273件中 91 - 100件表示
  • エクセルシオール・モーター

    エクセルシオール・モーターから見たオートレースオートレース

    競走車 - オートレースの車両。同社のスピードウェイレーサーがルーツにあたる。エクセルシオール・モーター フレッシュアイペディアより)

  • サテライト阪神

    サテライト阪神から見たオートレースオートレース

    本項では同施設内に併設されている兵庫県競馬組合の場外勝馬投票券発売所であるDASHよかわ(だっしゅよかわ)および2016年11月2日に開設されるオートレース場外車券売場のオートレース阪神(オートレースはんしん)についても記述する。サテライト阪神 フレッシュアイペディアより)

  • ぴおシティ

    ぴおシティから見たオートレースオートレース

    地下1階から地上3階まではショッピング街。地下1階には食料品店や雑貨、100円ショップなどがあり、野毛ちかみちともつながっている。1階は国道16号に面し、婦人服店や雑貨、ミニストップが入居。2階はスポーツ用品店、横浜桜木郵便局方面とを結ぶ歩道橋とも連絡している。3階には骨董品店、書道用品店、ギャラリーなどが入居している。4・5階は調剤薬局、医療専門学校などがある。6階はオフィス。7階には会員制場外勝馬投票券発売所のジョイホース横浜、8・9・10階には会員制の競輪場外車券売場およびオートレース場外車券売場であるサテライト横浜・オートレース横浜が入居。ジョイホースおよびサテライトへの出入りは、それぞれの専用エレベーターから行う。ぴおシティ フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・R125

    ホンダ・R125から見たオートレースオートレース

    本田技研工業としてのレース活動は現会社の設立以前から本田宗一郎により行われているが、その頃の日本でのレースはダート走路の平面なオーバルトラックで行なうことが一般的で、本田技研工業(以下ホンダ)となった頃には市販のオートバイを改造した車両でレースに参加していたが、その中にはダートトラックで行われていたオートレースも含まれており創生期にはオートバイを競走車として参加させていた。ホンダ・R125 フレッシュアイペディアより)

  • 服部緑地陸上競技場

    服部緑地陸上競技場から見たオートレースオートレース

    1950年(昭和25年)に大阪府営豊中競輪場として開場し、大阪府や、豊中市周辺の都市が主催者となって開催を行った。しかし、同年に発生した鳴尾事件や、1954年(昭和29年)に後楽園競輪場で発生した騒乱事件により、当時通産大臣だった石橋湛山は、競馬の平日開催中止に同調する形で、競輪やオートレースについても平日開催の自粛方針を明らかにした。服部緑地陸上競技場 フレッシュアイペディアより)

  • トライアンフ (エンジン)

    トライアンフ (エンジン)から見たオートレースオートレース

    1950年、オートレースが誕生した時からトラは活躍していた。当初は様々な排気量・級別のエンジンが使用されていたが、やがて649ccのエンジンのみが重宝されるようになった。初めは馬力が高過ぎて乗りこなせないのではないかとまで言われたが、直線でその馬力を発揮し、大人気のエンジンとなった。トライアンフ (エンジン) フレッシュアイペディアより)

  • 競走

    競走から見たオートレースオートレース

    競輪・競艇・オートレースにおいては1節を1つの大会と捉えて、節内のチャンピオンを決定する方式(勝ち上がり方式、トーナメント方式ともいう)で行われているが、競馬においては同一開催内で複数回出走することは稀であるため、1つの開催を1つの大会と捉える概念が存在しない。競走 フレッシュアイペディアより)

  • フェイスネットワーク

    フェイスネットワークから見たオートレースオートレース

    現役のレースクイーンが所属する「プロモーション部」や、主にオートレース選手が所属する「スポーツエンターテイメント部」をはじめ、「タレント部」「ファッションモデル部」「ジュニア&キッズ部」「SP事業部」など、様々なジャンルのマネジメントを分野別に行っていた。また、レーシングチームのマネジメントも行っており、チームスポンサーのPR活動、サーキットのケータリング等のプロデュース、チームウェア・コスチュームの制作等にも携わっていた。フェイスネットワーク フレッシュアイペディアより)

  • 福井豊治

    福井豊治から見たオートレースオートレース

    オートレースSG優勝戦中継(司会、実況)福井豊治 フレッシュアイペディアより)

  • 太田祐茂

    太田祐茂から見たオートレースオートレース

    敗戦翌年の1946年、祐茂は高速機関工業から独立し、東京都港区田町に自動車修理工場「オオタ商会」を設立。次第に公営オートレース用レーシングカーの設計製作やチューニングも手がけるようになり、1957年にはヤンマーディーゼルのために、ディーゼルエンジン搭載のキャブオーバー型軽トラックの試作を行った。太田祐茂 フレッシュアイペディアより)

273件中 91 - 100件表示

「オートレース」のニューストピックワード