前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
211件中 1 - 10件表示
  • まゆこ

    まゆこから見たカイコカイコ

    カイコ蛾の成虫。カイコ参照。まゆこ フレッシュアイペディアより)

  • 繭

    から見たカイコカイコ

    一般的には昆虫、特にガにおける、絹糸の繊維質のものをさす。更に狭い意味では、カイコのそれを指し、絹糸の原料である。 フレッシュアイペディアより)

  • 島根県立川本高等学校

    島根県立川本高等学校から見たカイコ

    1924年(大正13年)に開校した「島根県立川本農学校」(実業学校)を前身とする。創立から85周年目の2009年(平成21年)3月に閉校した。島根県立川本高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • タバコ

    タバコから見たカイコカイコ

    なお、有毒なニコチン(毒物および劇物取締法を参照)を含むため、タバコ農家や近隣住民、野生生物に健康被害を及ぼすことが報告されている。例として、乳牛の母乳の生産量低下、桑の衰弱によるカイコガの死滅に伴う養蚕業への被害などがある。人間にも、特異体臭や呼吸困難などの被害が時折見受けられる。タバコ フレッシュアイペディアより)

  • 昆虫

    昆虫から見たカイコガカイコ

    今日の日本においては、昆虫食はあまり一般的ではなく、どちらかと言うとゲテモノ料理や珍味として扱われる機会が多い。その中でイナゴ(佃煮)は全国的に食べられていると言ってもよく、ハチ、セミ、ゲンゴロウ、トビケラやカワゲラ(ざざむし)、カイコガ、カミキリムシ等も食用とされることがある。長野県のハチの子の佃煮のように郷土料理や名物になっている地域もある。昆虫 フレッシュアイペディアより)

  • 恒温動物

    恒温動物から見たカイコカイコ

    現生動物において比較するかぎり、体温の恒常性の有無と成長速度、あるいは急速な成長期の有無には関連性は特に認められない。例えば、典型的な恒温動物であるヒトは誕生してから15年で体長で4倍・体重で20倍程度に成長するに過ぎないが、典型的な変温動物であるカイコは30日で体長で30倍・体重で5000倍にも成長する。同じく変温動物であるニホンカナヘビでは1年で体重で20倍程度、人間と同程度の成体体重の陸上脊椎動物であるアミメニシキヘビ(15歳程度)の誕生時体重は100g程度(つまり5?600倍)であり、ワニの成長速度はこれよりも速い。恒温動物 フレッシュアイペディアより)

  • テロメア

    テロメアから見たカイコカイコ

    テロメアDNAの配列は生物によって多少異なるが、多くのモデル生物ではグアニン (G) とチミン (T) に富んだ反復配列となっている。哺乳類やキイロタマホコリカビでは TTAGGG の6塩基が反復したものである。線虫の C. elegans では TTAGGC、昆虫のカイコでは TTAGG、植物のシロイヌナズナでは TTTAGGG、出芽酵母では TG、TGG、TGGGがランダムに繰り返した配列である。これは突出した側の配列(図のオレンジ色の線)であり、その相補鎖(図の青色の線)はシトシン (C) とアデニン (A) が多くなる。ただし、一部の昆虫では異なる様式がみられる。ショウジョウバエではこのような高 GT 配列はなく、トランスポゾンの一種であるレトロポゾンがたくさん見られる。ショウジョウバエでは後述するテロメラーゼよりも、これらの外来性配列の転移によってテロメアが維持されている。カイコは弱いテロメラーゼ活性が見られるものの、レトロポゾンの一種(テロメア特異的LINE; SART/TRAS)による染色体末端の維持が行われている。テロメア フレッシュアイペディアより)

  • ガ

    から見たカイコカイコ

    蛹になる前に糸を吐いたりして繭(マユ)を作る種類が多く、カイコガなどはその糸が人間に利用される。 ただしスズメガ科の多くの種類など、繭を作らずに土中でさなぎになるものもいる。 フレッシュアイペディアより)

  • 老農

    老農から見たカイコカイコ

    彼らは、輸入学問であった近代農学とは独立して、近世以前の在来農学の蓄積に基づき、単なる個人の経験の寄せ集めという段階を越えた実証主義的な態度からの技術改良を志向した。一部には、イネの品種間の実証的な比較収量試験を行ったり、メンデルの法則の導入以前から交配によるカイコの品種改良を試みるものもいたという。老農 フレッシュアイペディアより)

  • 明治農法

    明治農法から見たカイコカイコ

    彼らは、輸入学問であった近代農学とは独立して、近世以前の在来農学の蓄積に基づき、単なる個人の経験の寄せ集めという段階を越えた実証主義的な態度からの技術改良を志向した。一部には、イネの品種間の実証的な比較収量試験を行ったり、メンデルの法則の導入以前から交配によるカイコの品種改良を試みるものもいたという。明治農法 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
211件中 1 - 10件表示