179件中 21 - 30件表示
  • カイコ

    カイコから見た

    『古事記』上巻にて高天原を追放されたスサノオ(須佐之男命)が、食物神であるオオゲツヒメ(大気都比売神)に食物を求めたところ、オオゲツヒメは、鼻や口、尻から様々な食材を取り出して調理して差し出した。しかし、スサノオがその様子を覗き見て汚した食物を差し出したと思って、オオゲツヒメを殺してしまった。すると、オオゲツヒメの屍体から様々な食物の種などが生じた。頭に蚕、に稲、耳に粟、鼻に小豆、陰部に麦、尻に大豆が生まれたという。カイコ フレッシュアイペディアより)

  • カイコ

    カイコから見た八丈島

    こな、こなさま - 東京都八丈島、三宅島カイコ フレッシュアイペディアより)

  • カイコ

    カイコから見たブタ

    絹を取った後の蛹は熱で死んでいるが、日本の養蚕農家の多くは、鯉、鶏、などの飼料として利用した。現在でもそのままの形、もしくはさなぎ粉と呼ばれる粉末にして、魚の餌や釣り餌にすることが多い。カイコ フレッシュアイペディアより)

  • カイコ

    カイコから見た庄内地方

    しろさま(白様) - 山形県庄内地方カイコ フレッシュアイペディアより)

  • カイコ

    カイコから見たてんかん

    また、昆虫病原糸状菌(白殭菌)に感染した蚕(白殭蚕)は死んでしまい、絹を取る事は出来ないが、漢方医学ではてんかんや中風、あるいは傷薬として用いた方法が『医心方』などにあり、1919年の農商務省調査でも普通の蚕を含めて民間療法の薬として様々な病状の治療に用いられているとされている。白殭蚕を東京都南多摩郡や山梨県西山梨郡では、「おしらさま(御白様)」と呼んだ。カイコ フレッシュアイペディアより)

  • カイコ

    カイコから見た化粧品

    繊維用以外では、繭に着色などを施して工芸品にしたり、絹の成分を化粧品に加える例もある。カイコ フレッシュアイペディアより)

  • カイコ

    カイコから見た古事記

    カイコは、ミツバチなどと並び、愛玩用以外の目的で飼育される世界的にも重要な昆虫であり、主目的は天然繊維の絹の採取にある。日本でも、古事記にも記述があるほどの長い養蚕の歴史を持ち、戦前には絹は主要な輸出品であり、合成繊維が開発されるまで日本の近代化を支えた。農家にとって貴重な現金収入源であり、地方によっては「おカイコ様」といった半ば神聖視した呼び方が残っているほか、養蚕の神様(おしろさま)に順調な生育を祈る文化も見られた。また「一匹、二匹」ではなく「一頭、二頭」と数える。カイコ フレッシュアイペディアより)

  • カイコ

    カイコから見た日本書紀

    日本にカイコから糸を紡ぐ技術は、稲作などと相前後して伝わってきたと言われているが、古来においては様々な言い伝えがあり、日本神話が収められている『古事記』や『日本書紀』の中にもいくつかが収められている。カイコ フレッシュアイペディアより)

  • カイコ

    カイコから見た冬虫夏草

    蚕蛹に菌を接種したり植菌したりして、冬虫夏草(茸)を培養する原料として利用される場合もある。カイコ由来の冬虫夏草としては、島根県津和野町で生産されている津和野式冬虫夏草などが知られている。カイコ フレッシュアイペディアより)

  • カイコ

    カイコから見た

    カイコ(蚕、蠶)はチョウ目(鱗翅目)・カイコガ科に属する昆虫の一種。正式和名はカイコガで、カイコは本来この幼虫の名称だが、一般的にはこの種全般をも指す。クワ(桑)を食餌とし、絹を産生して(さなぎ)の繭(まゆ)を作る。有史以来養蚕の歴史と共に各国の文化と共に生きてきた昆虫。カイコ フレッシュアイペディアより)

179件中 21 - 30件表示

「カイコ」のニューストピックワード