100件中 51 - 60件表示
  • マヌエル・ルイ・コスタ

    マヌエル・ルイ・コスタから見たリカルド・イゼクソン・ドス・サントス・レイチカカ (サッカー選手)

    2001年、ルイ・コスタはフィオレンティーナの財政悪化などもあり、2000-01シーズンにフィオレンティーナのコーチを務めていたファティ・テリムが指揮するACミランに移籍した。その際の移籍金は2001-02シーズンのセリエAでは最高額の850億リラ(4390万ユーロ)に上った。加入直後に怪我をしたこともあり初年度はあまり活躍できなかったが、翌シーズンには調子を上げ、UEFAチャンピオンズリーグとコパ・イタリアの2冠に貢献した。しかし、2003年以降は新加入のカカにポジションを奪われ、十分な出場機会を得られなかった。それでもルイ・コスタはカカに対して賞賛を惜しまず、また個人的にもアドバイスを送り続けカカの成長を手助けした。後にカカも、「ルイ・コスタは僕のことをすごく助けてくれた。ルイ・コスタと僕は先生と生徒の関係だったね。」と述べている。ルイ・コスタの引退試合の前日には、ミランの副会長のアドリアーノ・ガッリアーニは「ミラノ市民、そしてイタリア国民は決してルイ・コスタの名前を忘れることはないだろう。君はいつまでも“ロッソ・ネロ”(ミランの愛称)の家族の一員だ」とルイ・コスタをたたえる手紙をファックスで届け、キャプテンのパオロ・マルディーニは「ルイ・コスタがまだまだ僕らのサッカー界で活躍できる一流の選手であることは僕が一番よく分かるよ。偉大なる男、そして友人だったルイにありがとうと言いたい」とのメッセージを寄せた。ルイ・コスタはこれらのメッセージについて、「感動して泣いてしまった。」と引退試合後の記者会見で語っている。マヌエル・ルイ・コスタ フレッシュアイペディアより)

  • オズワルド・オリヴェイラ

    オズワルド・オリヴェイラから見たリカルド・イゼクソン・ドス・サントス・レイチカカ (サッカー選手)

    サンパウロ時代にカカ、サントス時代にはロビーニョ、コリンチャンス時代にはマルコス・セナの指導をしていた。オズワルド・オリヴェイラ フレッシュアイペディアより)

  • 4月22日

    4月22日から見たカカ (サッカー選手)カカ (サッカー選手)

    1982年 - カカ、サッカー選手4月22日 フレッシュアイペディアより)

  • ロナウジーニョ

    ロナウジーニョから見たリカルド・イゼクソン・ドス・サントス・レイチカカ (サッカー選手)

    2006年にはドイツで開催されたワールドカップのメンバーに選ばれ、アドリアーノ、ロナウド、カカと共に構成されたマジック・カルテットの一員として全5試合に先発出場した。しかしブラジル代表は全体的に低調で、この4人組は計5点しか奪えなかった。ロナウジーニョはグループリーグの日本戦でジウベルトの得点をアシストしたが、代表キャリアの中でも最悪の大会となり、大会を通じて無得点1アシストに終わった。準々決勝のフランス戦 (0-1) では何もできず、ブラジル代表は枠内シュートを1本しか打てない体たらくで敗退が決まった。この代表チームはブラジル帰国後にファンやメディアの批判にさらされ、フランス戦の2日後の7月3日には、チャペコ (Chapecó) にあった7.5m(23フィート)ものグラスファイバーと樹脂製のロナウジーニョの彫像が過激なファンによって破壊された。この彫像は2004年にFIFA最優秀選手賞受賞を記念して設立されたものだった。同じ日、バルセロナに戻ったロナウジーニョは自宅にアドリアーノを招いてパーティを催し、ナイトクラブで早朝まで夜遊びを続けた。このことは多くのブラジルのファンに「努力の足りないブラジル代表に裏切られた」という感情を抱かせた。ロナウジーニョ フレッシュアイペディアより)

  • ロナウジーニョ

    ロナウジーニョから見たカカ (サッカー選手)カカ (サッカー選手)

    世界屈指の人気選手であり、Twitterのフォロワー数は2014年6月現在で約968万人である。世界のあらゆるアスリートの中でもクリスティアーノ・ロナウド、カカ、レブロン・ジェームズ、ネイマールに次いで5番目に多い。ロナウジーニョ フレッシュアイペディアより)

  • レオナルド・ナシメント・ジ・アラウージョ

    レオナルド・ナシメント・ジ・アラウージョから見たリカルド・イゼクソン・ドス・サントス・レイチカカ (サッカー選手)

    現役引退後は副会長補佐としてACミランに籍を残し、2003年にクラブの出資により設立された慈善財団ファンダツィオーネ・ミランのゼネラルセクレタリーを務めた。スカウトやエージェントとしても働き、カカやアレシャンドレ・パトの獲得に貢献した。2005年頃、右腕に日本語で「全てに感動を」というタトゥーを入れ、「これで本当に日本とつながっている気がする」と語っている。2006年のドイツワールドカップ時には、マルセル・デサイーとともにイギリスのBBCテレビの解説を務めた。2007年6月1日には、ウェンブリー・スタジアムのこけら落としとなるイングランド対ブラジル戦でアラン・ハンセンやアラン・シアラーとともに解説を務めた。2008年初頭、ACミランのテクニカル・ディレクターに就任した。同年後半には12年間住んでいるイタリアの市民権を取得した。レオナルド・ナシメント・ジ・アラウージョ フレッシュアイペディアより)

  • ジュニーニョ・ペルナンブカーノ

    ジュニーニョ・ペルナンブカーノから見たリカルド・イゼクソン・ドス・サントス・レイチカカ (サッカー選手)

    ルシェンブルゴ代表監督時代の1999年3月28日、親善試合韓国戦で国際Aマッチ初出場、続いて行われた、日本戦にも出場。コパ・アメリカ2001出場した。スコラーリ監督が代表監督に就任後は代表から遠ざかった。またFIFAコンフェデレーションズカップ2005などの代表メンバーに選出されているが、同年代にカカ、ロナウジーニョという稀代の名選手がおり、控えに回ることが多かった。ジュニーニョ・ペルナンブカーノ フレッシュアイペディアより)

  • アレクサンドロ・デ・ソウザ

    アレクサンドロ・デ・ソウザから見たカカ (サッカー選手)カカ (サッカー選手)

    シドニー五輪ブラジル代表キャプテンで元A代表選手。五輪では苦杯をなめ、スランプに陥るも、クルゼイロで復活する。ロナウジーニョ、ゼ・ロベルト、エメルソン、カカが並ぶ2006年ごろの代表ミッドフィールダー陣の中では脇役であったが、技術ではカカにも劣らない。アレクサンドロ・デ・ソウザ フレッシュアイペディアより)

  • ロブソン・ポンテ

    ロブソン・ポンテから見たリカルド・イゼクソン・ドス・サントス・レイチカカ (サッカー選手)

    2008年1月26日に母国ブラジルで結婚式を行った。相手は一般人女性のダニエリ(当時23歳)さんで、披露宴はサンパウロにあるキリスト再生教会で取り計らわれた。この教会はサンパウロ所属のカカも披露宴を行った聖地である。ロブソン・ポンテ フレッシュアイペディアより)

  • ヘネス・マルセロ・レモス

    ヘネス・マルセロ・レモスから見たリカルド・イゼクソン・ドス・サントス・レイチカカ (サッカー選手)

    好きなサッカー選手はブラジル代表のカカ。ガンバ大阪時代のチームメイトの中では二川孝広。ヘネス・マルセロ・レモス フレッシュアイペディアより)

100件中 51 - 60件表示

「カカ」のニューストピックワード