278件中 31 - 40件表示
  • 抑制遺伝子

    抑制遺伝子から見たカイコ

    の繭の色は、二対の対立遺伝子のうち、優性遺伝子Yが働くと黄色になるが、Yと同時に抑制遺伝子Iが存在すると、白色になる。つまり、表現型[iY]の場合だけが黄色になり、[IY]・[Iy]・[iy]は白色になる。実際、黄色系統(iiYY)と白色系統(IIyy)の交配で生じたF1(IiYy)同士をさらに交配すると、F2では、黄色:白色が3:(9+3+1)=3:13に分離する。抑制遺伝子 フレッシュアイペディアより)

  • ヒトリガ

    ヒトリガから見たカイコガカイコ

    モスラ - モデルはカイコガ、ヨナグニサン、ヨロイチョウとされるが、特に成虫の翅の模様において本種に似ている。ヒトリガ フレッシュアイペディアより)

  • 乎加神社

    乎加神社から見たカイコ

    神代に五穀麻の原種を民衆に授けた神として崇敬されていた豊遠迦比売命、白山比売を祀っており、延喜式神名帳では近江国神崎郡二座のうちの一座である(もう一座は河桁御河邊神社)。第十九代允恭天皇の勅命によりこの地に祀られ、古来から皇室をはじめ領主の崇敬が厚かったと社歴に記されている。また、「神崎郡」や「神郷」、古代の郷村名「神主」といった地名はいずれも乎加神社に由来するものである。乎加神社 フレッシュアイペディアより)

  • 微胞子虫

    微胞子虫から見たカイコカイコ

    カイコやセイヨウマルハナバチの微胞子虫病の病原体としてそれぞれN. bombycisとN. apisが有名である。カイコの場合栄養不良により衰弱死する。微胞子虫 フレッシュアイペディアより)

  • 梁川町

    梁川町から見たカイコ

    伝統的な養蚕は清涼育とよばれる自然の温度で蚕を飼育する。天候に左右される不安定な飼育だった。幕末には人工的に温度や湿度を管理してを効率的に飼育しようとする温暖育が試みられるようになったが、勘と経験による不安定さを払拭できなかった。中村善右衛門は蘭方医の体温計をヒントに蚕当計(寒暖計の一種)を発明し、初めて温度・湿度を正確に管理する温暖育が可能にした。なお、天領の時代、梁川の生糸は江戸幕府指定品だった。梁川町 フレッシュアイペディアより)

  • 梁川町

    梁川町から見たカイコカイコ

    一方、幕末から昭和初期までは養蚕で栄え、蚕都とも呼ばれた。の温暖育(人工的に室温を調節して効率的に生育させる)を発明し、飛躍的な繭の品質向上を果たして、全国から買い付け人がくるなど隆盛を極めた。町には多数の旅館や金融機関が開業し、歌舞伎座(広瀬座…現在は文化財として福島市に移築保存)もあった。現在町内に残る古い大きな民家は、幕末?明治の繁栄した時代に建築された建物が多い。大手繊維メーカーである日東紡(日東紡績株式会社)が福島で創業したのも、梁川を中心とする福島盆地の養蚕産業と無縁ではない。また、千葉県佐倉市にある国立歴史民俗博物館にも、梁川の養蚕文化に関する展示があり、温暖育のために梁川の中村善右衛門氏が幕末に考案した日本初の寒暖計「蚕当計」のレプリカも展示してある。(「蚕当計」の実物は梁川町立梁川小学校に現存)梁川町 フレッシュアイペディアより)

  • ゲノムプロジェクト

    ゲノムプロジェクトから見たカイコカイコ

    カイコ Bombyx mori:2004年2月29日ゲノムプロジェクト フレッシュアイペディアより)

  • 滞納処分

    滞納処分から見たカイコカイコ

    成熟前の果実、繭になる前ののほか、完成前の生産品・栽培品でその価値が著しく低く取引に適さないものは、換価をすることができない(徴収法第90条)。滞納処分 フレッシュアイペディアより)

  • 常麿

    常麿から見たカイコ

    現在、ニューオータニ美術館所蔵の肉筆美人画「蠶図」(絹本着色)の1点のみがその作として知られており、文化から文政にかけての頃の作とされる。この絵には「常麿」の落款があるが、その下に捺されている印章には「高麿」とあり、落款と印章でなぜ名が食い違っているのかは不明である。「蠶図」は若い娘が蠶()の世話をする様子を描いたもので、蚕の世話をする絵の作例は既に鈴木春信などにもあるが、それらは伝統的な「耕織図」を意識して画題に取り上げたものであり、本図は若い娘の容姿を主眼としている。娘の顔には喜多川歌麿の画風が伺われ、名に「麿」の字を使うところから、『幻の浮世絵美人たち』では歌麿の門人と推測されるとしているが明らかではない。ただし『肉筆浮世絵大観』は「蠶図」の描写に不慣れな点が見られるので、「絵師を本業としない人物」だったのではないかと述べている。常麿 フレッシュアイペディアより)

  • バチルス・チューリンゲンシス

    バチルス・チューリンゲンシスから見たカイコカイコ

    1901年(明治34年)に石渡繁胤(いしわたしげたね)により、カイコの病原細菌として日本で発見された。石渡は1901年の論文(大日本蚕糸会報)で、激烈な症状(卒倒)を呈して死亡したカイコ幼虫から Bacillus 属の病原細菌を分離し、この細菌を培養してカイコ幼虫に再び摂食させたところ、同様の激しい症状を呈して死亡したと報告している。石渡はこの細菌病を卒倒病、病原細菌を卒倒病菌と名付けたが、細菌の新種としての記載は行わなかった。バチルス・チューリンゲンシス フレッシュアイペディアより)

278件中 31 - 40件表示

「カイコ」のニューストピックワード