180件中 71 - 80件表示
  • オートバイ

    オートバイから見たプロペラシャフト

    オートバイのエンジンは通常、車体フレームに固定されている(駆動輪と一体になっているスクーターなどはエンジンがスイングアームの一部ともなり可動する場合がある)。チェーン又は歯付ベルトドライブ(駆動)のものはクランクシャフトが車体進行方向に対して横向きになる配置に搭載される。このうち直列エンジンは、二輪車特有の表現である「並列エンジン」(へいれつエンジン)とも呼ばれる。一方、シャフトドライブの車種の多くは縦置きエンジンを採用している。オートバイ フレッシュアイペディアより)

  • オートバイ

    オートバイから見たブレリオ XI

    活発に開発が行われていたオートバイに対して、同時期に発生した飛行機の技術開発は、同1903年、ライト兄弟によって動力飛行に成功してからも産業にまで拡大されるには更なる時間を要した。飛行機の黎明期にあっては、航空エンジンに必要とされる小型、軽量なエンジンという条件は鉄道や船舶など、小型化より高出力を優先する内燃機関とはコンセプトが異なり、同様に大型化が難しく、先んじて開発が進んでいたオートバイの技術から転用されるものが少なくなかった。なかには、フランスのアンザーニ社などオートバイの製造を行っていた企業の中に航空機エンジン開発に着手するものもあらわれた。アンザーニ社が開発したW型三気筒エンジンは出力25ps、パワーウェイトレシオ2.5ps/kgを発生し、これをつんだブレオリ単葉飛行機は1909年にドーバー海峡横断に成功した。オートバイ フレッシュアイペディアより)

  • オートバイ

    オートバイから見た直列型エンジン

    1959年、この勢いそのままにホンダは独自の精密加工技術を生かした並列多気筒エンジンを引っさげ、自動車レースの草分けであるマン島TTへの参加を表明、1961年には優勝を達成する。外国製オートバイの後塵を拝し続けてきた日本のオートバイが世界一になった瞬間であった。オートバイ フレッシュアイペディアより)

  • オートバイ

    オートバイから見た錯覚

    オートバイは他の交通に比べて車体が小さいため見落とされやすい上、遠近感に錯覚を生じて実際よりも遠くにあると認識されたり、実際の速度より遅く感じられることが多い。渋滞の列の左側を直進するオートバイや交差点で直進中のオートバイと右折車両の衝突事故(いわゆる右直事故)の多くは相手車両の運転者がオートバイを見落したことによるものである。他にもオートバイの方が自動車よりも通行量が少ない、自動車と形状が違うなどの理由で相手車両の運転者が自動車にばかり気を取られやすくなるという理由で見落とされやすいのに加えて、特に夜間は、前照灯の照度が低い車種も多いことから、さらに見落とされやすくなる傾向にある。オートバイ フレッシュアイペディアより)

  • オートバイ

    オートバイから見たモータリゼーション

    しかし、モータリゼーションの到来とともに自動車が実用的な乗り物として普及すると、オートバイは一部の業務用を除いて趣味の乗り物として扱われるようになり、販売台数は頭打ちになった。オートバイ フレッシュアイペディアより)

  • オートバイ

    オートバイから見た道路標識

    道路標識等における「自二輪」と言う表記は、大型自動二輪車および普通自動二輪車を意味している。オートバイ フレッシュアイペディアより)

  • オートバイ

    オートバイから見た高齢者、身体障害者等の公共交通機関を利用した移動の円滑化の促進に関する法律

    こうした実情の背景には駐車場法の不備だけでなく、オートバイは占有面積が少なく邪魔になりにくい上、悪質な場合でない限り駐車違反の取締りから実質的に除外されることが多く、オートバイ用駐車場の必要性が軽んじられてきたことも起因していた。ところが、2002年の交通バリアフリー法施行から、特に歩道上に駐車されたオートバイに対する取締りが徐々に目立つようになり、2006年6月1日の道路交通法改正からオートバイの駐車違反も四輪車と同様に厳しく取締るようになって、オートバイ用駐車場の不足が改めて深刻なものとして顕在化した。警視庁や警察庁が公開する首都圏におけるオートバイの駐車違反摘発件数によると、法改正直前の2005年までは緩やかに推移していたのに対し、2006年は2倍を超え、2007年には5倍以上の26万6806件となっている。こうした傾向は全国的にも同様で、改正道路交通法施行前の2005年にの摘発件数は全国で約11万件だったのに対し、2006年には改正道路交通法施行後の半年間(6月から12月まで)だけで約23万4千件、翌2007年には1年間で約52万1千件と急増している。一方で、四輪車を含めた全体での摘発件数は、2007年に全国で300万4383件、前年比105万595件 (53.8%) の増加であり、オートバイの摘発件数だけが急速に増加していることがわかる。オートバイ フレッシュアイペディアより)

  • オートバイ

    オートバイから見た軍用車

    第二次世界大戦終戦後、日本の軍用機や軍用車を製造していた企業が航空機や自動車の製造を禁じられたため、所属していた技術者達はその技術を生かす場を求めていた。1945年当時、日本に駐留していた連合軍が持ち込んだアメリカのパウエル式やイギリスのコルギ式といったスクーターが陸軍機で知られる中島飛行機を源流に持ち、解体、平和産業へ転換させられた富士産業の技術者の目に留まり、材料が十分に確保できない状況で作れる製品としてその簡素な車体が関心を集め、規制の緩かったオートバイ業界へ技術者が流入しだした。開発をはじめたものの材料不足は深刻で、一時海軍機である銀河の尾輪をタイヤに転用したり、ピストン周辺はダットサンの部品を流用するなど、新規に部品すら製造できない状況の中で試作品は作られた。オートバイ フレッシュアイペディアより)

  • オートバイ

    オートバイから見た変速機

    それまでのオートバイは、アメリカのブリッグス・ストラットン社が開発したスミスモーターという自転車に装着する動力装置のような機構が簡便さから一定の評価を得ていたが、車軸に対して推進装置がずれていることや部品制度が低いために、速度が上がるとハンドルが揺れだすといた状況であった。始動を容易にするために圧力を開放するデコンプレッサーが装着されているなど、快適性に対する試行錯誤はみられるものの、始動方式は押しがけでクラッチや変速機、フロントブレーキも装着されていなかったため、運用や転倒せずに走行するには乗り手に高い技術が要求された。また、キャブレターは布にガソリンを染み込ませ、そこを空気が通ることによって混合気を作るといった非常に原始的なものであった。加えて、メーカーによる独自規格が乱立し、操縦方法の違いが顕著であった。代表的な例ではアメリカのハーレーとインディアンの間では同じ動作をするための装置が左右逆に装着されているなど、他社製品を操作するためにはまた新たな技能習得が必要であった。オートバイ フレッシュアイペディアより)

  • オートバイ

    オートバイから見たディスクブレーキ

    ブレーキには自転車同様のバンドブレーキやリムブレーキも当初見られたが、自動車と同じ仕組のドラムブレーキがそれらに取って代わった。ドラムに対するブレーキシューの向きで自己サーボ効果を発揮する方向が異なるため、フロントをツーリーディング、リアをリーディング&トレーリングとする組み合わせが多い。1970年代末にはスポーツ車からディスクブレーキが普及し初め、スポーツ車以外にも採用が広がっている。オートバイ フレッシュアイペディアより)

180件中 71 - 80件表示

「オートバイ」のニューストピックワード

  • 2度目のイタリア挑戦だが、前回より強い意志を持ち、感謝の気持ちを忘れず精いっぱい戦ってきたい

  • エースアタッカー

  • JTマーヴェラス