211件中 31 - 40件表示
  • 真綿

    真綿から見たカイコ

    真綿(まわた)とは、絹の一種での繭を煮た物を引き伸ばして綿にした物。日本(日本語)においては、室町時代に木綿の生産が始まる以前は、綿(わた)という単語は即ち真綿の事を指していた。真綿 フレッシュアイペディアより)

  • トーアエイヨー

    トーアエイヨーから見たカイコ

    トーアエイヨー株式会社は、循環器系の医薬品製造販売会社。本社は東京都中央区にある。繊維製品メーカー片倉工業の連結子会社であり、会社の草創期にはの蛹由来のビタミンB2製剤「ビスラーゼ」「フラビタン」が主力製品であったが、1981年フランドールの開発、製造、販売で循環器用薬メーカーとしてのスタートを切った。その後、辻和之博士(後社長)等により経皮吸収型狭心症治療薬であるフランドールテープの開発、アイトロール、ミオコールスプレーの開発と、狭心症治療薬の開発を柱に発展を続けている。トーアエイヨー フレッシュアイペディアより)

  • セミタケ

    セミタケから見たカイコカイコ

    じゅうぶんに成熟した子実体(有性世代)から胞子を無菌的に取り出し、卵黄(110g)・カイコの粉末(真空凍結乾燥したもの:30g)・チアミン・硫酸マグネシウム(7水塩:0.5g)・リン酸二水素カリウム(1.0g)を混合して蒸留水で1リットルとした液体培地に接種することにより、人工培養菌株が得られる。ただし、この培地上での子実体形成は成功しなかったという。セミタケ フレッシュアイペディアより)

  • ロウムズ・ミル

    ロウムズ・ミルから見たカイコカイコ

    絹 (silk) は様々な種の蚕が天然に産生する繊維である。1700年の時点で好まれたのは Bombyx mori(いわゆるカイコ)が作る絹で、本来はその幼虫が閉じた繭を作るために使うものである。これらの幼虫はイタリア産の桑の葉の上で飼われる。カイコが作る絹の繊維は、幅 5-10μm で角が丸い三角形の横断面を持つ。この繊維はフィブロインという蛋白質からなり、というゴム状の蛋白質によって繭に固められる。繭は採取されたあと、繰湯をくぐらせることによってゴムが溶かされ、一本の糸として綛(かせ)に巻き取られる。綛はまとめて梱包され、工場に運ばれた後で大まかに次のような工程を経る。ロウムズ・ミル フレッシュアイペディアより)

  • グンゼ博物苑

    グンゼ博物苑から見たカイコカイコ

    桑は、を育てる上で重要な植物である。そんな桑が500品種、2000本植えられている。グンゼ博物苑 フレッシュアイペディアより)

  • 結城紬

    結城紬から見たカイコカイコ

    茨城県は2001年に「大鷲(おおわし)」という繭の新品種を開発し、結城紬のブランドシルクとする計画を発表した。飼育数や時期が限られており、2006年現在年間約100反ほどの生産ではあるが、開発が進んでいる。丈夫な糸が取れる上に粒が大きく、1反当りに飼育されるの数を削減することに繋がるとして期待が持たれている。結城紬 フレッシュアイペディアより)

  • 蚕蛾

    蚕蛾から見たカイコカイコ

    蚕蛾 フレッシュアイペディアより)

  • 龍山文化

    龍山文化から見たカイコカイコ

    農業や手工業の発達も特徴である。陝西省の渭河周辺では農業と牧畜業が仰韶文化の時期に比べ大きく発展している。コメの栽培も始まっており、カイコを育てる養蚕業の存在と小規模な絹織物の生産の開始も確認されている。龍山文化 フレッシュアイペディアより)

  • 石井の七福神と田植踊

    石井の七福神と田植踊から見たカイコ

    石井の七福神と田植踊は、その年の豊作を祈念し田植えなどの農作業の行程を踊りで模擬的に演じる小正月の予祝芸能であり、かっては集落の家々を巡って行われたが、現在は特に依頼された家でのみ行われている。最初は七福神であり、まず稲荷が扇子を持って踊り、毘沙門天、弁財天、布袋、福禄寿、寿老人、恵比寿、大黒天の順に呼び招く。ひょっとこの面をつけた道化役の2人がおどけたしぐさで槌で藁を打ち、注連縄とのまぶしを編んで当主に差し出し、稲作・養蚕が順調であることを祈願する。続いて田植踊りである。はちまき姿に軍配(花輪)を持った奴5人と、花笠をかぶり扇子を持った早乙女4人が、鍬頭の久六の指示したがって、正月の祝い踊りを踊り、その後稲作の行程を模擬した踊りがあり、最後に秋の取入れの祝い踊りを踊る。石井の七福神と田植踊 フレッシュアイペディアより)

  • レジスタントプロテイン

    レジスタントプロテインから見たカイコカイコ

    の繭糸に含まれるタンパク質、セリシンは,レジスタントプロテインである。セリシンの摂取により大腸腫瘍の発現の抑制が報告されている。また、糞中の水分含量を高める事で便秘改善効果に対しても効果がある。さらにセリシンには高い抗酸化力があり,活性酸素の働きを抑える効果も有する。レジスタントプロテイン フレッシュアイペディアより)

211件中 31 - 40件表示

「カイコ」のニューストピックワード