3313件中 81 - 90件表示
  • 燃焼室

    燃焼室から見たオートバイオートバイ

    特殊な半球型燃焼室の採用例としては本田技研工業のオートバイ部門が、1982年にBaja_1000用ワークスレーサーとして開発したXR500Rに搭載したRFVC(Radial Four Valve Combustion Chamber/放射状4バルブ燃焼室)が挙げられる。RFVCは複雑なロッカーアーム配置により、半球型燃焼室の形状を崩さないように広い挟み角の4本のバルブを放射状に配置した事例であり、SOHCにおけるマルチバルブ技術の先駆ともいえる事例でもある。燃焼室 フレッシュアイペディアより)

  • キルスイッチ

    キルスイッチから見たオートバイオートバイ

    キルスイッチ()とは、燃料または電源を遮断してエンジンを停止するための装置である。競技用や軍用の車両のほか、オートバイにメインスイッチとは別に装備される場合がある。キルスイッチ フレッシュアイペディアより)

  • 暖機運転

    暖機運転から見たオートバイオートバイ

    暖機運転(だんきうんてん)とは、機械を始動した直後などに低負荷での運転を一定時間行うことをいう。単に「暖機」と呼ばれることもある。機械用語の一つであるが、自動車やオートバイ等を運用(運転)する際にも必要な知識の一つであることから、比較的一般的な用語でもある。暖機運転 フレッシュアイペディアより)

  • 直列4気筒

    直列4気筒から見たオートバイオートバイ

    現在では中型・小型の自動車(前輪駆動の場合は横向きに搭載される場合が多い)、および4気筒エンジンを搭載するオートバイ(通常は横向きに搭載されるが、BMWの4気筒搭載車種では縦向きに搭載されるものもある)のほとんどがこの方式を採用している。直列4気筒 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の携帯電話文化

    日本の携帯電話文化から見たオートバイオートバイ

    携帯電話の普及に伴い、自動車・オートバイ運転中の携帯電話の使用による事故の増加が社会問題となった。1999年11月改正の道路交通法で自動車・オートバイを運転中に携帯電話を使用して事故等を起こした場合の罰則事項が追加されたが、それでも改善の目処が立たなかったため、2004年6月成立・同11月施行の改正法により、ハンズフリー装置を利用した通話等を除き、反則告知対象となった。自転車での使用についても2011年以降、各都道府県の道路交通法施行細則で罰則を設ける自治体が増えている。日本の携帯電話文化 フレッシュアイペディアより)

  • プロッツァ

    プロッツァから見たオートバイオートバイ

    「街の多くのバイクが、来るたびに電動に置き換わっていく。EVは遠い未来の乗り物じゃなく、もっと身近な存在なんだ」。プロッツァ フレッシュアイペディアより)

  • 初心運転者

    初心運転者から見たオートバイオートバイ

    オートバイの免許(普通自動二輪・大型自動二輪のいずれかの免許)を取得して1年に満たない場合、側車のないオートバイに二人乗りすることはできない(道路交通法71条の4第5項・第6項)。また、高速道路(高速自動車国道または自動車専用道路)で二人乗りを行う場合、期間要件は1年でなく3年となり、また運転者が20歳以上であるという要件も別途課される(道路交通法71条の4第3項・第4項)。初心運転者 フレッシュアイペディアより)

  • 自動車馬力規制

    自動車馬力規制から見たオートバイオートバイ

    オートバイでは、1980年頃よりレーサーレプリカブーム時代に交通事故が多発したこと、原動機付自転車が本来の使用目的に比べて高性能であったこと、ナナハンをはじめとする高性能車が一般乗用車の最高速度を超える性能を有していたことなどの様々な理由により、排気量に応じて馬力の自主規制が行われるようになった。具体的には50ccが7.2馬力、125ccが22馬力、250ccが45馬力、400ccが59馬力、750ccが77馬力、1000cc超が100馬力で、誤差10%以内とされ、中間排気量の車両は上下の排気量に比例して数値が設定された。これらは1989年に明文化されたのち1992年に数値が引き下げられて250ccが40馬力、400ccが53馬力となったほか、測定誤差も認められなくなった。自動車馬力規制 フレッシュアイペディアより)

  • チャコールキャニスター

    チャコールキャニスターから見たオートバイオートバイ

    チャコールキャニスター()、またはカーボンキャニスター(英:Carbon Canister)とは自動車やオートバイの燃料タンクからガソリン蒸気を大気中に放出しないように吸着する大気汚染防止機器である。ベーパーコレクター()と呼ばれる場合もある。この項目ではチャコールキャニスターと同様の原理で、燃料タンク給油口開放時のガソリン蒸気(ベーパー)の放出を防ぐ、Onboard Refueling Vapor Recovery(ORVR)についても併せて記述する。チャコールキャニスター フレッシュアイペディアより)

  • 富士市災害救援バイク隊ペガサス

    富士市災害救援バイク隊ペガサスから見たオートバイオートバイ

    富士市災害救援バイク隊ペガサスは、バイクの機動力を最大限に生かし、災害時に情報伝達・医薬品など緊急物資を輸送することを目的としている。普段はツーリングを兼ねた走行訓練や消防署員の指導による応急救護訓練などを積極的に行っている。富士市災害救援バイク隊ペガサス フレッシュアイペディアより)

3313件中 81 - 90件表示

「オートバイ」のニューストピックワード