165件中 31 - 40件表示
  • カイコ

    カイコから見た富山県

    おしなもんさま - 富山県カイコ フレッシュアイペディアより)

  • カイコ

    カイコから見た東京都

    こな、こなさま - 東京都八丈島、三宅島カイコ フレッシュアイペディアより)

  • カイコ

    カイコから見た山梨県

    おしろさん(御白様) - 山梨県カイコ フレッシュアイペディアより)

  • カイコ

    カイコから見た兵庫県

    おさなもの - 京都府、兵庫県丹波地方カイコ フレッシュアイペディアより)

  • カイコ

    カイコから見た幼虫

    カイコ(蚕、蠶)はチョウ目(鱗翅目)・カイコガ科に属する昆虫の一種。正式和名はカイコガで、カイコは本来この幼虫の名称だが、一般的にはこの種全般をも指す。クワ(桑)を食餌とし、絹を産生して蛹(さなぎ)の繭(まゆ)を作る。カイコ フレッシュアイペディアより)

  • カイコ

    カイコから見たラテン語

    学名(ラテン語名)は「(仮名転写:ボンビックス・モリ)」。カイコ フレッシュアイペディアより)

  • カイコ

    カイコから見た眼状紋

    孵化したての1齢幼虫は、黒色で疎らな毛に覆われるため「毛蚕」(けご)と呼ばれ、また、アリのようであるため「蟻蚕」(ぎさん)とも呼ばれる。桑の葉を食べて成長し、十数時間程度の「眠」(脱皮の準備期間にあたる活動停止期)を経て脱皮する。2齢以降の脱皮後も毛はあるが、体が大きくなる割に、毛はあまり育たないのでイモムシ様の虫となり、幼虫の体色や模様は品種によって様々であるが、通常は青白く、頭部に眼状紋が入る。幼虫の白い体色が天敵に発見されやすいこともあって、幼虫は自然下では生育できない。また2齢幼虫になるころに毛が目立たなくなるのを昔の養蚕家は「毛をふるいおとす」と考え、毛ぶるいと表現した。カイコ フレッシュアイペディアより)

  • カイコ

    カイコから見た捜神記

    東晋時代の中国(4世紀)に書かれたとされる『捜神記』巻14には次のような話がある。カイコ フレッシュアイペディアより)

  • カイコ

    カイコから見た

    また、日本書紀における神産みの第二の一書にて火の神カグツチ(軻遇突智)を生んだために体を焼かれたイザナミ(伊弉冉)が亡くなる直前に生んだ土の神ハニヤマヒメ(埴山媛)は後にカグツチと結ばれてワクムスビ(稚産霊)を生むが、出産の際にワクムスビの頭の上に蚕と桑が生じ、の中に五穀が生まれたという説話がある。カイコ フレッシュアイペディアより)

  • カイコ

    カイコから見たニワトリ

    絹を取った後の蛹は熱で死んでいるが、日本の養蚕農家の多くは、鯉、、豚などの飼料として利用した。現在でもそのままの形、もしくはさなぎ粉と呼ばれる粉末にして、魚の餌や釣り餌にすることが多い。カイコ フレッシュアイペディアより)

165件中 31 - 40件表示

「カイコ」のニューストピックワード