前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
278件中 1 - 10件表示
  • 養蚕業

    養蚕業から見たカイコカイコ

    養蚕業(ようさんぎょう)は、カイコ(蚕)を飼ってその繭から生糸(絹)を作る産業である。遺伝子組み換えカイコを用いた医薬素材の生産や、カイコ蛹を利用して冬虫夏草(茸)を培養するといった新しいカイコの活用も進んでいる。養蚕業 フレッシュアイペディアより)

  • 繭

    から見たカイコカイコ

    一般的には昆虫、特にガにおける、絹糸の繊維質のものをさす。更に狭い意味では、カイコのそれを指し、絹糸の原料である。(を参照のこと) フレッシュアイペディアより)

  • まゆこ

    まゆこから見たカイコカイコ

    カイコ蛾の成虫。カイコ参照。まゆこ フレッシュアイペディアより)

  • ガ

    から見たカイコカイコ

    蛹になる前に糸を吐いたりして繭(マユ)を作る種類が多く、カイコガなどはその糸が人間に利用される。 ただしスズメガ科の多くの種類など、繭を作らずに土中でさなぎになるものもいる。 フレッシュアイペディアより)

  • テロメア

    テロメアから見たカイコカイコ

    テロメアDNAの配列は生物によって多少異なるが、多くのモデル生物ではグアニン (G) とチミン (T) に富んだ反復配列となっている。哺乳類やキイロタマホコリカビでは TTAGGG の6塩基が反復したものである。線虫の C. elegans では TTAGGC、昆虫のカイコでは TTAGG、植物のシロイヌナズナでは TTTAGGG、出芽酵母では TG, TGG, TGGG がランダムに繰り返した配列である。これは突出した側の配列(図のオレンジ色の線)であり、その相補鎖(図の青色の線)はシトシン (C) とアデニン (A) が多くなる。ただし、一部の昆虫では異なる様式がみられる。ショウジョウバエではこのような高 GT 配列はなく、トランスポゾンの一種であるレトロポゾンがたくさん見られる。ショウジョウバエでは後述するテロメラーゼよりも、これらの外来性配列の転移によってテロメアが維持されている。カイコは弱いテロメラーゼ活性が見られるものの、レトロポゾンの一種(テロメア特異的LINE; SART/TRAS)による染色体末端の維持が行われている。テロメア フレッシュアイペディアより)

  • 島根県立川本高等学校

    島根県立川本高等学校から見たカイコ

    1924年(大正13年)に開校した「島根県立川本農学校」(実業学校)を前身とする。創立から85周年目の2009年(平成21年)3月に閉校した。島根県立川本高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 絹織物

    絹織物から見たカイコ

    中国漢の時代になると高価な貴重品としてシルクロードの主要な交易品目とされた。その製法は長い間秘密とされ、を中国の国外に持ち出したものは死刑に処せられたとされる。14世紀になると絹織物刺繍が最盛期となり、蘇州の宋錦、南京の云錦、四川省の蜀錦などの刺繍デザインが発展した。絹織物 フレッシュアイペディアより)

  • 恒温動物

    恒温動物から見たカイコカイコ

    現生動物において比較するかぎり、体温の恒常性の有無と成長速度、あるいは急速な成長期の有無には関連性は特に認められない。例えば、典型的な恒温動物であるヒトは誕生してから15年で体長で4倍・体重で20倍程度に成長するに過ぎないが、典型的な変温動物であるカイコは30日で体長で30倍・体重で5000倍にも成長する。同じく変温動物であるニホンカナヘビでは1年で体重で20倍程度、人間と同程度の成体体重の陸上脊椎動物であるアミメニシキヘビ(15歳程度)の誕生時体重は100g程度(つまり5〜600倍)であり、ワニの成長速度はこれよりも速い。恒温動物 フレッシュアイペディアより)

  • 富岳風穴

    富岳風穴から見たカイコカイコ

    夏でも寒い洞窟内では、夏でも溶けない氷柱や、溶岩棚、縄状溶岩などが見られる。江戸時代から昭和時代にかけて様々に利用されてきて、カイコを飼ったりしている。富岳風穴 フレッシュアイペディアより)

  • 昆虫

    昆虫から見たカイコガカイコ

    今日の日本においては、昆虫食はあまり一般的ではなく、どちらかと言うとゲテモノ料理や珍味として扱われる機会が多い。その中でイナゴ(佃煮)は全国的に食べられていると言ってもよく、ハチ、セミ、ゲンゴロウ、トビケラやカワゲラ(水生昆虫の幼虫をまとめてざざむしと総称)、カイコガ、カミキリムシ等も食用とされることがある。商品として売り出されたところもある。2008年現在、はちの子、イナゴの缶詰はともに1トン弱、カイコのサナギが300キロ、まゆこ(カイコのガ)が100キロ、ザザムシが300キロ製造されている。昆虫 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
278件中 1 - 10件表示

「カイコ」のニューストピックワード