1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ
100件中 91 - 100件表示
  • 金城武

    金城武から見たリカルド・イゼクソン・ドス・サントス・レイチカカ (サッカー選手)

    2008年6月20日、サッカー選手のカカやデビッド・ベッカムに続いて、アジア人としては初のエンポリオ・アルマーニの広告塔に起用された。同ブランドは起用理由について、「彼はアジアの著名スターとしてアジアだけでなく欧米でも名が通っており人気がある。軽やかな印象は非常に近代的で洗練されていると同時に、天性の魅力を持っている。彼の人柄と美貌は完璧にエンポリオ・アルマーニに調和するため、彼はエンポリオ・アルマーニコレクションには最高の男であり、また理想的な広告塔だ」とコメントし、金城を絶賛している。契約料は約1億1000万円と言われており、中華圏市場に注力している同ブランドでは、中国だけで2008年中に13店舗の出店を計画している。金城武 フレッシュアイペディアより)

  • フロレンティーノ・ペレス

    フロレンティーノ・ペレスから見たリカルド・イゼクソン・ドス・サントス・レイチカカ (サッカー選手)

    2009年、ラモン・カルデロンが会長職を辞した後、再び会長選挙に立候補した。ペレスの他にも3人の候補者が出ると見られていたが、結局候補者はペレス1人であったため再び会長に返り咲いた。前年多くのタイトルを獲得したバルセロナに対抗するべく、カカ、クリスティアーノ・ロナウド、シャビ・アロンソ、カリム・ベンゼマらビッグネームを再び獲得。この年補強に費やした金額は2億5000万ユーロにも上った。フロレンティーノ・ペレス フレッシュアイペディアより)

  • キャプテン翼

    キャプテン翼から見たリカルド・イゼクソン・ドス・サントス・レイチカカ (サッカー選手)

    本作品の影響は日本だけに留まらず、世界各国におよんでおり、元フランス代表のジネディーヌ・ジダン やティエリ・アンリ やセバスティアン・フレイ、元イタリア代表のアレッサンドロ・デルピエロ やフランチェスコ・トッティ やジェンナーロ・ガットゥーゾ やジャンルカ・ザンブロッタ やフィリッポ・インザーギ、アルゼンチン代表のリオネル・メッシ やセルヒオ・アグエロ、ブラジル代表のカカ、スペイン代表のフェルナンド・トーレス やアンドレス・イニエスタ や元代表のシャビ、チリ代表のアレクシス・サンチェス、コロンビア代表のハメス・ロドリゲス、元ドイツ代表のルーカス・ポドルスキらがファンであることや影響を受けたことを公言している。キャプテン翼 フレッシュアイペディアより)

  • サッカーブラジル代表

    サッカーブラジル代表から見たリカルド・イゼクソン・ドス・サントス・レイチカカ (サッカー選手)

    2006年ドイツ大会では前回大会とは対照的に南米予選を1位で通過。黄金のカルテットになぞらえて「カルテット・マジコ」(魔法の4人組)と呼ばれたロナウジーニョ、ロナウド、カカ、アドリアーノの4人による前線を擁し、優勝候補の大本命とみなされていた。とくにロナウジーニョへの期待が高く、「この大会はロナウジーニョの大会になるだろう」との声もあった。しかし、準々決勝で8年前の1998年フランス大会決勝で敗れた相手、フランスと当たり、1-0で落とし連覇及び当時史上初となった4大会連続ベスト4を逃した。サッカーブラジル代表 フレッシュアイペディアより)

  • クリスティアーノ・ロナウド

    クリスティアーノ・ロナウドから見たリカルド・イゼクソン・ドス・サントス・レイチカカ (サッカー選手)

    06-07シーズンは17ゴール14アシストと共に自己最多を記録し、チームの優勝に貢献。自身も1977年のアンディ・グレイ以来30年ぶり史上2人目となるPFA年間最優秀選手賞とFWA年間最優秀選手賞をダブル受賞した。ファンの投票による年間最優秀選手賞にも選ばれ、史上初の三冠達成を果たした。また、2006年11、12月にプレミアリーグ月間MVPを2か月連続で受賞。ロビー・ファウラーとデニス・ベルカンプに続くプレミア史上10年ぶり3人目の快挙となった。バロンドールの投票ではカカーに次ぐ2位となった。クリスティアーノ・ロナウド フレッシュアイペディアより)

  • クリスティアーノ・ロナウド

    クリスティアーノ・ロナウドから見たカカ (サッカー選手)カカ (サッカー選手)

    フロレンティーノ・ペレスが2度目の会長就任を果たしたレアル・マドリードは、打倒バルセロナを目標に掲げ、ジネディーヌ・ジダンの記録を上回る当時のサッカー界史上最高額の8000万ポンドの移籍金を一括でマンチェスター・ユナイテッドに支払い、6月11日にロナウドを獲得した。この年のレアル・マドリードは、ロナウド以外にもバロンドール受賞経験者のカカやフランスの一部リーグ、リーグ・アンの名門オリンピック・リヨンの若きエース、カリム・ベンゼマなどの超一流選手を獲得した。7月6日、レアル・マドリードの本拠地サンティアゴ・ベルナベウで入団発表が行なわれ、背番号は9と発表された。入団発表には10万人のファンが集まった。1984年にSSCナポリに加入したディエゴ・マラドーナの7万5000人を抜き、史上最多の人数がつめかけたお披露目式となった。また、ロナウドのユニフォームはマドリード市内だけで120万枚を売り上げ、高額な移籍金を地元のユニフォーム売り上げのみで回収した。7月21日のシャムロック・ローヴァーズFC戦でデビュー。翌週のLDUキト戦ではPKから初得点を挙げた。8月29日のデポルティーボ・ラ・コルーニャ戦でリーガ・エスパニョーラデビューを飾ると、PKで初得点も決めた。クリスティアーノ・ロナウド フレッシュアイペディアより)

  • マヌエル・ノイアー

    マヌエル・ノイアーから見たカカ (サッカー選手)カカ (サッカー選手)

    2012年4月25日、チャンピオンズリーグ準決勝のレアル・マドリード戦2ndレグは延長戦でも決着がつかずPK戦に突入。ここでクリスティアーノ・ロナウドとカカのPKを止めて3-1で勝利し、決勝に進出した。5月20日のチェルシーFCとの決勝戦はバイエルンの本拠地フースバル・アレナ・ミュンヘンで行われた。トーマス・ミュラーのゴールで先制するが終了間際に追いつかれて、レアル戦同様延長でも決着がつかずPK戦に突入。1人目フアン・マタのPKを止め、さらには自らもPK戦を拒否したアリエン・ロッベンに変わってキッカーを務め、ペトル・ツェフの守るゴールを破ったが、結局イビツァ・オリッチとバスティアン・シュヴァインシュタイガーが失敗して最後はディディエ・ドログバに決められて4-3で敗北。ホームで11季ぶりの優勝はならなかった。マヌエル・ノイアー フレッシュアイペディアより)

  • 1982年

    1982年から見たリカルド・イゼクソン・ドス・サントス・レイチカカ (サッカー選手)

    4月22日 - カカ、サッカー選手1982年 フレッシュアイペディアより)

  • レアル・マドリード

    レアル・マドリードから見たカカ (サッカー選手)カカ (サッカー選手)

    2009-10シーズンはマヌエル・ペレグリーニが監督に就任し、同年夏の移籍市場では当時の史上2番目に高額な移籍金でカカを、当時の史上最高額となる移籍金でクリスティアーノ・ロナウドを獲得したほか、カリム・ベンゼマ、シャビ・アロンソ、ラウール・アルビオル、アルバロ・アルベロアらを獲得。しかし、同シーズンはリーガ・エスパニョーラで当時のクラブ史上最多の勝ち点96を記録するも2季連続の2位、コパ・デル・レイでは2季連続のベスト32、UEFAチャンピオンズリーグでは6季連続のベスト16と無冠に終わり、シーズン終了後にペレグリーニは解任された。レアル・マドリード フレッシュアイペディアより)

  • マンチェスター・シティFC

    マンチェスター・シティFCから見たカカ (サッカー選手)カカ (サッカー選手)

    2008年9月1日、タクシン・チナワット会長がオーナー権をUAEの投資グループの(ADUG) へ売却。更に同年夏の移籍市場最終日となった同日、レアル・マドリードからロビーニョを獲得し、翌2009年冬の移籍市場では当時史上最高額ともいわれる移籍金でACミランからカカの獲得を試み失敗するも、あり余る資金力を背景にウェイン・ブリッジ、シェイ・ギヴン、クレイグ・ベラミーなどの実力者達を獲得。しかし、最終的に2008-09シーズンはプレミアリーグを10位、UEFAカップをベスト8で終えることとなり期待された結果とは程遠いものだった。マンチェスター・シティFC フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ
100件中 91 - 100件表示

「カカ」のニューストピックワード