3313件中 71 - 80件表示
  • オートバイの二人乗り

    オートバイの二人乗りから見たオートバイオートバイ

    オートバイの二人乗り(オートバイのふたりのり)では、原動機を搭載した二輪車であるオートバイに、運転者以外の者を乗車させる場合の各国の法的規制について記述する。オートバイの二人乗り フレッシュアイペディアより)

  • 屋台

    屋台から見たオートバイオートバイ

    世界各地に様々な形態の屋台がある。初期の形態としては、天秤棒で担いで売り歩いた形態があったが商品を多く運べないのが欠点。リヤカーのように可動式の店舗部分を人力、自転車、オートバイで牽引するものや、テントのように組み立て型の骨組みをもとに店舗を設置する場合もある。またトラックの荷台の部分を改造したものもある。似た言葉として露店(ろてん)があるが、露店は移動式とは限らず、歩道上に物を並べて販売したり、建物の1階の店先で物を売る店も含まれる。屋台 フレッシュアイペディアより)

  • 富士自動車・フジキャビン

    富士自動車・フジキャビンから見たオートバイオートバイ

    富士自動車は、在日米軍の軍用車両の修理・解体・再生やオートバイ用エンジンの製造を行っていた企業で、「スバル」の富士重工業とは無関係である。当時の富士自動車社長の山本惣治は、日産自動車の元幹部で、自動車生産に進出する意欲を強く持っていた。富士自動車・フジキャビン フレッシュアイペディアより)

  • ヤマハ・VMAX

    ヤマハ・VMAXから見たオートバイオートバイ

    VMAX(ブイマックス)とは、ヤマハ発動機が製造販売するオートバイ(大型自動二輪車)。1985年に発売された1200ccクラスの第1世代と、2008年に発売された1700ccクラスの第2世代の二つのモデルがある。ヤマハ・VMAX フレッシュアイペディアより)

  • モータービークル

    モータービークルから見た自動二輪車オートバイ

    モータービークル () は、原動機で動き道路を走る(ただしレールを使わない)、4輪以上の輸送機関である。ただし、ISOやJISの定義ではこのように4輪以上に限るが、しばしば車輪数を問わず、2輪などを含む。モータービークル フレッシュアイペディアより)

  • DEATHTOPIA

    DEATHTOPIAから見たオートバイオートバイ

    上記のことも含めて情に厚い一面を持っており、知人の冬弥が全身火傷で入院した際には、彼から頼まれて「顔の古傷が痛んだ」としてコウを迎えにオートバイで藤村家を現れ、彼を乗せたまま追手の覆面パトカーを振り切る走りぶりを見せた後、病院を後にしたコウを練馬駅まで送ることすら行っている。なお、その際にコウと交わした会話から、蒔絵についてはUDから何も知らされていないことが示唆されている。UDが陽子に殺害された際には、秋人の情報を得るためにUDや瑞樹とは別行動を取っており、UDのネットワークが早くから秋人に乗っ取られていたことを、勝田を締め上げることで掴んでいる。DEATHTOPIA フレッシュアイペディアより)

  • 川崎重工業モーターサイクル&エンジンカンパニー

    川崎重工業モーターサイクル&エンジンカンパニーから見たオートバイオートバイ

    マザーファクトリー(事業本部)は兵庫県明石市。二輪車(オートバイ)、全地形対応車(ATV)、汎用エンジン、水上オートバイなどを製造している。川崎重工業モーターサイクル&エンジンカンパニー フレッシュアイペディアより)

  • D-LIVE!!

    D-LIVE!!から見たオートバイオートバイ

    数話を一章とする各章完結の形態を取っており、ストーリーの内容もドッグファイトから人命救助、犯罪者の追跡、オートバイレース、遺跡発掘、カー・スタントまで多岐に渡る。各章のサブタイトルには様々な映画のタイトルが採用され、また主要登場人物の名前は全て鳥類に由来したものとなっている。D-LIVE!! フレッシュアイペディアより)

  • IMZ・ウラル

    IMZ・ウラルから見たオートバイオートバイ

    IMZ・ウラル(, )は、ロシアのIMZ社が製造しているオートバイおよびサイドカーのブランドである。IMZ・ウラル フレッシュアイペディアより)

  • アウトウニオン

    アウトウニオンから見たオートバイオートバイ

    ヴァンダラーは堅実な小型車・オートバイを生産するメーカーである。アウトウニオン フレッシュアイペディアより)

3313件中 71 - 80件表示

「オートバイ」のニューストピックワード