278件中 81 - 90件表示
  • 永井貞録

    永井貞録から見たカイコ

    旧麦垣集落(現在の鳥取県境港市麦垣町)の大農家に生まれる。綿に代わってが主要作物になっていく頃であった。永井貞録 フレッシュアイペディアより)

  • タバコスズメガ

    タバコスズメガから見たカイコカイコ

    タバコスズメガは虫体が大きく(一齢幼虫と終齢幼虫の体長差は約11倍で、体重も一齢幼虫と終齢幼虫では数千倍の違いがある)臓器の摘出なども容易なので、実験動物に適する。そのため、日本でカイコの幼虫を材料に先行した鱗翅目幼虫の人工飼料飼育を参考に、小麦胚芽などからなる飼料で容易に累代飼育する方法が開発され、モデル生物としてよく用いられる。タバコスズメガ フレッシュアイペディアより)

  • 羽根沢温泉

    羽根沢温泉から見たカイコ

    羽根沢の由来は、このあたりの住民が、新庄藩の藩主に鷹の羽根を献上したことから名づけられた。1919年(大正8年)、石油試掘中に湧きだした。石油試掘に纏わる温泉は他にも豊富温泉、月岡温泉、瀬波温泉などがある。石油自体は湧出量が少なかったことから、採算性がないとして本格操業されることはなかったが、地元に住んでいた加登屋旅館の先祖が採掘権を石油会社から買い取り、一軒宿から徐々に規模を大きくしていった。現在泉質に油分は含まれていないが、しばらくは油混じりの温泉だったという。戦中になり、旅行客がいなくなると一時存亡の危機に立たされたが、客がいなくなった空き部屋を小屋にし、養蚕を行いながら細々と温泉宿を維持してきた。羽根沢温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 初午

    初午から見たカイコ

    稲荷社の本社である伏見稲荷神社のご祭神・宇迦御霊神が伊奈利山へ降りた日が和銅4年2月11日(711年3月4日。2月9日(3月2日)説もある)であったとされ、この日が初午であったことから、全国で稲荷社を祀る。また、この日をや牛・馬の祭日とする風習もある。江戸時代には、この日に子供が寺子屋へ入門した。初午 フレッシュアイペディアより)

  • ジュゼッペ・ガブリエル・バルサモ=クリヴェリ

    ジュゼッペ・ガブリエル・バルサモ=クリヴェリから見たカイコカイコ

    植物学の分野では、コケ類や菌類を研究し、カイコに病疫を起こす白キョウ菌 (Beauveria bassiana、(Botrytis bassiana))を記載した。種小名の bassianaはイタリアの昆虫学者アゴスティーノ・バッシーへの献名である。後に動物学に転じ、ナポリ湾の水棲動物を研究しトゲカイエビ科( Leptestheriidae)の新種の動物、Eoleptestheria ticinensisを発見した。1850年頃から地質学、古生物学にも興味を持ち、1830年にコモ湖で発見されたノトサウルス(中生代三畳紀の海棲爬虫類)の種 Nothosauriers Lariosaurus を記載した。ジュゼッペ・ガブリエル・バルサモ=クリヴェリ フレッシュアイペディアより)

  • 三野町加茂野宮

    三野町加茂野宮から見たカイコ

    滝谷川改修工事に際し、弥生時代の住居址や土器が出土しており、町の江戸時代までの中心地であったと考えられる。また江戸期に滝寺・滝奥を越えて讃岐に抜ける本道があり、鴨宮御番所もあった。扇状地と沖積地を利用した農業が中心で、養と米麦作、またハッサク栽培が行われている。三野町加茂野宮 フレッシュアイペディアより)

  • エピスタシス

    エピスタシスから見たカイコガカイコ

    表に現れる形質はBとbのみで、AがBの発現を抑制する遺伝子の場合、(AB+Ab+ab):aB=13:3になる。カイコガの繭の色がこれに当てはまる。エピスタシス フレッシュアイペディアより)

  • ロウムズ・ミル

    ロウムズ・ミルから見たカイコカイコ

    絹 (silk) は様々な種の蚕が天然に産生する繊維である。1700年の時点で好まれたのは Bombyx mori(いわゆるカイコ)が作る絹で、本来はその幼虫が閉じた繭を作るために使うものである。これらの幼虫はイタリア産の桑の葉の上で飼われる。カイコが作る絹の繊維は、幅 5-10μm で角が丸い三角形の横断面を持つ。この繊維はフィブロインという蛋白質からなり、セリシンというゴム状の蛋白質によって繭に固められる。繭は採取されたあと、繰湯をくぐらせることによってゴムが溶かされ、一本の糸として綛(かせ)に巻き取られる。綛はまとめて梱包され、工場に運ばれた後で大まかに次のような工程を経る。ロウムズ・ミル フレッシュアイペディアより)

  • 小豆粥

    小豆粥から見たカイコカイコ

    小豆が持つ赤色と稲作民族における呪術が結び付けられて、古くから祭祀の場において小豆が用いられてきた。日本の南北朝時代に書かれた『拾芥抄』には中国の伝説として、の精が正月の半ばに糜(粥)を作って自分を祀れば100倍の蚕が得られるという託宣を残したことに由来するという話が載せられている。小豆粥 フレッシュアイペディアより)

  • 器官培養

    器官培養から見たカイコカイコ

    カイコの繭から切り出された絹は、心臓組織の培養のための足場として使用されている。心臓組織は損傷を受けた場合に再生されないので、置換パッチの生成は非常に重要である。この実験では、ラットの心臓細胞を用い、機能的な心臓組織を作製した。ヒトへの応用を治療法としてさらに試験するためには、ヒト幹細胞を心臓組織に変換する方法が必要である。器官培養 フレッシュアイペディアより)

278件中 81 - 90件表示

「カイコ」のニューストピックワード