211件中 21 - 30件表示
  • 九竜県

    九竜県から見たカイコ

    特産品は、ヤク、、桑、ジャガイモなど。九竜県 フレッシュアイペディアより)

  • サナギタケ

    サナギタケから見たカイコカイコ

    高級中華料理食材や、漢方薬の原料として、カイコの蛹などで生産技術の開発が行われているサナギタケ フレッシュアイペディアより)

  • 引き札

    引き札から見たカイコ

    鉄鋼、旅籠、煙草、機具、運送店、雑貨、表具、灸治、雛人形、苗、種、線香、薪炭、荒物、売薬(家庭薬)、墨硯、文房具、馬具、肥料、材木、、樟脳、漆器、紙、仕出し、諸油、ランプ、商業帳簿、セメント、石灰、学校用品、度量衡器、金物、化粧品、釘金物、差物、木炭、小間物、時計、糊類、瀬戸物、大工道具、和紙、そろばん、石油、古道具、畳、雑誌、新聞などがよく見られる。引き札 フレッシュアイペディアより)

  • 順徳料理

    順徳料理から見たカイコガカイコ

    漬け物と蚕のさなぎの炒め物(菜脯炒蚕蛹)順徳料理 フレッシュアイペディアより)

  • 日本神話における食物起源神話

    日本神話における食物起源神話から見たカイコ

    アマテラスがウケモチの所に天熊人(あめのくまひと)を遣すと、ウケモチは死んでいた。保食神の亡骸の頭から牛馬、額から粟、眉から、目から稗、腹から稲、陰部から麦・大豆・小豆が生まれた。アメノクマヒトがこれらを全て持ち帰ると、アマテラスは喜び、民が生きてゆくために必要な食物だとしてこれらを田畑の種とした。日本神話における食物起源神話 フレッシュアイペディアより)

  • 代用醤油

    代用醤油から見たカイコカイコ

    カイコの蛹はタンパク質を多く含み、アミノ酸原料として用いられることがあった。鯨ひげもケラチンなどのタンパク質からなることから、同様に利用された。代用醤油 フレッシュアイペディアより)

  • 小豆粥

    小豆粥から見たカイコカイコ

    小豆が持つ赤色と稲作民族における呪術が結び付けられて、古くから祭祀の場において小豆が用いられてきた。日本の南北朝時代に書かれた『拾芥抄』には中国の伝説として、の精が正月の半ばに糜(粥)を作って自分を祀れば100倍の蚕が得られるという託宣を残したことに由来するという話が載せられている。小豆粥 フレッシュアイペディアより)

  • 伊達宗賢

    伊達宗賢から見たカイコ

    一門の宮床伊達家当主伊達宗規の子として生まれる。当主として、養の振興や自ら茶園を経営する等の施策をした。漢詩の名人として、「島津の三郎(島津久光)、伊達の六郎」と言われる程、朝廷にも名の知られた存在であったと言う。気性は廉直であったと伝わる。伊達宗賢 フレッシュアイペディアより)

  • 土方村

    土方村から見たカイコ

    土方村の主要産業は農業や林業を中心とした第一次産業と、工業を中心とした第二次産業であった。主要産品は茶、米、麦、薩摩芋などが知られていた。また、養蚕業もさかんであり、の繭から生糸が製造されていた。また、薩摩芋から甘藷糖を生み出すなど砂糖の製造も行われていた。土方村 フレッシュアイペディアより)

  • 遺伝子組換えカイコ

    遺伝子組換えカイコから見たカイコカイコ

    遺伝子組換えカイコ(いでんしくみかえかいこ、英名:Transgenic Silkworm )とは、遺伝子組換え技術を用いて自然のものとは異なる遺伝子を持ったカイコである。遺伝子組換えカイコ フレッシュアイペディアより)

211件中 21 - 30件表示