81件中 61 - 70件表示
  • オズワルド・オリヴェイラ

    オズワルド・オリヴェイラから見たリカルド・イゼクソン・ドス・サントス・レイチリカルド・イゼクソン・ドス・サントス・レイチ

    サンパウロ時代にカカを、サントス時代にはロビーニョの指導をしていた。オズワルド・オリヴェイラ フレッシュアイペディアより)

  • 登録名

    登録名から見たリカルド・イゼクソン・ドス・サントス・レイチリカルド・イゼクソン・ドス・サントス・レイチ

    本名の一部が変化したものから、容姿等を由来とするものまで様々である。ペレ、ジーコ、ロナウジーニョ、カカなど、ブラジル人のサッカー選手に多く見られる。登録名 フレッシュアイペディアより)

  • 1982年

    1982年から見たリカルド・イゼクソン・ドス・サントス・レイチリカルド・イゼクソン・ドス・サントス・レイチ

    4月22日 - カカ、サッカー選手1982年 フレッシュアイペディアより)

  • 1982年のスポーツ

    1982年のスポーツから見たリカルド・イゼクソン・ドス・サントス・レイチリカルド・イゼクソン・ドス・サントス・レイチ

    4月22日 - カカ(リカルド・イゼクソン・ドス・サントス・レイチ)(ブラジル、サッカー)1982年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • ゴンサロ・イグアイン

    ゴンサロ・イグアインから見たリカルド・イゼクソン・ドス・サントス・レイチリカルド・イゼクソン・ドス・サントス・レイチ

    2009-10シーズンも、クリスティアーノ・ロナウド、カカ、カリム・ベンゼマといったそうそうたるアタッカーの加入により、開幕戦こそスターティングメンバーに名を連ねることが出来なかったが、徐々に信頼を得ると主将のラウル、ベンゼマからレギュラーを勝ち取り、前年を超えるハイペースでゴールを量産。シーズン初ゴールは開幕から7週間後となる10月中旬であった。しかし、最終的にリーグ戦で前シーズンを上回る27得点を挙げ、リーガの得点ランク2位となった。ゴンサロ・イグアイン フレッシュアイペディアより)

  • ジャンルイジ・ブッフォン

    ジャンルイジ・ブッフォンから見たリカルド・イゼクソン・ドス・サントス・レイチリカルド・イゼクソン・ドス・サントス・レイチ

    8月14日に行われたACミランとの親善試合でカカと激突し、右肩を脱臼。長期の戦線離脱を余儀なくされ、ユヴェントスはその代役としてクリスティアン・アッビアーティをACミランから獲得。一旦、同年12月1日のコッパ・イタリア、フィオレンティーナ戦で復帰するが、ファビオ・カペッロ監督のまだ十分に回復していないとの判断により、その後の試合には出場せず。1月15日のレッジーナ戦で再度復帰。以降は正GKの座を奪還した。ジャンルイジ・ブッフォン フレッシュアイペディアより)

  • 中田英寿

    中田英寿から見たリカルド・イゼクソン・ドス・サントス・レイチリカルド・イゼクソン・ドス・サントス・レイチ

    フランスワールドカップ組み合わせ抽選会記念試合で、初めて「世界選抜」の一員として出場した時、チームの主将だったロナウドが後半で途中交代する際にキャプテンマークを渡されて巻いている。これ以後、世界選抜の記念試合や、ジーコ、ジネディーヌ・ジダン、ロナウド、ルイス・フィーゴら有名選手の主催するチャリティーマッチに多数出場しており、世界のスーパースターとの交流が数多く伝えられている。アレッサンドロ・デル・ピエロとは一緒に買い物に行き、おそろいで靴を購入した 。ドイツワールドカップのブラジル戦では、入場通路でロナウド、ロナウジーニョ、カカらと談笑する姿が放映され、試合終了直後には、ピッチに倒れている中田にパルマ時代の同僚であるアドリアーノが近寄って腰をかがめ、「ヒデ、人生には、涙を流すときもあれば、笑うときもあるさ。」と慰めるシーンが見られた。アドリアーノはパルマ時代に、「(中田は)先生。あるいは監督の次の監督。チームをリードしているのは間違いなく彼だから。彼はピッチで若い僕らに何でも教えてくれる」と語っている 。中田英寿 フレッシュアイペディアより)

  • レアル・マドリード

    レアル・マドリードから見たリカルド・イゼクソン・ドス・サントス・レイチリカルド・イゼクソン・ドス・サントス・レイチ

    2009年6月14日に会長選が行われる予定だったが、候補者が元会長のフロレンティーノ・ペレスのみだったため、同年6月1日付でペレスが会長に返り咲いた。ゼネラルマネージャーにホルヘ・バルダーノ、クラブアドバイザーにジネディーヌ・ジダン、スポーツディレクターにミゲル・パルデサといったクラブOBがそれぞれ就任。また、前ビジャレアルCF監督のマヌエル・ペジェグリーニを新監督に招聘した。同年夏の移籍市場では2001年にジダンを獲得した際に支払った金額に次ぐ高額な移籍金でACミランからカカを獲得。更に、前述のジダンを獲得した際の金額を上回る史上最高額の移籍金でマンチェスター・ユナイテッドFCからクリスティアーノ・ロナウドを獲得し、また、オリンピック・リヨンからカリム・ベンゼマを獲得した。他にも、ラウル・アルビオル、シャビ・アロンソ、アルバロ・アルベロア、エステバン・グラネロらを獲得。一方でハビエル・サビオラ、クラース・ヤン・フンテラール、アリエン・ロッベン、ヴェスレイ・スナイデルらを放出し、クラブの第4キャプテンを務めていたミチェル・サルガドとの契約も解除した。レアル・マドリード フレッシュアイペディアより)

  • ラファエル・ファン・デル・ファールト

    ラファエル・ファン・デル・ファールトから見たリカルド・イゼクソン・ドス・サントス・レイチリカルド・イゼクソン・ドス・サントス・レイチ

    2008-09シーズンオフにクラブの人事もチームの戦力も大きく入れ替わり、ファン・デル・ファールト自身も移籍の噂も取りざたされていたが、シルビー夫人がマドリードで乳ガンの治療を続けているという事情から、届いた全てのオファーに断りを入れてチームに残留した。2009-10シーズン開幕当初はマヌエル・ペジェグリーニ監督から戦力外と見なされていたが、リーグ第4節のビジャレアルCF戦からベンチ入りし、その後カカの負傷離脱などもあって出場機会を増やした。ラファエル・ファン・デル・ファールト フレッシュアイペディアより)

  • 4月22日

    4月22日から見たリカルド・イゼクソン・ドス・サントス・レイチリカルド・イゼクソン・ドス・サントス・レイチ

    1982年 - カカ、サッカー選手4月22日 フレッシュアイペディアより)

81件中 61 - 70件表示

「カカ」のニューストピックワード