211件中 81 - 90件表示
  • 餅花

    餅花から見たカイコカイコ

    東日本一帯に広がるものに「繭玉」(まゆだま)がある。米の粉をカイコの繭のかたちにして木にさしたもの。養蚕に関連の深い道具などをいっしょに飾る地方もある。カイコの安全を祈願したものだが、これも餅花の一種である。小正月が終わる頃にもぎとり焼いて食べる。餅花 フレッシュアイペディアより)

  • 野蚕

    野蚕から見たカイコ

    野蚕(やさん)は、家畜化された(家蚕)の対義語で、絹糸を生成する野生の昆虫の総称。クワコ(Wild Silkmoth) 、ヤママユ(Japanese Oak Silkmoth) 、ウスタビガなどが知られる。野蚕 フレッシュアイペディアより)

  • 横浜第二合同庁舎

    横浜第二合同庁舎から見たカイコ

    日本から輸出される生糸の品質向上を目的として、1896年に現在の中区本町5丁目付近に横浜生糸検査所が発足。関東大震災で被害を受けたが、1926年に北仲通(現在地)に遠藤於莵の設計により再建。約3万1,700m²の敷地に倉庫を含む22棟の建物を有した。庁舎は鉄筋コンクリート造地上4階地下1階で屋上には噴水庭園が設けられ、市民からは「キーケン」の愛称で親しまれた。正面上部にはの成虫をモチーフにした紋章が設けられている。1927年の輸出生糸検査法改正により、輸出生糸の全量の検査が義務づけられ、同年に神戸市に神戸市立生糸検査所、1932年には神戸市に国立生糸検査所が開設された。横浜生糸検査所は1980年に農林規格検査所に統合、1991年には農林水産消費技術センターに改組された。横浜第二合同庁舎 フレッシュアイペディアより)

  • 講書始

    講書始から見たカイコカイコ

    自然科学: 鈴木昭憲 「カイコの成長とペプチドホルモン」講書始 フレッシュアイペディアより)

  • ムヒョとロージーの魔法律相談事務所

    ムヒョとロージーの魔法律相談事務所から見たカイコ

    少女の頭との身体を持つ霊。口から糸を吐きだし獲物を締め上げる。ムヒョとロージーの魔法律相談事務所 フレッシュアイペディアより)

  • ギャグマンガ日和の登場キャラクター (パロディ系)

    ギャグマンガ日和の登場キャラクター (パロディ系)から見たカイコ

    実在した人物。細菌学者。の病気の研究に取り組むにあたり、蚕について学ぶためファーブルを訪ねた。虫嫌いであるが、ファーブルと話すために虫好きのふりをする。ギャグマンガ日和の登場キャラクター (パロディ系) フレッシュアイペディアより)

  • 養蚕業

    養蚕業から見たカイコカイコ

    養蚕業(ようさんぎょう)はカイコ(蚕)を飼ってその繭から生糸(絹)を作る産業。養蚕業 フレッシュアイペディアより)

  • 保食神

    保食神から見たカイコ

    天照大神が保食神の所に天熊人(アメノクマヒト)を遣すと、保食神は死んでいた。保食神の屍体の頭から牛馬、額から粟、眉から、目から稗、腹から稲、陰部から麦・大豆・小豆が生まれた。天熊人がこれらを全て持ち帰ると、天照大神は喜び、民が生きてゆくために必要な食物だとしてこれらを田畑の種とした。保食神 フレッシュアイペディアより)

  • ポンテギ

    ポンテギから見たカイコカイコ

    ポンテギ()とは、カイコの蛹を茹で、または蒸して味付けした韓国料理のおつまみ。ポンテギ フレッシュアイペディアより)

  • 八王子市の歴史

    八王子市の歴史から見たカイコカイコ

    近世後半には全国的に生産力の増大がみられ、なかでも米などの貢納用作物のほかに商品作物の栽培が増加するが、八王子宿を中心とする周辺の村々では主に、絹の原料となるやその飼料となる桑、あるいは茶など商品作物の生産がさかんになった。しかし、生産力の増大は一方で農民の間に経済力の格差の拡大をもたらし、結果として治安も悪化することになる。その改善を目指した幕府の文政の改革により、関東地方では組合村(寄場組合村・改革組合村ともいう)が結成される。このとき八王子宿近辺では八王子宿組合村が成立した。これにより八王子宿とその周辺の村々の間では治安面などでの広域的な連携がみられるようになった。この八王子宿組合と、小仏関を中心とする小仏駒木野組合の構成は、ほぼ現在の八王子市の行政区域と重なっており、現在の市域に地域自治的なまとまりがこの頃生まれていたことがわかる。八王子市の歴史 フレッシュアイペディアより)

211件中 81 - 90件表示

「カイコ」のニューストピックワード