278件中 11 - 20件表示
  • 明治農法

    明治農法から見たカイコカイコ

    彼らは、輸入学問であった近代農学とは独立して、近世以前の在来農学の蓄積に基づき、単なる個人の経験の寄せ集めという段階を越えた実証主義的な態度からの技術改良を志向した。一部には、イネの品種間の実証的な比較収量試験を行ったり、メンデルの法則の導入以前から交配によるカイコの品種改良を試みるものもいたという。明治農法 フレッシュアイペディアより)

  • 蚕蛾

    蚕蛾から見たカイコカイコ

    蚕蛾 フレッシュアイペディアより)

  • 石井の七福神と田植踊

    石井の七福神と田植踊から見たカイコ

    石井の七福神と田植踊は、その年の豊作を祈念し田植えなどの農作業の行程を踊りで模擬的に演じる小正月の予祝芸能であり、かっては集落の家々を巡って行われたが、現在は特に依頼された家でのみ行われている。最初は七福神であり、まず稲荷が扇子を持って踊り、毘沙門天、弁財天、布袋、福禄寿、寿老人、恵比寿、大黒天の順に呼び招く。ひょっとこの面をつけた道化役の2人がおどけたしぐさで槌で藁を打ち、注連縄とのまぶしを編んで当主に差し出し、稲作・養蚕が順調であることを祈願する。続いて田植踊りである。はちまき姿に軍配(花輪)を持った奴5人と、花笠をかぶり扇子を持った早乙女4人が、鍬頭の久六の指示したがって、正月の祝い踊りを踊り、その後稲作の行程を模擬した踊りがあり、最後に秋の取入れの祝い踊りを踊る。石井の七福神と田植踊 フレッシュアイペディアより)

  • 安中公害訴訟

    安中公害訴訟から見たカイコガカイコ

    東邦亜鉛安中製錬所の排煙、廃液によるもので、原因物質はカドミウム。付近の田畑で稲や桑の立ち枯れ、カイコの生育不良、碓氷川の魚の大量死などが主な被害である。安中公害訴訟 フレッシュアイペディアより)

  • 昆虫学

    昆虫学から見たカイコカイコ

    遺伝学の研究はショウジョウバエを材料とすることで著しい進歩を見た。この分野では日本のカイコなども重要な役割を演じた。昆虫学 フレッシュアイペディアより)

  • ウズベキスタンの農業

    ウズベキスタンの農業から見たカイコカイコ

    と桑の木は4世紀よりウズベキスタンに存在しており、ウズベキスタンは綿花を利用した色鮮やかな模様の入った織物で知られているが、織物産業は衰えることなく現在も生産を続けている。ウズベキスタンの農業 フレッシュアイペディアより)

  • クロサンショウウオ

    クロサンショウウオから見たカイコカイコ

    山形県鶴岡市の気比神社では池に産まれるクロサンショウウオの卵をカイコの繭に見立ててまつる。クロサンショウウオ フレッシュアイペディアより)

  • 順徳料理

    順徳料理から見たカイコガカイコ

    漬け物と蚕のさなぎの炒め物(菜脯炒蚕蛹)順徳料理 フレッシュアイペディアより)

  • 牛蒡種

    牛蒡種から見たカイコカイコ

    牛蒡種の力は妬みや羨望の念がもとになるといわれており、この家の者に憎まれて睨まれた者は頭痛や精神疾患を患うといい、さらには牛蒡種の家の者が他家の農作物、カイコ、陶器など器物の良さを誉めただけでも、それら農作物やカイコが駄目になったり、器物が壊れたりするともいう。ただし郡長、村長、警察署長といった高い地位の者に対してはその効力がないともいう。牛蒡種 フレッシュアイペディアより)

  • 四木

    四木から見たカイコ

    茶(飲用)、桑(絹を作るのえさ)、漆(漆器、蝋燭の材料)、楮(紙の材料)のこと。四木 フレッシュアイペディアより)

278件中 11 - 20件表示

「カイコ」のニューストピックワード