194件中 11 - 20件表示
  • オードリー

    オードリー (お笑いコンビ)から見た上戸彩上戸 彩

    バイトルドットコム(2010年6月 - )上戸彩と共演オードリー (お笑いコンビ) フレッシュアイペディアより)

  • オードリー

    オードリー (お笑いコンビ)から見た吉高由里子

    トヨタ自動車「ラクティス」(2009年10月 - )吉高由里子と共演オードリー (お笑いコンビ) フレッシュアイペディアより)

  • オードリー

    オードリー (お笑いコンビ)から見たビートたけしビートたけし

    若林は小学生時代からお笑いをやりたいと思うようになる。満員電車で通学していたときに一緒に乗っていたサラリーマンを見て、「あぁ。俺、こんなつまんない顔したサラリーマンにはなりたくねぇなぁ。」と思ったという。そして深夜のバラエティのTVでビートたけしが暴れていたり、とんねるずがチェッカーズのことを蹴っているところを見て、「なんだこの大人達は...。俺もこんな大人になりたい。」と思ったことが、若林が芸人を志した動機である。高校生の時アメリカンフットボールで関東代表に選ばれていた春日を見て「春日がいい」と思い、高校3年生の時から誘うようになる。大学に入学した後も春日を誘い続けていたという。しかし一方で、「よくつるんでいた11人グループの中で面白い奴から順に声を掛けていって、春日は上から8番目に電話を掛けた相手」との話もある。オードリー (お笑いコンビ) フレッシュアイペディアより)

  • オードリー

    オードリー (お笑いコンビ)から見た相田みつを

    当初は爆笑問題のようなスタイルの漫才を目指し、若林がボケ、春日がツッコミだった(相田みつををモチーフとした「わかを」、「味覚」などのネタがある)。春日は「自分では出来ているつもりだった」がツッコミ間違いが多く、何度やっても上手くいかなかった。自分達のトークライブのビデオを見ていた時、ツッコミ間違いを数えてみたら2時間で28個(31回中)もあったという。しばらくは伸び悩む時期が続き、同期の中でも特に落ちこぼれてしまった。若林は解散や芸人への道を諦めることを何度も考えたという。オードリー (お笑いコンビ) フレッシュアイペディアより)

  • オードリー

    オードリー (お笑いコンビ)から見たオール巨人

    2008年12月21日、M-1グランプリ2008で敗者復活戦から決勝進出を果たし、決勝ファーストラウンドでは「引っ越し」というしゃべくり漫才風のネタを披露し、春日がセリフを噛んでしまったことまでアドリブで笑いに変え、5人の審査員から最高得点(中田カウスの98点、大竹まことの92点、オール巨人の91点、渡辺正行の92点、松本人志の95点)を付けられ、649点を獲得しファーストラウンド1位通過を果たした。審査員の大竹まことからは「こんな漫才、見たことないね。今まで一度も。噛んで面白いって、どういうことだよ」、松本人志からは「どんどん面白くなっていって、最後には胸の(エントリー番号の)『4431番』まで面白く感じた。」と評価された。その一方で、島田紳助から「ちょっと昔に見た嫌なのりお・よしおさんを思い出したから、僕はあんまり評価しなかった。」との評価もされている(司会の今田耕司に「最高の名誉ですよ!?」とフォローされた)。オードリー (お笑いコンビ) フレッシュアイペディアより)

  • オードリー

    オードリー (お笑いコンビ)から見た松本人志

    2008年12月21日、M-1グランプリ2008で敗者復活戦から決勝進出を果たし、決勝ファーストラウンドでは「引っ越し」というしゃべくり漫才風のネタを披露し、春日がセリフを噛んでしまったことまでアドリブで笑いに変え、5人の審査員から最高得点(中田カウスの98点、大竹まことの92点、オール巨人の91点、渡辺正行の92点、松本人志の95点)を付けられ、649点を獲得しファーストラウンド1位通過を果たした。審査員の大竹まことからは「こんな漫才、見たことないね。今まで一度も。噛んで面白いって、どういうことだよ」、松本人志からは「どんどん面白くなっていって、最後には胸の(エントリー番号の)『4431番』まで面白く感じた。」と評価された。その一方で、島田紳助から「ちょっと昔に見た嫌なのりお・よしおさんを思い出したから、僕はあんまり評価しなかった。」との評価もされている(司会の今田耕司に「最高の名誉ですよ!?」とフォローされた)。オードリー (お笑いコンビ) フレッシュアイペディアより)

  • オードリー

    オードリー (お笑いコンビ)から見た清原和博

    サッポロビール「ドラフトワン」(2009年7月 - )清原和博と共演オードリー (お笑いコンビ) フレッシュアイペディアより)

  • オードリー

    オードリー (お笑いコンビ)から見た島田紳助

    2008年12月21日、M-1グランプリ2008で敗者復活戦から決勝進出を果たし、決勝ファーストラウンドでは「引っ越し」というしゃべくり漫才風のネタを披露し、春日がセリフを噛んでしまったことまでアドリブで笑いに変え、5人の審査員から最高得点(中田カウスの98点、大竹まことの92点、オール巨人の91点、渡辺正行の92点、松本人志の95点)を付けられ、649点を獲得しファーストラウンド1位通過を果たした。審査員の大竹まことからは「こんな漫才、見たことないね。今まで一度も。噛んで面白いって、どういうことだよ」、松本人志からは「どんどん面白くなっていって、最後には胸の(エントリー番号の)『4431番』まで面白く感じた。」と評価された。その一方で、島田紳助から「ちょっと昔に見た嫌なのりお・よしおさんを思い出したから、僕はあんまり評価しなかった。」との評価もされている(司会の今田耕司に「最高の名誉ですよ!?」とフォローされた)。オードリー (お笑いコンビ) フレッシュアイペディアより)

  • オードリー

    オードリー (お笑いコンビ)から見た岡本太郎

    岡本太郎に傾倒した若林が、著書にある「伝わらないものをやれ」というメッセージに感化され、面白さよりも客をイライラさせる方針をとった。ネタ中に春日がする胸を張るポーズや苦虫を噛み潰したような顔も、岡本の作品『太陽の塔』がモチーフである。オードリー (お笑いコンビ) フレッシュアイペディアより)

  • オードリー

    オードリー (お笑いコンビ)から見た爆笑問題爆笑問題

    当初は爆笑問題のようなスタイルの漫才を目指し、若林がボケ、春日がツッコミだった(相田みつををモチーフとした「わかを」、「味覚」などのネタがある)。春日は「自分では出来ているつもりだった」がツッコミ間違いが多く、何度やっても上手くいかなかった。自分達のトークライブのビデオを見ていた時、ツッコミ間違いを数えてみたら2時間で28個(31回中)もあったという。しばらくは伸び悩む時期が続き、同期の中でも特に落ちこぼれてしまった。若林は解散や芸人への道を諦めることを何度も考えたという。オードリー (お笑いコンビ) フレッシュアイペディアより)

194件中 11 - 20件表示

「オードリー」のニューストピックワード