211件中 51 - 60件表示
  • 綿

    綿から見たカイコ

    現代日本では、通常、ワタ(アオイ科ワタ属の総称。ここでは、カタカナで書くときはこの意味で使う)から取られた木綿を意味する。しかし、戦国時代に木綿綿が普及する以前の古代や中世では、の繭から作られた絹の真綿を意味するのが普通である。綿 フレッシュアイペディアより)

  • モンシロチョウ

    モンシロチョウから見たカイコカイコ

    モンシロチョウ(紋白蝶、学名:Pieris rapae)は、チョウ目(鱗翅目)アゲハチョウ上科シロチョウ科に分類されるチョウの一種。畑などの身近な環境でよく見られるチョウである。比較的採取しやすいため、アゲハチョウの仲間やカイコなどと並び、チョウ目(鱗翅目)昆虫の生態や生活環を学習する教材としてもよく活用される。モンシロチョウ フレッシュアイペディアより)

  • 長谷川五作

    長谷川五作から見たカイコカイコ

    カイコによる実験でメンデルの法則を実証し、遺伝の法則を教材として掲載した[高等小学理科筆記帳」(1913年(大正2年)3月25日発行)に貢献した。長谷川五作 フレッシュアイペディアより)

  • 中島村

    中島村から見たカイコカイコ

    1974年(昭和49年) - 滑津稚共同飼育所完成。中島村 フレッシュアイペディアより)

  • 微胞子虫

    微胞子虫から見たカイコカイコ

    カイコやセイヨウマルハナバチの微胞子虫病の病原体としてそれぞれN. bombycisとN. apisが有名である。カイコの場合栄養不良により衰弱死する。微胞子虫 フレッシュアイペディアより)

  • 雑種

    雑種から見たカイコカイコ

    雑種強勢を利用した農作物はハイブリッド品種もしくはF1作物と呼ばれ、多くのものがある。カイコの養蚕やニワトリの養鶏にも利用されている。雑種 フレッシュアイペディアより)

  • バチルス・チューリンゲンシス

    バチルス・チューリンゲンシスから見たカイコカイコ

    1901年(明治34年)に石渡繁胤(いしわたしげたね)により、カイコの病原細菌として日本で発見された。石渡は1901年の論文(大日本蚕糸会報)で、激烈な症状(卒倒)を呈して死亡したカイコ幼虫から Bacillus 属の病原細菌を分離し、この細菌を培養してカイコ幼虫に再び摂食させたところ、同様の激しい症状を呈して死亡したと報告している。石渡はこの細菌病を卒倒病、病原細菌を卒倒病菌と名付けたが、細菌の新種としての記載は行わなかった。バチルス・チューリンゲンシス フレッシュアイペディアより)

  • 石破市造

    石破市造から見たカイコ

    若い時から他にさきがけて、山を拓いて二十世紀梨を作ったり、御所柿を植えたり、種の製造をやったりなどしていた。しかしどれも成功とまではいかなかった。十分学校教育を受けていなかったせいか、子供の教育には特に熱心だった。自分でも英語の講義録をとったりして勉強した。石破市造 フレッシュアイペディアより)

  • おしら様

    おしら様から見たカイコ

    おしら様(おしらさま、お白様、オシラ様、オシラサマとも)は、日本の東北地方で信仰されている家の神であり、一般にはの神、農業の神、馬の神とされる。茨城県などでも伝承されるが、特に青森県・岩手県で濃厚にのこり、宮城県北部にも密に分布する。「オシンメ様」「オシンメイ様」(福島県)、「オコナイ様」(山形県)などの異称があり、他にオシラガミ、オシラホトケ、カノキジンジョウ(桑の木人形)とも称される。おしら様 フレッシュアイペディアより)

  • 安曇野市穂高郷土資料館

    安曇野市穂高郷土資料館から見たカイコ

    穂高特産のわさびや天蚕にかかわる用具類安曇野市穂高郷土資料館 フレッシュアイペディアより)

211件中 51 - 60件表示