみならず、本田技研工業の想定範囲や先進国の安全常識では到底考えられない異常な酷使、過積載にも耐える高い信頼性によって、オートバイを生活の道具として重要視するベトナムのユーザーから強い支持を得たからである。現在でもホンダの二輪車は多くの消費者の支持を得ている。日越関係 フレッシュアイペディアより)

2446件中 61 - 70件表示

「オートバイ」のニューストピックワード