278件中 71 - 80件表示
  • 草食動物

    草食動物から見たカイコカイコ

    昆虫でも同様で、6gのカイコ終令幼虫の日当たり摂食量は1〜3gであるが、3mgのイエシロアリ偽職蟻では0.05〜0.1mgであり、体重あたり摂食量の桁が違う。クワの葉と材木の消化しやすさ・有機窒素含量の違い、そして両者の体重が3桁違うことを考えあわせると、細胞壁成分を全く利用しないカイコと、「後には無機塩しか残らない」とまで言われるほど徹底的に利用するシロアリとの違いが際立つであろう。草食動物 フレッシュアイペディアより)

  • 内山昭一

    内山昭一から見たカイコカイコ

    長野県長野市出身。長野県内には昆虫食が食文化として現存しており、祖父がカイコの蛹を好物としていた。そのため、幼少期より昆虫食の食文化が存在する環境下で育つ。しかし、当時はどちらかというと昆虫食に負のイメージを抱き、他に食べ物がないから仕方なく昆虫を食べているとも考えていた。内山昭一 フレッシュアイペディアより)

  • セミタケ

    セミタケから見たカイコカイコ

    じゅうぶんに成熟した子実体(有性世代)から胞子を無菌的に取り出し、卵黄(110g)・カイコの粉末(真空凍結乾燥したもの:30g)・チアミン・硫酸マグネシウム(7水塩:0.5g)・リン酸二水素カリウム(1.0g)を混合して蒸留水で1リットルとした液体培地に接種することにより、人工培養菌株が得られる。ただし、この培地上での子実体形成は成功しなかったという。セミタケ フレッシュアイペディアより)

  • サナギタケ

    サナギタケから見たカイコカイコ

    高級中華料理食材や、漢方薬の原料として、カイコの蛹などで生産技術の開発が行われているサナギタケ フレッシュアイペディアより)

  • 神崎亮平

    神崎亮平から見たカイコガカイコ

    神崎 亮平(かんざき りょうへい、1957年 - )は、日本の生物学者。東京大学大学院情報理工学系研究科知能機械情報学専攻および東京大学先端科学技術研究センター教授。理学(博士)。専門は神経行動学。カイコガのフェロモン源探索行動の研究や、昆虫制御型ロボット(サイボーグ昆虫)、スーパーコンピュータによる大規模脳シミュレーションなどで知られる。神崎亮平 フレッシュアイペディアより)

  • ポンテギ

    ポンテギから見たカイコカイコ

    ポンテギ()とは、カイコの蛹を茹で、または蒸して味付けした韓国料理のおつまみ。朝鮮語で「蛹」を意味する。南大門市場など人の多く集まる場所に多い屋台、レストラン、居酒屋で一般的で、缶詰も出回っている。特有の臭いがあり、慣れない者には食べづらい。屋台での販売では、鍋の中の蛹を紙コップに入れて販売しているのが一般的で、爪楊枝が付いてくる。2011年現在、紙コップ1杯で1000ウォン前後である。ポンテギ フレッシュアイペディアより)

  • 微粒子病

    微粒子病から見たカイコガカイコ

    微粒子病(びりゅうしびょう, pébrine)は、カイコガの幼虫がかかる病気である。菌類の一種である微胞子虫類、ノゼマ科の、ノゼマ・ボンビシス Nosema bombycis が寄生することによって引き起こされる。N. bombycis の他にも頻度は低いが、Vairimorpha, Pleistophora, Thelophania によっても微粒子病が引き起こされることがある。微粒子病に罹患したカイコガの幼虫は、通常、暗褐色ないし黒色の斑点に覆われ、結繭不能となる。この病気がフランス中に流行したとき、その原因を突き止めた研究者の一人がルイ・パストゥールである。微粒子病 フレッシュアイペディアより)

  • 微粒子病

    微粒子病から見た家蚕カイコ

    この病気は、19世紀にヨーロッパにおける家蚕を大量死させた。パストゥールの研究は微粒子病の蔓延を食い止めたはしたが、また別の病気であるに打ち勝つことはできなかった。微粒子病 フレッシュアイペディアより)

  • ルイ・パスツール

    ルイ・パスツールから見たカイコカイコ

    1865年、パスツールは養蚕業の救済に取り組んだ。その頃、微粒子病と呼ばれる病気により、たくさんのカイコが死んでいた。パスツールはそこから多くのヒントを得た。研究の途中、1867年に脳卒中で倒れ、左半身不随になったが、微粒子病がカイコの卵へのノゼマ (Nosema apis) と呼ばれる原生生物(微胞子虫)の感染であることをつきとめ、微粒子病を防止する道をひらいた。ルイ・パスツール フレッシュアイペディアより)

  • 栄養的分類

    栄養的分類から見たカイコカイコ

    炭素源による分類も明確な区別が可能だが、混合栄養は二酸化炭素と有機物の両方を炭素源とするという特異な分類もなされる。ただし、二酸化炭素か有機物か、どちらに多く依存するか、によっては両者利用できる生物(最近、同位体を用いた研究によってカイコが混合栄養であることが明らかになった)であっても、独立あるいは従属の分類がなされることもある。栄養的分類 フレッシュアイペディアより)

278件中 71 - 80件表示

「カイコ」のニューストピックワード