165件中 21 - 30件表示
  • カイコ

    カイコから見た庄内地方

    しろさま(白様) - 山形県庄内地方カイコ フレッシュアイペディアより)

  • カイコ

    カイコから見た昆虫

    カイコ(蚕、蠶)はチョウ目(鱗翅目)・カイコガ科に属する昆虫の一種。正式和名はカイコガで、カイコは本来この幼虫の名称だが、一般的にはこの種全般をも指す。クワ(桑)を食餌とし、絹を産生して蛹(さなぎ)の繭(まゆ)を作る。カイコ フレッシュアイペディアより)

  • カイコ

    カイコから見たスーパーマーケット

    また、貴重なタンパク源として人の食用にされる例は多い。90年余り前の調査によると、日本の長野県や群馬県の一部では「どきょ」などと呼び、佃煮にして食用にしていたと報告されている。現在でも、長野県ではスーパー等で佃煮として売られている。伊那地方では産卵後のメス成虫を「まゆこ」と呼び、これも佃煮にする。朝鮮半島では蚕の蛹の佃煮を「ポンテギ」と呼び、露天商が売るほか、缶詰でも売られている。中国では山東省、広東省、東北地方などで「蚕蛹」(ツァンヨン、cānyǒng)と呼んで素揚げ、煮付け、炒め物などにして食べる。ベトナムでは「nh?ng t?m」(ノンタム)と呼んで、煮付けにすることが多い。タイ王国でも、北部や北東部では素揚げにして食べる。カイコ フレッシュアイペディアより)

  • カイコ

    カイコから見た化粧品

    繊維用以外では、繭に着色などを施して工芸品にしたり、絹の成分を化粧品に加える例もある。カイコ フレッシュアイペディアより)

  • カイコ

    カイコから見た

    カイコ(蚕、蠶)はチョウ目(鱗翅目)・カイコガ科に属する昆虫の一種。正式和名はカイコガで、カイコは本来この幼虫の名称だが、一般的にはこの種全般をも指す。クワ(桑)を食餌とし、絹を産生して(さなぎ)の繭(まゆ)を作る。カイコ フレッシュアイペディアより)

  • カイコ

    カイコから見た古事記

    カイコは、ミツバチなどと並び、愛玩用以外の目的で飼育される世界的にも重要な昆虫であり、主目的は天然繊維の絹の採取にある。日本でも、古事記にも記述があるほどの長い養蚕の歴史を持ち、戦前には絹は主要な輸出品であり、合成繊維が開発されるまで日本の近代化を支えた。農家にとって貴重な現金収入源であり、地方によっては「おカイコ様」といった半ば神聖視した呼び方が残っているほか、養蚕の神様(おしろさま)に順調な生育を祈る文化も見られた。また「一匹、二匹」ではなく「一頭、二頭」と数える。カイコ フレッシュアイペディアより)

  • カイコ

    カイコから見た日本書紀

    日本にカイコから糸を紡ぐ技術は、稲作などと相前後して伝わってきたと言われているが、古来においては様々な言い伝えがあり、日本神話が収められている『古事記』や『日本書紀』の中にもいくつかが収められている。カイコ フレッシュアイペディアより)

  • カイコ

    カイコから見た

    カイコ(蚕、蠶)はチョウ目(鱗翅目)・カイコガ科に属する昆虫の一種。正式和名はカイコガで、カイコは本来この幼虫の名称だが、一般的にはこの種全般をも指す。クワ(桑)を食餌とし、を産生して蛹(さなぎ)の繭(まゆ)を作る。カイコ フレッシュアイペディアより)

  • カイコ

    カイコから見たクワ

    カイコ(蚕、蠶)はチョウ目(鱗翅目)・カイコガ科に属する昆虫の一種。正式和名はカイコガで、カイコは本来この幼虫の名称だが、一般的にはこの種全般をも指す。クワ(桑)を食餌とし、絹を産生して蛹(さなぎ)の繭(まゆ)を作る。カイコ フレッシュアイペディアより)

  • カイコ

    カイコから見た沖縄県

    いとぅむし(糸虫) - 沖縄県首里方言カイコ フレッシュアイペディアより)

165件中 21 - 30件表示

「カイコ」のニューストピックワード