194件中 41 - 50件表示
  • オードリー

    オードリー (お笑いコンビ)から見たニッポン放送

    オードリーのオールナイトニッポン(ニッポン放送、2009年10月10日 - )土曜日レギュラーオードリー (お笑いコンビ) フレッシュアイペディアより)

  • オードリー

    オードリー (お笑いコンビ)から見たSKELT 8 BAMBINO

    僕はB型〜A型の君に恋してる〜(SKELT 8 BAMBINOオードリー (お笑いコンビ) フレッシュアイペディアより)

  • オードリー

    オードリー (お笑いコンビ)から見た後藤完夫

    2人が高校時代にアメリカンフットボール部に所属していたこともあり、アメフトに関連したショートコントもある(ショートアメフト)。またアメフト解説者の後藤完夫はこの「ショートアメフト」を絶賛しており、第44回スーパーボウル中継の際に骨折している春日に代わって若林とショートアメフトをやろうと自らネタを英訳したが、防具が用意できなかったため実現しなかった。オードリー (お笑いコンビ) フレッシュアイペディアより)

  • オードリー

    オードリー (お笑いコンビ)から見たネプチューン (コントグループ)ネプチューン

    高校時代の活動拠点は阿佐ヶ谷だったが、放課後は高円寺で過ごすことが多かった。また部活帰りにネプチューンや海砂利水魚のライヴを見に行ったりしていた。オードリー (お笑いコンビ) フレッシュアイペディアより)

  • オードリー

    オードリー (お笑いコンビ)から見たビックスモールンビックスモールン

    2008年1月1日、日本テレビ系「ぐるナイ番外 おもしろ荘へいらっしゃい! レア芸人だけで生放送 祭りだオッパッピー!」に出演し、地上波の放送で初めて念願の漫才ネタを披露する。ただしテレビそのものはこの番組が初出演ではなく、これより約2年前の2006年5月にフジテレビの「インパクト!(第4回)」に出演している。当時は、藤岡弘、と中尾彬のものまねでの出演であった。また、駆け出しの頃には『桂芸能社!』(TBS)に数回、VTRを送っている。VTRの内容は、床に置いたフラフープの輪に入った春日に、若手皆で(ビックスモールンなど同じ事務所の芸人も参加している)、「熱湯鉄砲」で集中攻撃をしたり、「松明」で背中を炙って、どこまで輪から出ないで耐え得るかという、若手芸人ならば一度はチャレンジするようなギリギリのリアクション芸であった。このVTRを見た当時の若林の彼女は、「お願いだから普通に就職して」と頼んだという。オードリー (お笑いコンビ) フレッシュアイペディアより)

  • オードリー

    オードリー (お笑いコンビ)から見たオードリー・ヘプバーン

    2000年4月、事務所主催のライブに「若林春日」で参加しようとするものの、「コンビ名がないと参加できない」と言われ、春日がその場で思いついた「ナイスミドル」というコンビ名でのデビューを余儀なくされる。2005年4月、コンビ名を「オードリー」に改名。これは、事務所社長から「うにいくら」、「オードリー」の2択を迫られ、その場が寿司屋であったこともあり、「うにいくら」は社長の思いつきと判断。そのため「オードリー」に決定した。社長は、「華が無い二人なので、華のあるオードリー・ヘプバーンから採った」としている。その後、自身のラジオで、その他のコンビ名の候補として「チーズワイン」と「兼定」があったことを明かした。オードリー (お笑いコンビ) フレッシュアイペディアより)

  • オードリー

    オードリー (お笑いコンビ)から見たエイダン・オブライエン

    1997年、高校卒業後、春日は日本大学商学部経営学科、若林は東洋大学二部文学部にそれぞれ進学、卒業している。中学・高校時代の同級生にアイルランドに渡りエイダン・オブライエン厩舎の厩務員になった人物がおり、後に担当馬を第30回ジャパンカップに出走させるため一時帰国した際のスポーツ新聞のインタビューで、オードリーについても語ったことがある。この人物によると、「学生当時とは2人のキャラクターが違っている」そうであり、春日はおとなしくて真面目である一方、若林の方がやんちゃなグループに入っていたという。オードリー (お笑いコンビ) フレッシュアイペディアより)

  • オードリー

    オードリー (お笑いコンビ)から見た西川のりお・上方よしお

    2008年12月21日、M-1グランプリ2008で敗者復活戦から決勝進出を果たし、決勝ファーストラウンドでは「引っ越し」というしゃべくり漫才風のネタを披露し、春日がセリフを噛んでしまったことまでアドリブで笑いに変え、5人の審査員から最高得点(中田カウスの98点、大竹まことの92点、オール巨人の91点、渡辺正行の92点、松本人志の95点)を付けられ、649点を獲得しファーストラウンド1位通過を果たした。審査員の大竹まことからは「こんな漫才、見たことないね。今まで一度も。噛んで面白いって、どういうことだよ」、松本人志からは「どんどん面白くなっていって、最後には胸の(エントリー番号の)『4431番』まで面白く感じた。」と評価された。その一方で、島田紳助から「ちょっと昔に見た嫌なのりお・よしおさんを思い出したから、僕はあんまり評価しなかった。」との評価もされている(司会の今田耕司に「最高の名誉ですよ!?」とフォローされた)。オードリー (お笑いコンビ) フレッシュアイペディアより)

  • オードリー

    オードリー (お笑いコンビ)から見たブッチャーブラザーズブッチャーブラザーズ

    素人時代、サンミュージックプロダクション主催のネタ見せイベントに参加し、審査員であったブッチャーブラザーズに、「どうすればプロの芸人になれますか?」と若林が質問。ぶっちゃあから、「事務所に所属すればその時点でプロだ」と言われ、オーディションをしている事務所を書いたメモを渡された。そのメモの一番上に書いてあったのが現事務所である。オードリー (お笑いコンビ) フレッシュアイペディアより)

  • オードリー

    オードリー (お笑いコンビ)から見た24時間テレビ

    24時間テレビ、2011年8月20日・21日(中京テレビ)オードリー (お笑いコンビ) フレッシュアイペディアより)

194件中 41 - 50件表示

「オードリー」のニューストピックワード