カイコ ニュース&Wiki etc.

カイコ(蚕、蠶)はチョウ目(鱗翅目)・カイコガ科に属する昆虫の一種。正式和名はカイコガで、カイコは本来この幼虫の名称だが、一般的にはこの種全般をも指す。クワ(桑)を食餌とし、絹を産生して蛹(さなぎ)の繭(まゆ)を作る。 (出典:Wikipedia)

「カイコ」Q&A

  • Q&A

    ニュージーランド、カイコウラへの旅行 来月12月2日からカイコウラへの旅行を計画し…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2016年11月27日 03:13

  • Q&A

    ニュージーランド、クライストチャーチから、テアナウまで、正月休みにドライブ予定です。…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年11月25日 19:31

  • Q&A

    おすすめの曲を教えてください。 私は普段、JPOP、アニソン、声優、ボカロ、クラシ…

    [続きを読む]

    回答数:11質問日時 - 2016年11月18日 03:18

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「カイコ」のつながり調べ

  • 草泥馬

    草泥馬から見たカイコ

    菊花蚕(ジューホワツァン、júhuācán) - 桑の葉ではなく菊の花を食べるカイコの一種とされる。周杰倫(ジェイ・チョウ)の歌う「菊花台」の歌詞の一部「、júhuā cán, mǎndì shāng」(傷ついた菊が床に散らばる)が、「、júhuā cán, mǎndìng shāng」(菊の花(アナル)が壊され、尻中が傷だらけ)と聞こえることから。(草泥馬 フレッシュアイペディアより)

  • セイヨウショウロ

    セイヨウショウロから見たカイコ

    これらの試みの成功は、トリュフの生育に必要な暑く乾燥した気候の石灰岩地帯である南フランスに熱狂をもたらした。19世紀の末に、南フランスのぶどう園が侵入害虫のブドウネアブラムシによって壊滅した。別の伝染病のため南フランスのカイコが壊滅したため、桑園も無用になってしまった。こうして、広大な土地がトリュフ栽培のための空き地となった。トリュフを生産する樹木が何千本も植えられ、1892年のフランス全体での収穫量は2000トンに上がり1890年には750平方キロのトリュフ園があった。(セイヨウショウロ フレッシュアイペディアより)

「カイコ」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「カイコ」のニューストピックワード