278件中 41 - 50件表示
  • 蚕紙

    蚕紙から見たカイコ

    蚕紙(さんし)とは、の卵である蚕種が産み付けられた紙を指す。蚕種紙(さんしゅし)・蚕卵紙(さんらんし)ともいう。専門の蚕種製造業者によって製造される。蚕紙 フレッシュアイペディアより)

  • 蚕箔

    蚕箔から見たカイコ

    蚕箔(さんぱく)は、の飼育に用いられる長方形または円形の容器である。蚕架(蚕棚)に載せて使われる。蚕箔 フレッシュアイペディアより)

  • 野蚕

    野蚕から見たカイコ

    野蚕(やさん)は、家畜化された(家蚕)の対義語で、絹糸を生成する野生の昆虫のうち人間が利用してきたものの総称である。クワコ(Wild Silkmoth) 、ヤママユ(Japanese Oak Silkmoth) 、ウスタビガなどが知られ、そのいずれもがカイコガ科 (Bonbycidae)、ヤママユガ科 (Saturniidae)、ギョウレツケムシ科 (Thaumetopoeidae) 及びカレハガ科 (Lasiocampidae)に含まれ、多くはヤママユガ科に属する。野蚕 フレッシュアイペディアより)

  • カイコガ属

    カイコガ属から見たカイコガカイコ

    カイコガ B. mori 家蚕。養蚕用に家畜化された種。幼虫がカイコと呼ばれる。カイコガ属 フレッシュアイペディアより)

  • フィブロイン

    フィブロインから見たカイコカイコ

    フィブロイン()とは、繊維状のタンパク質の一種で、昆虫とクモ類の繭糸を構成し、その70%を占める。カイコの絹糸の主要成分である。分子量約37万で、大小2つのサブユニットからなる。希酸、タンパク質分解酵素等に安定。グリシン、アラニン、セリン、チロシンを多く含み、この4つで全アミノ酸の90%近くを占める。CAS登録番号は9007-76-5。フィブロイン フレッシュアイペディアより)

  • 蚕種

    蚕種から見たカイコ

    蚕種(さんしゅ)とはの卵のことをいう。蚕蛾に産卵させた紙を蚕種紙(蚕紙)といい蚕種製造業者によって製造された。養蚕農家は蚕種紙を購入、孵化させて蚕を飼育し繭を生産した。蚕種 フレッシュアイペディアより)

  • 白子神社 (米沢市)

    白子神社 (米沢市)から見たカイコ

    白子神社(しろこじんじゃ)は現在の山形県米沢市城北2丁目(江戸時代の出羽国米沢藩の米沢城下、明神堂町北端)にある神社。祭神は火産霊命、埴山姫命。なお、神社名はこの地にが生じ桑林が雪のように白くなったことによるとの伝承がある。旧社格は県社。江戸時代の城下絵図より旧名は「白子大明神」と分かる。白子神社 (米沢市) フレッシュアイペディアより)

  • 大村市立三浦小学校

    大村市立三浦小学校から見たカイコ

    1956年(昭和31年)1月 - 旧養(ようさん)室を家庭科室に改築。大村市立三浦小学校 フレッシュアイペディアより)

  • 餅花

    餅花から見たカイコカイコ

    また、東日本一帯に広がるものに「繭玉」(まゆだま)がある。米の粉をカイコの繭のかたちにして木にさしたもの。養蚕に関連の深い道具などをいっしょに飾る地方もある。カイコの安全を祈願したものだが、これも餅花の一種である。小正月が終わる頃にもぎとり焼いて食べる。餅花 フレッシュアイペディアより)

  • 動物繊維

    動物繊維から見たカイコカイコ

    動物繊維は、動物全般から得られる繊維であるため、昆虫であるカイコから得られる絹からほ乳類のヒツジなどの毛を使う羊毛まで様々であるが、その多くは蛋白質が主な材料になるため、燃やすと焦げ臭い。また乾燥した動物の死骸(動物性蛋白質)などを食べる虫による食害を受けやすい。動物繊維 フレッシュアイペディアより)

278件中 41 - 50件表示

「カイコ」のニューストピックワード