2446件中 71 - 80件表示
  • キャンピングトレーラー

    キャンピングトレーラーから見たオートバイオートバイ

    トラクターの主制動装置だけに頼る制動方式で、日本では総重量750kg以下のライトトレーラーのみ許可される方式。この場合、トレーラーの総重量はトラクター重量の半分以下であることが条件になっている。ボートやバイクなど比較的軽量な物を運ぶトレーラーに多くみられる。ヨーロッパ製のトレーラーでは、軽量な小型車での牽引を想定していることから、安全上ブレーキ無しは少ない。キャンピングトレーラー フレッシュアイペディアより)

  • カワサキ・ZZR600

    カワサキ・ZZR600から見たオートバイオートバイ

    カワサキ・ZZR600(ゼットゼットアールろっぴゃく)は、カワサキから製造販売されたZZRシリーズの大型自動二輪車(オートバイ)である。カワサキ・ZZR600 フレッシュアイペディアより)

  • 超音戦士ボーグマン

    超音戦士ボーグマンから見たオートバイオートバイ

    主人公。2013年9月22日生まれの16歳。身長177cm、体重65kg。千葉県千葉市出身、家族構成は両親と妹。正義感あふれる熱血漢で、バイク好き。宇宙飛行士を夢見て「ボーグマン計画」に参加し、ボーグマンとなるものの妖魔の襲撃に遭って計画は頓挫。今はサイソニック学園の見習い国語教師として働いている。スピード重視・接近戦用の青いバルテクターを装着する。武器はバトルマシンガン。人工知能で自我を持つバイク・ロード/スーパーサンダーが専用マシン兼相棒であり、最後の必殺武器である。企画初期の名前は「夏目想太郎」で、かの文豪・夏目漱石の子孫を自称して教師を目指すという設定だった。超音戦士ボーグマン フレッシュアイペディアより)

  • ばくおん!!

    ばくおん!!から見たオートバイオートバイ

    佐倉羽音は丘乃上女子高等学校に入学したばかりの高校1年生。性格は極めておっとりのんびりしていて、これまで全くバイクとは縁がなかった。登校初日、自転車に乗って通学途中の坂道でへたりこんでいた時、すぐそばに現れたオートバイの存在感にカルチャーショックを受ける。バイクに興味を持ち始め、バイクがきっかけとなって出会った同級生、天野恩紗とともにバイク部に入部することになった羽音は、まずはオートバイ免許の取得を目指すのだった。ばくおん!! フレッシュアイペディアより)

  • トヨタ・トヨエース

    トヨタ・トヨエースから見たオートバイオートバイ

    だが、1950年代初頭のオート三輪は、オートバイ同様に前方のエンジン上のサドルに運転者が跨り、前輪をバーハンドルで直接操縦する戦前以来の原始的構造で、やはりバイク並みの吹きさらしの構造から、前方風防や屋根幌を装備するレベルへとようやく発達し始めた状態であった。1952年発売の愛知機械工業・ヂャイアントAA7「コンドル」(1200cc)が、日本の三輪トラックで初めてドア・鋼製ボディ・右側丸ハンドル完備のレベルに到達したものの、高価な上級モデルで普及せず、その他のオート三輪メーカーが片側丸ハンドルやクローズドボディを実現したのは、1950年代中期にまで遅れた。トヨタ・トヨエース フレッシュアイペディアより)

  • トランスミッション

    トランスミッションから見たオートバイオートバイ

    自動車(乗用車・商用車)、オートバイ、自転車、建設機械、ベルトコンベア、エレベーター、エスカレーター、クレーン、車椅子、ロボット、その他様々な用途で動力変換に使用される。トランスミッション フレッシュアイペディアより)

  • コンビニエンスストア

    コンビニエンスストアから見たオートバイオートバイ

    自動車用駐車設備についてはこの様に充実が図られている一方で、自転車・オートバイ向けの駐輪スペースとして専用区画が確保されている店舗は郊外部でコンビニエンスストアとして大きな駐車場を持つものでもそれほど多くはない。そのため、これらは概して駐車場の片隅や店舗建物前面の間の僅かなスペースを利用して駐輪する形になる。それなりの大きさがある中型や大型のオートバイについては、乗用車用の駐車スペースをそのまま利用することを前提としていることも多い。コンビニエンスストア フレッシュアイペディアより)

  • 脊髄損傷

    脊髄損傷から見たオートバイオートバイ

    特に、交通事故によるものでは、オートバイ乗車中の事故を見過ごすことができない。件数自体は四輪車によるものより少ないが、オートバイ人口自体が圧倒的に少ないので、率としては高くなる。統計及び防護策についてはオートバイ、オートバイ参照。脊髄損傷 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の携帯電話文化

    日本の携帯電話文化から見たオートバイオートバイ

    携帯電話の普及に伴い、自動車・オートバイ運転中の携帯電話の使用による事故の増加が社会問題となった。1999年11月改正の道路交通法で自動車・オートバイを運転中に携帯電話を使用して事故等を起こした場合の罰則事項が追加されたが、それでも改善の目処が立たなかったため、2004年6月成立・同11月施行の改正法により、ハンズフリー装置を利用した通話等を除き、反則告知対象となった。自転車での使用についても2011年以降、各都道府県の道路交通法施行細則で罰則を設ける自治体が増えている。日本の携帯電話文化 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の高速道路

    日本の高速道路から見たオートバイオートバイ

    「高速道路とは、高速自動車国道と自動車専用道路をいう。高速道路では、ミニカー、総排気量125cc以下の普通自動二輪車(小型自動二輪車)、原動機付自転車は通行できない。また、農耕用作業車のように構造上毎時50km以上の速度の出ない自動車やほかの車をけん引しているため毎時50km以上の速度で走ることのできない自動車も、高速自動車国道を通行することはできない。」日本の高速道路 フレッシュアイペディアより)

2446件中 71 - 80件表示

「オートバイ」のニューストピックワード