211件中 91 - 100件表示
  • 近鉄10000系電車

    近鉄10000系電車から見たカイコカイコ

    事故後、その特殊性ゆえにこの時期すでに持て余し気味であったことや、後継車である10100系を含め非貫通の流線型運転台は増結時の取り扱いについて非常に不便であったことなどから、本系列の復旧は遅れ、特に破損の大きかったモ10007は翌1967年(昭和42年)6月になって、鉄道趣味者から「」や「ブルドッグ」とあだ名された特徴的な流線型前頭部を撤去し、当時新造中の18200系に準じた仕様の特急標識や密着式連結器を備える、貫通扉付き前頭部を新造搭載のうえで復旧された。この際、同車のみ4枚折戸を他系列と共通の2枚折戸に変更している。近鉄10000系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 利賀のはつうま

    利賀のはつうまから見たカイコ

    行事には小学1年生から6年生の男女児童全員が参加し、神主・馬・太鼓・歌唄い・俵(ひょう)ころがしの役割に分かれた子供達が順に並び、それぞれの地区のすべての家の中に長靴のまま上がり込む。まず神主の衣装を着た子供がの神様の絵が描かれた札を家の大黒柱に立て掛け祝詞を唱える。次に神主と入れ替わり馬役の2人が獅子舞のような藁のしっぽがついた幕(馬の幕)に入り、1人が藁でできた馬の頭1人がしっぽを持ち前に出て、太鼓に合わせ「乗り込んだ乗り込んだ、お馬が乗り込んだ・・・」という歌唄いと神主の囃し唄に合わせ頭としっぽを振りながら舞う。その後俵(ひょう)ころがしといわれる中に籾がらを一斗量詰めた俵(たわら)に縄を付けたものを、唱えごとをしながら重そうに引く所作を行ない、火の用心や福の神と書かれた守り札を撒く。終了後家の人がお礼にお菓子やお餅、みかん、祝儀袋などを渡すと次の家に向かう。利賀のはつうま フレッシュアイペディアより)

  • 性的二形

    性的二形から見たカイコカイコ

    また、昆虫では雄に特に発達した触角をもつ例がある。例えばカイコやヤママユガなどは、雌はほとんど幅のない細い触角だが、雄のそれは節ごとに長い横枝が出て、全体では櫛か羽根状になる。これらの昆虫は、性フェロモンによって雄が雌を探すために、そのための感覚器官が発達したものである。当然ながら相補的に、それに対する異性にはフェロモンを分泌する器官が発達するが、こちらの方は目立たない。しかし、これも二形のひとつである。性的二形 フレッシュアイペディアより)

  • 大生部多

    大生部多から見たカイコカイコ

    多は駿河国の不尽河(富士川)辺の人。皇極天皇3年(644年)にタチバナやイヌザンショウにつくカイコに似た虫(アゲハチョウ、一説にはシンジュサンの幼虫)を常世神であると称し、それを祀れば貧しい者は富み、老いた人は若返ると吹聴した。そのため、人々は虫を台座に安置し、舞い踊り家財を喜捨して崇め、往来で馳走を振る舞い、歌い踊り恍惚となり富が訪れるのを待った。大生部多 フレッシュアイペディアより)

  • 梁川町

    梁川町から見たカイコカイコ

    一方、幕末から昭和初期までは養蚕で栄え、蚕都とも呼ばれた。の温暖育(人工的に室温を調節して効率的に生育させる)を発明し、飛躍的な繭の品質向上を果たして、全国から買い付け人がくるなど隆盛を極めた。町には多数の旅館や金融機関が開業し、歌舞伎座(広瀬座…現在は文化財として福島市に移築保存)もあった。現在町内に残る古い大きな民家は、幕末?明治の繁栄した時代に建築された建物が多い。大手繊維メーカーである日東紡(日東紡績株式会社)が福島で創業したのも、梁川を中心とする福島盆地の養蚕産業と無縁ではない。また、千葉県佐倉市にある国立歴史民俗博物館にも、梁川の養蚕文化に関する展示があり、温暖育のために梁川の中村善右衛門氏が幕末に考案した日本初の寒暖計「蚕当計」のレプリカも展示してある。(「蚕当計」の実物は梁川町立梁川小学校に現存)梁川町 フレッシュアイペディアより)

  • 梁川町

    梁川町から見たカイコ

    伝統的な養蚕は清涼育とよばれる自然の温度で蚕を飼育する。天候に左右される不安定な飼育だった。幕末には人工的に温度や湿度を管理してを効率的に飼育しようとする温暖育が試みられるようになったが、勘と経験による不安定さを払拭できなかった。中村善右衛門は蘭方医の体温計をヒントに蚕当計(寒暖計の一種)を発明し、初めて温度・湿度を正確に管理する温暖育が可能にした。なお、天領の時代、梁川の生糸は江戸幕府指定品だった。梁川町 フレッシュアイペディアより)

  • 隠津島神社 (二本松市)

    隠津島神社 (二本松市)から見たカイコ

    ゴンダチの一連の儀式は、大岩を母胎に見立てた誕生(再生)と命名の後に、お食い初めと羽山神社への初宮詣、成人式に至るという流れを擬えらえたものとされるが、幡祭りに関して言えばこの日に木幡山の桑の葉を摘んで自家で栽培した桑の葉と混ぜ、それをに与えればよく育つものともされているので、本来は養蚕業に因む神事であったと考えられるが、幡をハヤマ信仰によるハヤマ籠りに多く用いられる梵天の変化したものと見るならば、前九年の役に関する由緒は附会されたもので、本質は参籠を主とするハヤマ信仰に基づく習俗であって、そこに羽黒修験にも見られる胎内くぐりといった成人儀礼や養蚕業の繁栄を祈って絹を奉納する習俗が加わったものとも考えられ、いずれにせよ木幡山に対する原始信仰を基盤に種々の信仰、儀礼が複合していったものと考えられる。隠津島神社 (二本松市) フレッシュアイペディアより)

  • 乎加神社

    乎加神社から見たカイコ

    神代に五穀麻の原種を民衆に授けた神として崇敬されていた豊遠迦比売命、白山比売を祀っており、延喜式神名帳では近江国神崎郡二座のうちの一座である(もう一座は河桁御河邊神社)。第十九代允恭天皇の勅命によりこの地に祀られ、古来から皇室をはじめ領主の崇敬が厚かったと社歴に記されている。また、「神崎郡」や「神郷」、古代の郷村名「神主」といった地名はいずれも乎加神社に由来するものである。乎加神社 フレッシュアイペディアより)

  • 駒形神社

    駒形神社から見たカイコ

    駒形大神は馬との守護神とされ、馬頭観音あるいは大日如来と習合し、東日本各地に勧請されて「おこま様」と呼ばれている。馬の守護神とされたのは、古代、この一帯が軍馬の産地であったためと考えられる。駒形神社 フレッシュアイペディアより)

  • ねずみ捕り

    ねずみ捕りから見たカイコカイコ

    田代島のように養蚕が行われていた地域では、カイコの天敵であるネズミを駆除してくれる猫を大切にする風習が残っている。ねずみ捕り フレッシュアイペディアより)

211件中 91 - 100件表示

「カイコ」のニューストピックワード