211件中 11 - 20件表示
  • 天蚕糸

    天蚕糸から見た家蚕カイコ

    天蚕糸(てんさんし)は、天蚕の繭からとった天然の繊維。萌黄色の独特の光沢を持ち、絹に比べて軽くて柔らかいのが特徴である。糸の中に空気が入っているために保温性が高い。また、染料が吸着しにくいために濃く染まらない性質を利用して、家蚕糸と混織し後染めすることで濃淡をつけることも行われている。天蚕糸 フレッシュアイペディアより)

  • 小石丸

    小石丸から見たカイコ

    小石丸(こいしまる)は、の品種のひとつ。宮中の御養蚕所における皇后御親蚕に用いられる品種で、非常に細く上質の糸を産する。昭和期の一時、飼育の中止が検討されたが、当時皇太子妃であった皇后美智子が残すことを主張して飼育は継続された。その後、日本全国で飼育されるに至っている。小石丸 フレッシュアイペディアより)

  • 牛蒡種

    牛蒡種から見たカイコカイコ

    牛蒡種の力は妬みや羨望の念がもとになるといわれており、この家の者に憎まれて睨まれた者は頭痛や精神疾患を患うといい、さらには牛蒡種の家の者が他家の農作物、カイコ、陶器など器物の良さを誉めただけでも、それら農作物やカイコが駄目になったり、器物が壊れたりするともいう。ただし郡長、村長、警察署長といった高い地位の者に対してはその効力がないともいう。牛蒡種 フレッシュアイペディアより)

  • 永遠かもしれない

    永遠かもしれないから見たカイコカイコ

    高校1年生。を祀り神とする天蚕(てぐす)神社の息子で神和(かんなぎ、巫女のようなもの)を務める。亡き母はそこの巫女だった。白い蛾を使神(みさきがみ)として使うなど、蟲を操ることができる。妹あずみの死を受け入れられずに常世神の力を借りるが、後に自分の弱さに気づき妹の安らかなる死をこすもに請い願う。永遠かもしれない フレッシュアイペディアより)

  • カイコガ属

    カイコガ属から見たカイコガカイコ

    カイコガ B. mori 家蚕。養蚕用に家畜化された種。幼虫がカイコと呼ばれる。カイコガ属 フレッシュアイペディアより)

  • 蚕種製造業者

    蚕種製造業者から見たカイコ

    蚕種製造業者(さんしゅせいぞうぎょうしゃ)とはの品種改良および蚕種紙の製造を主な生業とする業者のことをいう。蚕種製造業者 フレッシュアイペディアより)

  • 三野町加茂野宮

    三野町加茂野宮から見たカイコ

    滝谷川改修工事に際し、弥生時代の住居址や土器が出土しており、町の江戸時代までの中心地であったと考えられる。また江戸期に滝寺・滝奥を越えて讃岐に抜ける本道があり、鴨宮御番所もあった。扇状地と沖積地を利用した農業が中心で、養と米麦作、またハッサク栽培が行われている。三野町加茂野宮 フレッシュアイペディアより)

  • さなぎ粉

    さなぎ粉から見たカイコカイコ

    さなぎ粉(蛹粉、さなぎこ)は、絹を取る時の廃棄物であるカイコの蛹の死骸を、乾燥し粉末にしたもの。タンパク源として、魚の養殖や、釣りの餌として利用される。また、有機肥料として園芸に利用される。さなぎ粉 フレッシュアイペディアより)

  • 牛首紬

    牛首紬から見たカイコカイコ

    絹糸の原料であるカイコの繭は、通常一頭のカイコが作るものだが、まれに二頭のカイコが入っているものがあり、これを『玉繭(たままゆ)』という。玉繭は二頭の糸が内部で複雑に絡み合っているため製糸は難しいが、白峰の人々は先祖伝来の技でこの繭から糸をとりよこ糸とし、通常の絹糸をたて糸として織り上げる。これが牛首紬である。牛首紬 フレッシュアイペディアより)

  • 県立戦隊アオモレンジャー

    県立戦隊アオモレンジャーから見たカイコカイコ

    栃木支部の怪人。耳が餃子で山伏の風体をしている。日本一の田舎である青森県を日本地図から抹消するため、茨城支部のナットウ、群馬支部の全長100メートルを超える巨大カイコ・シューちゃんと共に、トリオ・ザ・北関東として青森に攻め込む。必殺技は「ラー油ボンバー」「ギョウザミサイル」。県立戦隊アオモレンジャー フレッシュアイペディアより)

211件中 11 - 20件表示

「カイコ」のニューストピックワード