81件中 31 - 40件表示
  • クリスティアン・ポウルセン

    クリスティアン・ポウルセンから見たリカルド・イゼクソン・ドス・サントス・レイチリカルド・イゼクソン・ドス・サントス・レイチ

    EURO2004では彼の執拗なマークを受け苛ついていたフランチェスコ・トッティに唾を吐きかけられ、トッティが3試合出場停止処分を受けた。しかし、CLのシャルケ対ACミラン戦において彼の執拗なラフプレーを受けたカカは、この時のトッティの気持ちに同調するような発言をしている。クリスティアン・ポウルセン フレッシュアイペディアより)

  • セルジオ・ドゥトラ・ジュニオール

    セルジオ・ドゥトラ・ジュニオールから見たリカルド・イゼクソン・ドス・サントス・レイチリカルド・イゼクソン・ドス・サントス・レイチ

    サント・アンドレ時代、2009年2月1日のサンパウロ州選手権・サンパウロFC戦でスーパーゴールを決めたことでブラジル国内で知名度が急上昇した。サンパウロFC、クルゼイロEC、SCインテルナシオナルなどとの争奪戦の末、京都サンガF.C.が完全移籍で獲得。移籍の際に日本のメディアでは「カカ2世」という触れ込みで彼を紹介したが、ブラジル国内でそのように呼ばれていた事実はないという。セルジオ・ドゥトラ・ジュニオール フレッシュアイペディアより)

  • カリム・ベンゼマ

    カリム・ベンゼマから見たリカルド・イゼクソン・ドス・サントス・レイチリカルド・イゼクソン・ドス・サントス・レイチ

    2010年夏の移籍市場では、ラウル・ゴンサレスがシャルケ04へと移籍したことにより空いた背番号7をクリスティアーノ・ロナウドが求めたため、それまでクリスティアーノ・ロナウドが付けていた背番号9が空き番となり、憧れの選手であるロナウドと同じ9番を付けることとなった。2010-2011シーズン前、ベンゼマはと語った。しかし、シーズンが始まってもベンゼマは寝坊や練習の怠慢などを繰り返したため、ジョゼ・モウリーニョ監督から叱責を受けた。その後手術によってイグアインが離脱してからは多くのチャンスが与えられ、先発出場する機会も増えた。UEFAチャンピオンズリーググループステージ最終戦のオセール戦や8-0で大勝したコパ・デル・レイレバンテ戦ではハットトリックを記録した。一方リーグ戦では得点を決めることが出来ず、リーガ第4節エスパニョール戦で決めて以降、1月24日の第20節マジョルカ戦まで無得点であった。モウリーニョからの信頼を勝ち取ることが出来ず、アルメリア戦では怪我明けのカカを起用するためにチーム唯一のCFであるにも関わらずベンゼマは先発に選ばれなかった。しかし、3月に入ると突如多くのゴールを決め始め、アトレティコ・マドリードとのダービー直近の8試合で10得点を挙げた。カリム・ベンゼマ フレッシュアイペディアより)

  • ドゥンガ

    ドゥンガから見たリカルド・イゼクソン・ドス・サントス・レイチリカルド・イゼクソン・ドス・サントス・レイチ

    パレイラが重用していたアドリアーノ、カカ、ロナウジーニョからなる通称「カルテット・マジコ」にたいしては「前線にアタッカーを4人並べる危険なことはしない」と否定的である。流れるようなパスワークといった芸術性よりも、規律を遵守した組織的な守備重視の戦術を採用しておりブラジルのメディアからはつまらないサッカーだと批判されていた。ドゥンガ フレッシュアイペディアより)

  • UEFAチャンピオンズリーグ 2004-05 決勝

    UEFAチャンピオンズリーグ 2004-05 決勝から見たリカルド・イゼクソン・ドス・サントス・レイチリカルド・イゼクソン・ドス・サントス・レイチ

    キックオフ直後にカカの突破からFKを得たミランは、アンドレア・ピルロのFKにキャプテン、パオロ・マルディーニがボレーで合わせて先制。通算7度目のチャンピオンズリーグ決勝出場となるミランの象徴とも言えるプレーヤーの得点が開始1分も経たずに決まったことは、ミランの好調ぶりを印象付けると同時にゲームがミラン主導で進んでいく様を予感させるものでもあった。その予感はリヴァプールの先発FW、ハリー・キューウェルが23分に負傷交代(代わっての出場はウラジミール・スミチェル)に追い込まれた事からも現実味を帯びて来ていた。UEFAチャンピオンズリーグ 2004-05 決勝 フレッシュアイペディアより)

  • アレクサンドロ・デ・ソウザ

    アレクサンドロ・デ・ソウザから見たリカルド・イゼクソン・ドス・サントス・レイチリカルド・イゼクソン・ドス・サントス・レイチ

    シドニー五輪ブラジル代表キャプテンで元A代表選手。五輪では苦杯をなめ、スランプに陥るも、クルゼイロで復活する。ロナウジーニョ、ゼ・ロベルト、エメルソン・フェレイラ、カカが並ぶ2006年ごろの代表ミッドフィールダー陣の中では脇役であったが、技術ではカカにも劣らない。アレクサンドロ・デ・ソウザ フレッシュアイペディアより)

  • ピーター・クラウチ

    ピーター・クラウチから見たリカルド・イゼクソン・ドス・サントス・レイチリカルド・イゼクソン・ドス・サントス・レイチ

    トッテナムでプロデビューを飾るが、デビューしてからの数年間はほぼ毎シーズン、移籍を繰り返してきた。結果を残せずにいた中、2004-2005シーズンに移籍したサウサンプトンでレギュラーに定着。存在感を見せたがクラブの成績は振るわず、降格を阻止することは出来なかった。しかし、ここでの活躍がリヴァプールのラファエル・ベニテス監督の目に留まり、リヴァプールへ移籍することになった。UEFAチャンピオンズリーグ 2006-07では6得点を挙げ、得点王争いではACミランのカカに次いで、ディディエ・ドログバらと共に2位となった。また、2006-2007シーズンはリヴァプールでの得点王となった。2007-2008シーズンはフェルナンド・トーレスなどの加入により出場機会が減少した。出場時間が短いことから、ユヴェントスFCやマンチェスター・シティーFCへの移籍も噂されたが、ベニテス監督は重要なバックアッパーだとして放出しない考えを示した。しかし、シーズン終了後、1100万ポンドでのポーツマスFCへの移籍が決定した。また、1シーズン後にはデビュークラブであるトッテナム・ホットスパーへ900万ポンドで移籍が発表された。ピーター・クラウチ フレッシュアイペディアより)

  • ジュニーニョ・ペルナンブカーノ

    ジュニーニョ・ペルナンブカーノから見たリカルド・イゼクソン・ドス・サントス・レイチリカルド・イゼクソン・ドス・サントス・レイチ

    ブラジル代表にも選出されているが、出場機会は少ない。同じ時代にカカ、ロナウジーニョという稀代の選手がいなければ間違いなくブラジル代表の中心選手となっていただろうと謳われる選手である。裏を返せば、ジュニーニョが控えに回る程にセレソンの選手層は厚いということでもある。ジュニーニョ・ペルナンブカーノ フレッシュアイペディアより)

  • 長谷川アーリアジャスール

    長谷川アーリアジャスールから見たリカルド・イゼクソン・ドス・サントス・レイチリカルド・イゼクソン・ドス・サントス・レイチ

    FIFAクラブワールドカップでACミランが来日したときにはカカと間違えられたことがある。長谷川アーリアジャスール フレッシュアイペディアより)

  • 佐々木勇人

    佐々木勇人から見たリカルド・イゼクソン・ドス・サントス・レイチリカルド・イゼクソン・ドス・サントス・レイチ

    地元塩竈市の塩釜FCでジュニアユースの監督をしていた父親に育てられ、ジュニアからユースまで同クラブで育つ。ジュニア時代だった1993年には、カカを擁するサンパウロFC下部組織と試合をした経験を持つ。佐々木勇人 フレッシュアイペディアより)

81件中 31 - 40件表示

「カカ」のニューストピックワード