81件中 51 - 60件表示
  • サッカーブラジル代表

    サッカーブラジル代表から見たリカルド・イゼクソン・ドス・サントス・レイチリカルド・イゼクソン・ドス・サントス・レイチ

    2006年ドイツ大会では前回大会とは対照的に南米予選を1位で通過。黄金のカルテットになぞらえて「カルテット・マジコ」(魔法の4人組)と呼ばれたロナウジーニョ、ロナウド、カカ、アドリアーノの4人による前線を擁し、優勝候補の大本命とみなされていた。とくにロナウジーニョへの期待が高く、「この大会はロナウジーニョの大会になるだろう」との声もあったが、本大会が始まってみると今ひとつ調子が振るわなかった。これも一因となってか、8年前の1998年フランス大会決勝で敗れた相手、フランスとの再戦となった準々決勝を1-0で落とし連覇を逃した。サッカーブラジル代表 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部 真里

    阿部真里から見たリカルド・イゼクソン・ドス・サントス・レイチリカルド・イゼクソン・ドス・サントス・レイチ

    『ズームイン!!SUPER』で2007年12月に日本で開催されるサッカー・クラブワールドカップを前に特集が組まれ、同大会に出場するイタリアのACミランを特集した際、矢吹はスター選手であるMFカカ、DFマルディーニらからサインをもらった。サインしてもらった物はマルディーニが経営している店で販売していたTシャツであった。阿部真里 フレッシュアイペディアより)

  • リカルド・アルバレス

    リカルド・アルバレスから見たリカルド・イゼクソン・ドス・サントス・レイチリカルド・イゼクソン・ドス・サントス・レイチ

    プレースタイルやリカルドというファーストネームから、カカと比較されることがある。リカルド・アルバレス フレッシュアイペディアより)

  • ハビエル・マスチェラーノ

    ハビエル・マスチェラーノから見たリカルド・イゼクソン・ドス・サントス・レイチリカルド・イゼクソン・ドス・サントス・レイチ

    UEFAチャンピオンズリーグの初出場は4月3日に行われた準々決勝PSV戦1stレグ(アウェー)で、すぐさまレギュラーとしての地位を確立した彼はACミランとの決勝にも出場した。彼とMFシャビ・アロンソで相手MFカカとMFクラレンス・セードルフを抑えることに成功したが、試合には1-2で敗れた。しかし、ファンの投票でのマン・オブ・ザ・マッチに選ばれた。ハビエル・マスチェラーノ フレッシュアイペディアより)

  • ジュリオ・バティスタ

    ジュリオ・バティスタから見たリカルド・イゼクソン・ドス・サントス・レイチリカルド・イゼクソン・ドス・サントス・レイチ

    2001年、ブラジル代表キャップゼロながらFIFAコンフェデレーションズカップ2001のメンバーに選ばれ、大会前に行われた東京ヴェルディ1969との親善試合(非公式試合)では得点も決めている。6月4日の日本戦で国際Aマッチ初出場を果たした。2005年の同大会メンバーにも選出されている。レアル・マドリードでポジションを失い、2006 FIFAワールドカップのメンバーからは外れたが、コパ・アメリカ2007のメンバーには選ばれ、グループリーグのチリ戦、ウルグアイ戦で得点した。カカやロナウジーニョなどの主力を欠く中でスタメンとして出場し、決勝のアルゼンチン戦 (3-0) では先制点を決め、計3得点を挙げて2連覇に貢献した。2010 FIFAワールドカップ・南米予選ではエクアドル戦とチリ戦で得点し、本大会メンバーにも選ばれた。ジュリオ・バティスタ フレッシュアイペディアより)

  • アンドレア・ピルロ

    アンドレア・ピルロから見たリカルド・イゼクソン・ドス・サントス・レイチリカルド・イゼクソン・ドス・サントス・レイチ

    2001-02シーズン途中にカルロ・アンチェロッティがミランの監督に就任。アンチェロッティもトップ下にはルイ・コスタを起用し続け、試合出場を願うピルロは通常のトップ下のポジションではなくディフェンシブミッドフィルダーとしての起用を直訴する。ピルロのブレシアでの経験を知っていたアンチェロッティはこれを承諾。守備主体のポジションに攻撃の要の選手を起用することは当時まだ珍しかったが、奇しくもその後のサッカー戦術を先取りする形となった。トップ下ほどフィジカルの当たりが激しくない中盤の底で、クラレンス・セードルフ、ジェンナーロ・ガットゥーゾといった強力なハードワーカーやマッシモ・アンブロジーニのようなディフェンス能力に秀でたディフェンシブミッドフィルダーのチームメイトにも恵まれ、ピルロは攻撃の指揮をつかさどる存在として、長短織り交ぜた正確無比なパスを供給し続け、レジスタとしてのポジションを確立。今までの不振が嘘のようなパフォーマンスを披露するようになる。UEFAチャンピオンズリーグ優勝にも貢献した。そして2007年のバロンドール投票でカカ、リオネル・メッシ、クリスティアーノ・ロナウドに次ぐ4位の票数を獲得した。アンドレア・ピルロ フレッシュアイペディアより)

  • ハビエル・パストーレ

    ハビエル・パストーレから見たリカルド・イゼクソン・ドス・サントス・レイチリカルド・イゼクソン・ドス・サントス・レイチ

    アルゼンチンのカカと言われることもある 。ハビエル・パストーレ フレッシュアイペディアより)

  • ロナウジーニョ

    ロナウジーニョから見たリカルド・イゼクソン・ドス・サントス・レイチリカルド・イゼクソン・ドス・サントス・レイチ

    2006年にはドイツで開催されたワールドカップのメンバーに選ばれ、アドリアーノ、ロナウド、カカと共に構成されたマジック・カルテットの一員として全5試合に先発出場した。しかしブラジル代表は全体的に低調で、この4人組は計5点しか奪えなかった。ロナウジーニョはグループリーグの日本戦でジウベウト・シウバの得点をアシストしたが、代表キャリアの中でも最悪の大会となり、大会を通じて無得点1アシストに終わった。準々決勝のフランス戦(0-1)では何もできず、ブラジル代表は枠内シュートを1本しか打てない体たらくで敗退が決まった。この代表チームはブラジル帰国後にファンやメディアの批判にさらされ、フランス戦の2日後の7月3日には、チャペコ(Chapecó)にあった7.5m(23フィート)ものグラスファイバーと樹脂製のロナウジーニョの彫像が過激なファンによって破壊された。この彫像は2004年にFIFA最優秀選手賞受賞を記念して設立されたものだった。同じ日、バルセロナに戻ったロナウジーニョは自宅にアドリアーノを招いてパーティを催し、ナイトクラブで早朝まで夜遊びを続けた。このことは多くのブラジルのファンに「努力の足りないブラジル代表に裏切られた」という感情を抱かせた。ロナウジーニョ フレッシュアイペディアより)

  • 最上町

    最上町から見たリカルド・イゼクソン・ドス・サントス・レイチリカルド・イゼクソン・ドス・サントス・レイチ

    現在、サッカーブラジル代表でスペイン・プリメーラ・ディビシオンのレアル・マドリードに所属するサッカー選手であるカカは、11歳の頃にサンパウロFCの下部組織の一員として交流試合でこの町を訪れた。カカは町内産のジャガイモが沢山入ったカレーライスをよく食べたといい、後にこの時のレシピにアスパラガスを加えた「カカカレー」なるご当地グルメが登場している。最上町 フレッシュアイペディアより)

  • うるとらスーパーさぶっ!!

    うるとらスーパーさぶっ!!から見たリカルド・イゼクソン・ドス・サントス・レイチリカルド・イゼクソン・ドス・サントス・レイチ

    ACミランを商社に見立てたシリーズ。ガットゥーゾが「ガッツ」と呼ばれており、インザーギが忍者でスパイ活動を行なっている。カカはエリート社員で、危機が迫ると「ビッグカカ」に変身する。たまに、ちり紙交換で大物選手を獲得し、そうしてやってきた選手は「古(ふる)○○」と呼ばれる。うるとらスーパーさぶっ!! フレッシュアイペディアより)

81件中 51 - 60件表示

「カカ」のニューストピックワード