214件中 11 - 20件表示
  • キョクトー

    キョクトーから見たオートレースオートレース

    しかし、当時はオートレース競走車用エンジン市場に新規参入した国産第3のメーカートーヨーが3級車エンジン市場で圧倒的なシェアを誇り、元来それほど強くなかった2級車と1級車のエンジン市場はメグロに奪われ、往時のような勢いは失われてしまった。キョクトー フレッシュアイペディアより)

  • 早替

    早替から見たオートレースオートレース

    早替(はやがえ)とは、競馬、競艇、競輪、オートレース等の公営競技場内もしくはその周辺でにおいて、的中した投票券を買い取って手数料を得る行為、もしくはそれを行っている人を指す言葉である。単に早いの(はやいの)と呼ばれることもある。早替 フレッシュアイペディアより)

  • 青木三兄弟

    青木三兄弟から見たオートレースオートレース

    現在はオートレース選手(川口オートレース場所属)。1995年-1996年のロードレース世界選手権GP125クラス2年連続年間チャンピオン(GP125クラス通算9勝)。2004年オートレースデビュー、2006年第30回日刊スポーツキューポラ杯争奪戦(川口オートレース場)で記念初優勝。オートレース転向後の2005年鈴鹿8耐に出場し、総合3位・JSB1000クラス優勝(安田毅史/監督は森且行)。青木三兄弟 フレッシュアイペディアより)

  • 太田祐茂

    太田祐茂から見たオートレースオートレース

    敗戦翌年の1946年、祐茂は高速機関工業から独立し、東京都港区田町に自動車修理工場「オオタ商会」を設立。次第に公営オートレース用レーシングカーの設計製作やチューニングも手がけるようになり、1957年にはヤンマーディーゼルのために、ディーゼルエンジン搭載のキャブオーバー型軽トラックの試作を行った。太田祐茂 フレッシュアイペディアより)

  • 太田祐一

    太田祐一から見たオートレースオートレース

    敗戦後の1947年、東京・品川に「ワイドフィールドモータース」を設立。進駐軍兵士のスポーツカーのチューンアップ、ジープの乗用車への改造、トヨペットやダットサンへのオープンカーやステーションワゴン車体架装、当時は4輪車も出走できたオートレース向けレーシングカーの開発などを手がけた。1952年には日産自動車宣伝課長だった片山豊の依頼で、戦後初のスポーツカー・「ダットサン・スポーツDC-3」の車体デザインと製造を行った。また、このDC-3で米軍人が中心に行われていたクラブレースに出場、往年の名手ぶりを発揮した。太田祐一 フレッシュアイペディアより)

  • 太田義夫

    太田義夫から見たオートレースオートレース

    千葉県立長生高等学校を卒業後、オートレースの選手を志すも輪界入り。1966年11月10日、ホームバンクだった千葉競輪場でデビューし、初勝利も同日。1971年に賞金王に輝き、東西対抗戦形式元年となった1973年の高松宮杯競輪決勝において、緩急ある巧みなペース駆けを見せて逃げ切り優勝を果たした。太田義夫 フレッシュアイペディアより)

  • トライアンフ (エンジン)

    トライアンフ (エンジン)から見たオートレースオートレース

    1950年、オートレースが誕生した時からトラは活躍していた。当初は様々な排気量・級別のエンジンが使用されていたが、やがて649ccのエンジンのみが重宝されるようになった。初めは馬力が高過ぎて乗りこなせないのではないかとまで言われたが、直線でその馬力を発揮し、大人気のエンジンとなった。トライアンフ (エンジン) フレッシュアイペディアより)

  • 安田毅史

    安田毅史から見たオートレースオートレース

    鈴鹿8時間耐久ロードレース3位、JSB1000クラス優勝(青木治親/オートレース・ハルクプロ)安田毅史 フレッシュアイペディアより)

  • 全国競走労働組合

    全国競走労働組合から見たオートレースオートレース

    加入労働者の業種は公営競技(競馬、競輪、競艇、オートレース)で、主に投票券の発売業務をする労働者。全国競走労働組合 フレッシュアイペディアより)

  • 目黒

    目黒から見たオートレースオートレース

    メグロ (エンジン) - 目黒製作所、およびその後進会社であるニュー・メグロ株式会社、メグロ発動機株式会社が開発・生産したオートレース競走車用エンジン。目黒 フレッシュアイペディアより)

214件中 11 - 20件表示

「オートレース」のニューストピックワード